二胡の蛇皮の品質には、どんなものがありますか? - 二胡弦堂


骨董屋の玄関  二胡蛇皮は、品質はさておき、見た目で音の傾向を測る方法があります。皮は、"色"によって、個性があります。暗い(必ずしも黒ではない)一見古そうに見える皮は、ふくよかな音で鳴ります。明るい明亮な皮は、明るい音で鳴ります。暗い皮は、中古品を廻したような印象がありますが、音は魅力的です。

 蛇皮は、品質によってランクがあります。主に鱗の大きさが関係しています。二胡の中央を横切るように斜めに数えて12格の鱗があるのがバランスが良いとされています。基本的には大きな鱗の物は高価です。現在使用されている蛇皮は養殖なので、年数をかけて大きく育てると餌代がそれだけ必要で、しかも生き餌でないといけないので費用がかかるのです。しかし高価だからと言って質が優れているとは限りません。プロはどんな二胡を使っているのでしょうか?を参照して下さい。小さな鱗のものが優れていることも多々あります。このあたりは音を聴いて判断するしかないと思います。

玄関と犬 野生のものも捕られています。(国家が承認した野生狩の工作員?という方々も雲南省あたりにいるようです)。これは運動量やいろいろな要因で養殖より優れており、高級な楽器に使われます。それと蛇のどの部分の皮を使うのかも品質に大きな影響があります。運動量の多いしっぽに近い部分が良いとされています。取得する部分によっては野生より養殖の方が優れていることもありえます。牝より雄の方が優れています。出産によって疲弊しないからなどと言われています。蛇皮にはおおまかに2種あり、陸蛇と水蛇があります。水蛇は高額ですが素晴らしい音が鳴ります。鱗が小さめの傾向があります。(水蛇狩りの職人というのもいるのでしょうか? 聞いた事がないので漁師の網に掛かったらそれを買うのかもしれません。ベトナムや中国南方の少数民族地域では蛇料理店があり、ベトナムのメコン川流域に多く見られます。これは陸か河の蛇なのか、よくわかりません。食べたことはありません。東南アジアでは路上で男らが群がっている奇妙な光景が時々見られますが、割って入るとマムシ売りだったりします。警察が来ると皆一斉に走って逃げますので、一応一緒に逃げさせてもらってますが、どうしてかはわかりません。)

薄い蛇皮  蛇皮は分厚い方が高級とされる傾向があります。効果としては、厚いものは遠鳴りし薄い物は身近で美しく鳴ります。しかし厚みは、脂肪をどれぐらい落とすかという工作に関わる部分なので、厚いから高級という論理はありません。かなり安価な二胡になってくると、脂肪が初めから乗っていないようなチープな蛇皮を使ったりするので(写真参照)、そういうものと比較して厚みのある蛇皮は高級と言われるのであって、現在一般に普通に出回っている二胡は全て高級の部類になりますから、その中で厚みで質を測るということは有りません。

 蛇皮の楽器は、中国から琉球に伝えられ、これが倭人に伝わった時に、猫の皮に変えられました。蛇皮が手に入らなかったからではないと思います。日本人は、地の果てまで行っても欲しい物を買う民族です。倭国には竹がたくさんありましたが、煙管に使う竹はラオス産が最良とみるや、船を派遣して積極的に輸入したといいます。蛇皮の生産地も同じような地域ですから、買えなかったとは考えにくいです。要らないから買わなかったと考えるのが普通だと思われます。猫の皮は薄いので、破れやすいデメリットもありますが、質を徹底して追究する倭人にとって「何が美しいか」が絶対的に重要なので、何度も張り替えても使い続けたのです。祇園の茶屋のような空間で演奏するには、遠鳴りする楽器は要りません。むしろ、至近距離でいかに魅力的に鳴らすかが重要だったので、そうであれば蛇皮は分厚すぎたのかもしれません。

 これは、二胡の蛇皮の厚みを考えるのに参考になると思います。もちろん、特に名工が作ったような作品は蛇皮が厚かろうとも至近距離で美しく鳴るし、この厚みだけで関係する要素が決まるわけではありません。それでもそれを前提の上で意図的に薄く工作された蛇皮で鳴らすとやはり格別な魅力が感じられます。昔の中国庶民の使っていた二胡の蛇皮が薄かったのは、これが理由かもしれません。古楽器の蛇皮はことごとく薄いです。2000年代前半ぐらいまでは、ベテランの製作者で極薄の蛇皮を使って制作していた人もいましたが、今はほとんどなくなりました。現在では薄い蛇皮の二胡と言うと本当に安価な楽器だけになってしまっています。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂