二胡の木材の材質には、どんなものがありますか? - 二胡弦堂


紅木。二胡の製作に使うのはこのような木材  ここでは現代の二胡に主に使われる材を説明します。古楽器の材については二胡古楽器の木材の材質には、どんなものがありますか?を参照して下さい。

 紫檀材はもともとインドネシア産で、王朝時代(清代以前)には貴族が用いる家具に使われる高級材でした。海南花梨は宮廷で使われ、それより一段劣る紫檀は貴族が使う木材だったと言われています。東南アジアにおいても中国と同様、紫檀材が貴族の家具として使われてきた経緯があり、その家具を解体して楽器に使うことがあるのですが、この古い紫檀を「老紅木」と呼び「明清料」などとも記載されているものがあります。その一方、比較的新しい木材も老紅木と呼んでいます。また単に「紅木」と呼ばれているものもあります。木材業界で紅木と呼ばれている銘木の多くは楽器にも使われますが、二胡では黄壇系を老紅木と呼んでいます。その他、大まかには黄花梨以外の花梨材を紅木としていますが「中国紅木国家標準」として定められている分類ではこれは「紫檀」です。黄花梨は降香黄壇(香枝)が本名で花梨に属さず老紅木に分類されます。香枝木以外では酸枝木と言われるものも老紅木でこれは広東省では紫檀とも言われます。それを東南アジアでも紫檀と言っていたのだとすれば、明清料もやはり老紅木なのでしょう。黄壇属、紫檀属どちらにも属す材料はあります。ここに挙げたすべての材はマメ科に属しますのである程度の近似性はあります。

 二胡で使われる現在の紫檀材の供給先の1つはインド産で、小葉紫檀についてはインド政府が厳重に管理しており、密輸業者が現場で射殺されてニュースになることもあります。向こうの報道というのは血を流した死体をそのまま映すんですね。たくさんの丸太と死体が転がっている中で森林管理員がうろうろし、斧が入れられて無残になった樹木を点検しています。アフリカ・マダガスカルにも紫檀材があり、これは出てきた当初2008年頃は高価でしたが後に人気がなくなり、現在では価格が下がっています。マダガスカル政府は自国は紫檀を産出しないとして通知していますが、販売の都合上、これを「紫檀」として出回らせています。これは黄壇だと思うので、大きく間違っているわけではないと思います。この初期のアフリカ紫檀は牛毛紋がかなり出る非常に良い材でした。しかしこれが短期間で枯渇し、その後出てきたアフリカ紫檀は全く別のものに変わってしまいました。

 黒檀は柿科に属し中国では烏木と言いますが、現代ではほとんど制作されていません。黒い材料を黒檀とか烏木として出回らせていて厳密には違うものですが良いものもあります。この種の現代の黒檀は紫檀に近い個性があるように思います。本黒檀は紫檀とは随分味が違います。

 現在「紅木」として販売されている二胡は紅花梨などの材を使っています。楽器として驚くほど良いものもあるので個別によく見る必要があります。

 日本の三味線や胡弓の場合は、現行の最高材は紅木です。次に紫檀、そして花梨です。中国の場合も三弦や琵琶はこういうランクで、これは木材自体が厳密には違うと思います。中国の二胡材、安い材からランク付けしてみます。

  • 雑木   お土産屋に売っている二胡に使っています。
         具体的に何の木かは分かりませんし、だれも考えたくないのか情報が全くありません。桜と答える販売店が多くあります。
  • 紅木   格安二胡に使っています。非常に良い音が鳴るものも稀にあります。
  • 黒檀   黒檀もどきの木ですが、音は本黒檀にひけを取らないとされています。
         実際には全く別物です。
  • 老紅木  良いものは古い家具から材を取って使っています。酸枝も含まれます。黄壇属です。
  • 紫檀   インド産やアフリカ産があります。

 雑木以外は、全部総称して「紅木」と言うこともあります。どの材を使っているかより、どんな質かの方が重要です。紅木は質によって価格が大きく違います。良いものはなかなか手に入りません。

 変わったものでは景徳鎮の二胡というものもあり演奏可能です。風呂の中で演奏しているような感じの音で、飾りか余興の小道具と思ったのですが、決してそんなこともないようで、きちんと演奏家用に作れば普通の音が出るようです。ここではその景徳鎮の二胡とそれを使った「景徳鎮市瓷楽団」の演奏をご覧いただきます。

景徳鎮二胡






二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂