老師に「弓をもっと大きく使うように」と言われるのですが、どうしたらできますか? - 二胡弦堂


 おそらく、技術よりも感覚の問題のような気がします。例えば、日本人がさくらを拉くと感覚的に自然と美しく拉けますが、中国人はわかりません。どうしても手探りのような拉き方になってしまうと思います。その状態で「弓を大きく動かしましょう」など言われても、頭ではやるべきことがわかっても体が動かないと思います。
 ところが、子供は動くので、凄まじいでたらめ演奏になって笑えるほどです。親に怒られるので、泣きそうになりながら必死で弓を擦ります。やたらと弓を動かして壊れた人形のようで、女性の方などはかわいいなどと言いますが、大人は常識があるのでそういうことはできません。それで、芸術性がわからないと、弓法は改善できないと思います。

 要するに、曲のイメージですが、これがわかるだけで問題のほとんどは解消すると思います。老師は「この音とこの音で、弓を全部使って下さい」と言うとか、上げ弓と下げ弓を指定していきます。どうしても大きく擦らないと詰まってしまう場合が出てきます。それでも何とか演奏すると、ようやく曲の雰囲気が掴める時があります。

 わかりやすくするために老師は、だめな演奏と綺麗な演奏をどちらも演奏して聞かせ、客観的に理解できるようにするかもしれません。この時に、弓法・指法の指定はすべて音楽の美しさが基準に決まっていることを理解できるように説明することもあります。これが解ると、楽譜の指定を変更することによって新しい表現を作り出せるので、1つの小節を幾通りにも演奏することができる場合もあります。こうして美しく鳴らす感覚がわかると、自然と適切に弓は動くものです。なぜなら、イメージした音が出ない時にそれを探ってゆく過程で弓法が修正されるからです。音程がずれた時に、指で位置を探るのと同じです。

 この点、練習量はあまり関係なく、むしろ繰り返し過ぎると飽きてきて感性豊かに演奏どころではないので害の方が大きいと思います。曲の理解に時間を使う方が有益だろうと思います。弓の扱いについては手首のしなりについても重視されますが、これも同じことです。欧州の古い管弦楽録音で特にウィーンフィルの演奏でよく見られるのは、単体の特定の曲か演奏会の冒頭の数分で手探り的な硬さが見られるというもので特に弦楽器の弓の扱いが硬過ぎる、手首がしなっていないために発生する硬直した表現になってしまっていてそのまま録音されている、やがてスムーズになってくるというのが結構あります。結局楽団というのはその時に招いた監督や指揮者の意図を表現するためにあるので最初は探り合いになる、つまりよくわからない段階では伝説的な楽団であっても基本にさえ問題を来すことは有り得るということがあります。技術にばかり目を向けると技術は熟さないのかもしれません。技術に感性がついてくることはないですが、その逆は多々あります。練習を軽視するわけではありませんが、計画性が必要ということです。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂