中国伝統音楽の分類 - 二胡弦堂


00. 中国民族音楽分布概論
 地図は唐代初期の版図を示していますが、中国音楽というのは結局のところ円で囲ったあたり、シルクロード上の蘇州(苏州)ー南京ー洛陽(东都)ー長安(西京)のみでほとんど語り尽くせると言っても良い程です。そしてそれは北音と南音に別れています。実際のところこの蘇州ー長安ラインはシルクロードとはみなされておらず、一般にシルクロードというと長安が東の果てです。なぜなら西暦605年に隋の煬帝が黄河など天然の河川と運河で杭州から長安までを水運路で繋いでおり、そのため西域からの商人は長安でふんだんに絹製品を調達できたからです。中原から南方に向う大動脈が水上路だったということは陸路の発達を停滞させますので、あたかも海で隔てられたような感覚になり、主に荷役が長い航路を行き来する関係でした。このことが中国南北でそれぞれある程度の影響を与えつつも独自の音楽文化が維持されてきた理由の一つでしょう。中国では古代より宮廷で楽譜集が編纂されており、その内容も北音と南音に分類されていました。

中国伝統音楽境界

01. 二胡発祥の地は二胡芸術のゆりかご ~ 江南
   <江南絲竹>
    中国全土に二弦の楽器がたくさんある中で、現代の二胡が蘇州発祥とされているのはこの地が如何に文化的に大きな力を持っていたかを示しています。由来はシルクロードの先ですが、中国文化の中で確立された中国胡弓群の中で蘇州が中心とされているのは意義深いことです。

02. 古代演劇は長江を遡り花火のように散って残光を留める ~ 南戯
   <蘇州・崑劇>
   <蘇州・弾詞>
   <上海・申曲>
   <無錫・錫劇>
   <紹興・越劇>
   <安徽・黄梅戯>
   <湖南・花鼓戯>
    南方の文化は長江という水運の大動脈沿いに伝わり発展しましたが、蘇州の力が強かったのでその強い影響下にあります。江南絲竹、中国最古の戯劇とされる崑曲はいずれも蘇州ですが、その原点は遠く雲南、四川にまで遡ります。蘇州、杭州はシルクロード交易で栄華を極め「天に極楽あれば、地に蘇州杭州有り」とさえ言われましたが、そのような豊かな環境で音楽文化も花開き、それがまた長江を遡って非常に強い影響を与えました。

江南伝統音楽境界
03. 小型に改良された二胡は広州・香港へ ~ 広東
    水路が重要ということではさらに南方の広州も同様でした。海側は倭寇(日本海賊)の跋扈で鎖国(海禁)、陸路も主要河川がなかったことで中央政府の干渉をほとんど受けることなく、このような中で国家の決定に反して倭寇(事実上、海上警察であるがマフィア)と結び密貿易によって繁栄しました。その後、1684年康煕年間に海禁が解除され、次いで1757年乾隆年間に欧州諸国との通商独占権を広州が得ると欧州の物資は広州を経由してもたらされるようになりました。日本から琉球(古代では台湾も含む。地図上では流求)を通り東南アジアに向う交易路に位置していた地の利を活かし、それと共に音楽文化も交流がありましたので高度に発展しました。広州から上海(蘇州)に至る海上ルートにはマカオ、アモイ、福州、寧波といった有力な通商都市がありこれら海路を伝ってジャンク船によって物資のやりとりが行われていました。台湾対岸の泉州あたりには江南絲竹の影響も受けた音楽がありましたので北方との交易によって伝播したものと考えられます。大型の交易船が広州に入るとその物資が海運で北へと送られていたことと、広州が西洋諸国との交易を独占し、寧波は江南に近いという立地性の為、利益が大きい江戸幕府との交易をほぼ独占していたことを併せて考えると、広州と寧波は豪商・財閥が主で、一方この両都市に挟まれた福建の沿岸部の諸都市が小商多数だった理由が理解できますし、福建人の多くがさらに大きな商いを求めて華僑になっていった理由も理解できます。ここに一旦福建にもたらされた絲竹がそこから東南アジアに伝播していった流れを見ることができます。

04. シルクロードより渡来した芸術は双子を生み出す ~ 北戯
   <秦腔>
   <眉戸>
   <河北梆子>
   <評劇>
   <晋劇(山西梆子)>
   <山東梆子>
   <豫劇>
平原図     北方の交易路についても見ていきましょう。商人が山深いシルクロードを通過して中国に達すると突然広い平原に出ます。平原の真ん中に長安があります。しかし長安に達する前、平原の入り口にも集落(上の地図では岐州,凤州)があります(地図青い点線部分)。 秦腔の発祥はここであり、これを以て北戯(梆子)の原点だとされています。これがまた黄河を伝って流域に伝播しました。また、この地域に伝承が謎とされている眉戸もあります。秦腔と眉戸、剛と柔、実に対照的ですが、強い影響力を持ちながらも混じり合うことはなかった2つの音楽が、古代中国の中心、中原、司隷(隷とは奴隷の隷ですが、この文字の元の由来は「神によって任命され民に奉仕する」という意味があります。中国歴代皇帝は天子とされていました)とも呼ばれた地域の源流でした。

05. 古代詩は曲を伴って民に受け継がれる ~ 民歌
    中国最初の王朝・夏は滅亡後に支配層が北方へ逃れ匈奴と呼ばれるようになりました。中国で最も古い貴族であった人々の中に伝承してきた音楽が民謡として伝わり、これを以て中国民謡の発祥地とされています。これを信天游と言います。戯劇と民謡、この2つが絡み合いながら地方独自の風格を育んだのが北音の特徴です。

06. 南北の戯劇は都で融合して煌めく ~ 北京
   <京劇>
    約200年前に南方から移転されて独自に発展した京劇(北京)は特殊な存在と言えます。商業と音楽がどこでも密接な関係を持っているのに、京劇だけ全く貴族的な理由で伝播したからです。京劇の最初の班は湖北省から移転した漢劇団で、漢劇は秦腔より派生して漢中に起こりその後武漢方面に伝播した西皮腔と長江流域で発生した二黄腔が合わさったもので、この特徴は京劇にも受け継がれています。清代初期に湖北省に軍の駐屯地が置かれ、その後平和な安定期に入ったことで軍人によって各地に伝播し、川劇(四川)、滇劇(雲南)、桂劇(桂林)、湘劇(長沙)、粤劇(広州)などに影響を及ぼしました。シルクロードより四川雲南に抜けた伝播ルートもありましたので、武漢ルート、蘇州ルートと併せて、南北に3つのルートがあったことにもなります。

07. 草原の楽士たちの調べは万里の長城をも超える ~ 蒙古・満州
   <二人台>
   <二人轉正戯>
    洛陽や許昌あたり平原の大都市では秦腔の強い影響がありますが、それより北方の山間部では民謡の力が強く、それが蒙古・満州に至るとそれぞれ二人台(蒙古)、二人轉正戯(満州)と男女デュエット形式に発展しました。満州音楽の由来は渤海楽と言うもので、中原伝来、朝鮮、日本の音楽から影響を受けているとされています。

 黄河と長江間、長江と広東間の空白地帯には目ぼしいものはほとんどありません。長安北方、万里長城外は寧夏ですがここにもありません。チベットは打楽中心です。経済的に豊かでなければ求心力のある文化は生まれず、何も留まらず、何の影響も与えません。音は小判をはたいて産み出され、金に乗って運ばれます。人が生きていくのに必ずしも必要ではない音楽という芸術に専心するためにはその基礎として経済力が不可欠ということでしょうね。これは個人の経済力ではなく、地域の経済と密接な関係があるということも興味深い点です。

 一般に二胡で古典と言う場合、劉天華或いは阿炳あたりになります。それより古いものとなると周少梅ですが、それ以前は各地域に二弦の楽器が散在していただけで、主に戯劇の中にその用法を見いだせるに限られます。劉天華は二胡を古典から脱却させようとした人物なのでこれを以て古典とするのはいささか躊躇いが感じられなくもありませんが(これは周少梅についても言えます)、そのあたりから始まりとするのが妥当である状況なのも確かです。中国音楽史の研究者 楊陰瀏も同見解です。そこで現代に整理されている二胡伝統芸術について歴史的な部分を整理しておきます。

08. 中国民族音楽教育の先駆者 周少梅とその継承者たち(1920年代-1950年代)
    民謡、戯劇、地方器楽など地域によって固有のものがあり、これら全体像の中から周少梅(1885-1938)によって民族音楽メソッドが整備されました。これによって伝統的二胡演奏技法が確立されました。周少梅の門下から出た劉天華(1895-1932)が西洋文化を取り入れて発展させるようになり、その後も意欲的な作品が産み出されるようになりました。劉の孫弟子にあたる俞鵬(1917-46)によって発表された「南胡創作曲集」(1946)は、それまで文曲中心だった二胡のレパートリーに速い曲調の武曲を加える先駆けとなった曲集で後代に大きな影響を与えました。

09. 新時代の音楽 - 第4届 上海之春音楽祭(1963年-) を経て文革以降へ
    二胡が現代のような地位を確立したのはこの音楽祭以降です。当時の人物や作品は後にスタンダードになっていきました。楽器の構造もこの頃に現代の姿に変えていかれ、弦も絹からスチールに変わりました。

 これら20世紀の3つのカテゴリーはそれ以前のカテゴリーより後代、しかし以前の伝統を土台にしています。さらに20世紀には他にもう一つ重要なカテゴリーがあります。そしてより古い時代の作品、外国作品にも目を向けることもできます。

10. "第三の目"で音楽を俯瞰する 盲目の演奏家たち
    周少梅と共に二胡を第3把まで音域を広げたのは盲目の孫文明でした。周少梅が輩出した最も偉大な演奏家として記憶されているのも盲目の華彦鈞(阿炳)でした。盲人の音楽は独特の様式があって、それは如何に健常者と交流しようとも失われることのない独自性があります。時代背景の影響も受けにくい特徴があります。

11. 古曲の宝典 九官大成
    清代まで宮廷で編纂されていた楽譜集です。その時代までの中国音楽と言われるものは余すところなく所収されているという極めて大規模なものです。それでもここに二胡独奏用の作品はありません。ほとんどが歌曲或いは戯劇です。

愈求愈深,愈深愈広,愈広愈深。研習之深度克窮,相関之広度亦無尽。 - 楊陰瀏

12. 遠くウィグルへ! もう一つの弦楽器の聖地 西洋 ~ ウィグル・西洋
    外国作品はそれぞれの国で流儀があるのでそれに沿ったものを理解すれば学習段階においては十分でしょう。しかし中国には東洋独特の感性があり、それを土台にして外国作品を捉えるということもあります。そしてこれがまた良かったりします。そうしないと二胡には合わないでしょうしね。こうした観点は、中国は古来より伝統的に「西域」というエリアを抱えていたことと関係があるのかもしれません。シルクロードはユーラシア大陸の大動脈、中国から見た場合その入り口だったウィグルは極めて重要な地域だったことで、数千年に亘って異民族と領有が争われてきました。文化的には中東ですので外国です。西域を通して異質の文化を見つめてきた漢民族にとって、その延長で西洋の音楽をも見ることに違和感はないのかもしれません。

13. 灼熱の地で輝く東洋弦楽器の声 ~ 東南アジア
    アジア音楽、というと馴染みのない言葉ですが、それは中東・インド、東南アジア、極東でそれぞれ大きく異なっているからだろうと思います。我々が取り組んでいるのは極東ですが、もう一つ、できれば東南アジアにも目を向けたいところです。なぜなら、古来より二胡は東南アジアに伝播し、その結果、中国ではすでに失われた弦楽器の伝統がまだ残っているからです。

14. 島々にひっそりと宿る東洋芸術の化石 ~ 琉球・朝鮮・日本
    琉球と朝鮮は長らく異民族の支配を受けて来た地域で、朝貢対策のために文化芸能の振興に熱心だったことが知られています。両国の特徴は全く異なっていますが、それぞれ独自に弦楽器の伝統があります。日本にも胡弓があって現在では主に富山で伝承されています。

トップに戻る講座

 伝統音楽を学ぶということはとても面倒なことです。あれこれいろいろある上、時代も古いのでわからないこともあるし、学習者の便宜を考えてまとまっているものというのはたいていありません。作曲家毎の曲集というものがあったりする程度です。この問題の解決はとても難しいので、だいたいどこの国の伝統芸能にも同じ問題があります。前に沖縄三線の古典はどうなっているのか調べたことがありましたが、四四工という曲譜は結構売っていて曲自体は割と容易に入手できるのですが、古典を身に付けたいという観点から見た場合、どこから手をつけていいいのかわかりません。古典は地方とか島によって違うと言われ、もうそれで放置されます。それだったら大量に楽譜を買って片っ端からやるしかありません。この辺りがわかっている先生を見つけるのもそんなに簡単なことではありません。欧州はどうでしょうか。こちらはだいぶん整備されていますが、バッハ以外のバロックからそれ以前を学ぶのはもう専門家の領域です。どうしてこんな風になっているのでしょうか。学習者の立場の人はとりあえずはやらなくても良いからだろうと思います。

 二胡はどうでしょうか。古典から現代作品に至るまで多くの作品が学習され演奏されています。二胡奏者が身に付ける必要のあるものはすでにかなり整備されており、今でも改訂が進められています。それは問題ない、むしろこれらは重要なことなのでやらなければならないことです。しかしそこからもっと深いことをやろうとしたら難しくなります。中国は広いのであらゆる地域の音楽を理解している老師もなかなかいません。中国の伝統音楽は古くてわからなくなっているものもあるので、現代のカリキュラム通りにやっているだけでは身に付かないものもあります。そして古いものは未整備です。専門家ですらよくわかっておらず、調査して報告書を論文として出す程度で演奏というところまでは考えていないようなものも結構あります。その一方である程度の形として現代まで残っているものもあります。それらも扱う知識が失われ、よく分からなくなっているものが多いですが、それでも無いよりははるかに好条件です。そういったバラバラになっているものを集めて整理し、わからなくなっているものはヒアリングして埋めていくという作業を経て、ようやくこれらを効率良く学習するにはどうしたらいいのかを検討することができます。

蒋風之  この取り組みは中国では20世紀の初め頃から行われており、その源流は周少梅で、それが弟子の劉天華に引き継がれ、彼が中央音楽学院の前身を設立(注:現代中国において「中央・・学院」という名の大学は単科としては最高学府)劉亡き後、儲师竹ら弟子が彼の仕事を引き継ぎ継承しました。しかし儲が継承したものは教育カリキュラムであって、教育そのものはほとんどわからなくなっています。それは音楽院や考級委員会に引き継がれていますので、これらの機関が「劉直系である」と公式に発表しています。これらが整理している現代考級所収作品を軽視することは適当ではない、重要な作品が整理されたりもしているので、試験を受ける必要は必ずしもないものの曲集自体は持っている必要があります。この直系の重鎮で劉の別の弟子だった蒋風之(写真左。劉の弟子はすごく上品な人が多いですが、昔は金持ちでないと音楽なんてできなかったのでしょうね。今でも同じかもしれませんが)が劉天華の伝承譜を大量に所有していて、文化大革命による"焚書坑儒"的迫害を受けて消失したことを蒋の娘・蒋青が証言しています。その文革で文書が滅びる数年前に中央電視台が収録した作品、また文革後に蒋青が父の助手をする形で劉天華の教育をまとめた譜集が現代でも出版されています。蒋風之自身の録音も残されています。

劉明源  以上は「二胡」としての古典であって「中国胡琴」としてはまたこれは別の分野です。二胡は中国の中でも江南一帯の楽器に過ぎません。まだ他にもたくさんの魅力的な音楽があります。中国北方音楽には学習用に考えられた教材はローカルの私的なもの以外ではおそらくありません。しっかりしているのは現代の板胡考級ぐらいだと思います。この板胡曲集にたくさん所収されている劉明源(写真右は受賞したゴールドディスクにゴールドウォッチで決めてご満悦の巨匠ご本人です)の作曲作品はいずれも地方風格に満ちた素材をうまく器楽曲に編曲しており、これをやると中国北方の多くの音楽を理解することになります。編曲されたのは近代ですが素材はあまり壊しておらず数百年程の歴史のある旋律が多いので、事実上古曲が多いことになります。劉明源にも録音が残っており、こちらは息子の劉湘が譜子を出版している点で蒋風之と状況が似ています。

周少梅  北方だけでなく、南方にも触手を延ばします。江南の楽器であった二胡が全国的になったのは、周少梅の影響によるところも大きいと言えます。二胡による教育を確立したこと、その時に孫文明と共に第三把位までの奏法を発展させたこと、劉天華や阿炳などの弟子を輩出したことなどです。周の教本には江南地方の作品が幾つも載せられています。そしてそれ以外にもたくさんの作品があります。これらは二胡の原点とも言える作品なので、ぜひその風格を身につけておきたいものです。"江"とは長江のことであり、"江南"とは長江の南を指して、上海から南京あたりまでですが、都市によって個性が違っています。

甘尚時  広東音楽に関しては、甘尚時(広東人は茶文化好きですね)の残した譜面が優れていますので、それを中心に使っていきます。これまでとは違い、中国の幅広い地域の音楽を網羅していくようなことではなく、広東方面の狭い地域、主に広州ですが、そのあたりの音楽をやるということなので、あれこれと大きく雰囲気が変わって大変なことはありません。それに広東音楽はかつて日本に入ってきた音楽なので感覚的に親密感があります。とはいえ、王朝時代より富豪の多い地域でしたので、音楽文化も大いに発展し数多くの優れた作品がありますので、広東音楽についても重点的にやっていこうと思います。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂