更新履歴

小規模な書換はリストしていません。

情報

2018.12.13 二胡交換用金属軸に弦を装着する方法の動画が追加されました。
2018.11.21 機材 ~ 中国音楽の再生と録音にNeveとSSLを比較する動画が追加されました。
2018.11.20 自信は必要か?が追加されました。
2018.10.30 二胡の古楽器はどんな音がしますかに追加されました。
2018.10.30 二胡駒は、何を使ったらいいでしょうかに重要な更新はありませんが少し追加されました。
2018.10.28 明清旧料というのはどういうものでしょうかに追記しました。
2018.10.28 二胡弓はどのように手入れをすればいいでしょうかに追記しました。
2018.10.23 二胡の駒はどのように選ぶべきでしょうかを改訂しました。
2018.10.19 テンポについてを追加しました。
2018.09.22 台北楽器店レポートを追加しました。
2018.09.22 鶯歌レポートを追加しました。
2018.08.26 機材の回路図 ~ 中国音楽の再生と録音を追加しました。
2018.08.25 教室の規定についてを追加しました。
2018.08.24 中国のアンサンブルについてに追加しました。
2018.07.20 音楽の記録媒体を追加しました。
2018.07.19 機材 ~ 中国音楽の再生と録音のコンプに関する記述で弦堂の検証結果を追加しました。
2018.07.12 二胡の棹はまっすぐでなければなりませんかを追加しました。
2018.07.12 絹弦は、どの材木の二胡と相性がいいですか?に最後の一段追加しました。
2018.07.11 "自分だけの二胡"はどのように求めればよいでしょうかに最後の一段追加しました。
2018.07.06 プロの演奏家になることについてを1.5倍ぐらい増しました。
2018.07.03 音を作ることについてを追加しました。
2018.06.21 ハノイの楽器街を追加しました。
2018.06.13 ベトナム国立交響楽団幻の第111回定期演奏会レポートを完成しました。
2018.05.20 レコーディングについてを追加しました。
2018.04.12 機材 ~ 中国音楽の再生と録音にボリュームについて追加しました。
2018.03.26 二胡用ピックアップで録音するを追加しました。
2018.03.23 トランス ~ 中国音楽の再生と録音でBATPUREと高周波トランスについて追加しました。
2018.03.05 イコライザー ~ 中国音楽の再生と録音を追加しました。
2018.03.01 再生と録音の内容は散漫でしたので重複する内容は除き、情報も新たに追加しました。
2018.02.08 欽州レポート潮州レポートを追加しました。
2018.02.02 陳逢章 潮州二胡を追加しました。
2018.01.20 中国弦楽器のデザインについてを追加しました。特に龍とは何なのかについて解説してあります。
2017.12.10 西洋の音楽理論が完成しました。
2017.11.30 CDのご紹介に1枚追加しました。
2017.11.29 二胡を使って他の楽器と合奏するのは難しいですに生演奏での状況について追記しました。
2017.10.29 北京楽器街について2017年の状況を新設しました。
2017.10.10 馬乾元古楽器復刻に馬乾元工房が最近取材を受けた時に提供した古楽器を検討する馬師の写真が掲載されたのでここにも追加しました。
2017.10.06 手っ取り早く、二胡の音がよくなる方法を教えて下さいに追加しました。
2017.09.17 絹弦は、スチール弦と同じように使用できますか?の内容を大きく変更しました。
2017.06.25 村山工房二胡駒で「本黒檀」が新規入荷しました。黒檀は二胡駒の材としてはよく使われるものですが、本黒檀ともなりますとかなり稀だと思います。
2017.02.28 二胡で日本の曲を演奏する時の楽譜を追加しました。
2017.01.15 広東音楽の歴史を追加しました。
2017.01.04 03. 小型に改良された二胡は広州・香港へ ~ 広東の情報を詳しくしました。
2017.01.03 二胡はどこから来ましたか?に、古代文献の引用を複数追加しました。
2016.12.15 中国伝統音楽の学習資料リストは、進行状態によって赤黄青と色分けしてありますが、事実上現在は全部赤みたいなものです。しかしページの方は設置がそこそこ進んでおります。
2016.09.24 マイクの立て方を追加しました。
2016.08.08 音の良い二胡はどのように選べば良いでしょうか?に追記しました。
2016.06.29 二胡は汗で傷みますか? 琴胴が割れてきたりするでしょうか?に追記しました。
2016.06.03 二胡を特注するのはどうしたらいいでしょうか?に追記しました。
2016.06.02 名師作の二胡には本物と偽物があるようですが、どのように見分ければ良いのでしょうか?に追記しました。
2016.05.29 ソードゥアン1に材について追記しました。
2016.05.21 二胡の蛇皮の品質には、どんなものがありますか?に追記しました。
2016.05.20 二胡の駒はどのように選ぶべきでしょうか?に追記しました。
2016.05.13 駒から千斤までの距離は、どれぐらいですか?に追記しました。
2016.05.10 他の楽器を改造して、二胡を作ることができますか?にヤワラートについて追加しました。
2016.04.23 二胡古楽器の木材の材質には、どんなものがありますか?に追記しました。
2016.04.23 二胡の木材の材質には、どんなものがありますか?に追記しました。
2016.04.17 すべての頁をレスポンシブデザインに変更しました。弦堂のコンテンツには古くなっているものもあったので内容も書き換え、ここ数ヶ月で全体を一新しました。ほとんどのページを書き換えていますのでこれ以前の更新履歴は削除しました。

学習

追加が直線的ですので基本的には最新の更新だけに留めます



販売

2018.12.13 これまで送料無料でしたが、1万円以上送料無料に変更しました。そのため低価格の商品は価格が下がりました。
2018.11.15 村山工房マグロ黒檀駒
2018.11.15 「工作が荒すぎる消音器」は全て出荷、終了しました
2018.11.13 呂建華黒檀板胡1 参考出品
2018.11.12 馬乾元黒檀二胡17
2018.11.12 馬乾元黒檀二胡16
2018.11.12 王秋利作黒檀北京八角二胡3
2018.10.24 呂建華オリジナルデザイン二胡2 参考出品
2018.10.22 呂建華印度紫檀北京六角二胡5,6 参考出品



 皆さんは二胡のケース、中国から送られてくるものですが、これには満足しておられないことと思います。弦堂の方からも楽器に付属するケースに関して十分なものではないと注記してあるものさえあります。対策がない、何もしていないわけではなくて、日本国内のメーカーや鞄組合に問い合わせるなどはすでにやってきています。そして嫌われ続けて今に至っている状況です。困ったものです。しかしその過程でわかってきたこともあるし、打つ手が全くなくなっているわけでもない現段階で、先に整理しておかねばならない問題もあります。
 それは男女で収納の概念が違うということです。つまり男性は財布や携帯をポケットに差しますが、女性はバッグに入れます。そして女性のバッグには多くはないけれど必須と思える幾つかの、その多くは美容に関係したものですが、こういうものは男性は持っていません。男性は二胡ケースに収納を求めていないことさえあり、弦堂自身は更紗の筒状の袋に入れるのはまだマシで、二胡を裸のまま持ってバイクで徐行運転のまま北京市内を走ったりします。二胡を演奏するときのように太ももの上に置いた仁王立ち的な感じで緩々と前進します。近かったらその方が楽ですからね。人民? 二胡を持ってても珍しくもない、誰も見ませんよ。ケースなるものは面倒だという感覚があります。実はケースを1つも持っておりません。女性であればあり得ないことでしょう。いや、あるかもしれない、しかしここではそのような武勇伝にスポットライトを当てるのが目的ではなく、より普遍的な状況に着目したいところです。
 断っておかなければならない前提としては、弦堂が考えているものが従来のケースではないということです。ケースというよりもそれ以前に鞄であるべきということです。二胡があるからケース、ではなくて鞄に二胡を入れるという概念です。二胡が入る鞄を用意したいのです。だからケース屋ではなくて、専門の鞄職人で考えています。それがあるのに、さらにブランドバッグも持ちたいご婦人方には特に言うことはありませんが、2つに分かれがちな収納をできれば1つにまとめた方が良いのではないかという、これは携帯などの防犯が必要なものもあるということを考えればそれほど易しい事柄ではありませんが、できればそういう形にした方が良いのではないかと思うのです。男性の場合でもチューナーや譜面(或いはiPad)、折りたたみの譜面台は別に持たないといけないということがありますから、それだけを考えても現行のケースの多くには配慮が欠けているのは感じられる筈です。
 現状考えているのは、リュック型の背負えるタイプで、材料はまずはキャンパス生地、そのうち皮でも検討ということですが、こういうものが欲しいという提案がありましたらお寄せください。できる限り要望を伺って反映させたいと思っています。-2018.11.20 erhu@cyada.org

二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂