二胡弓はどのように手入れをすればいいでしょうか - 二胡弦堂


 まず買ってきて新品の状態の場合は、シャンプーするのがいいと思います。ある程度はすでに工業的な手順で洗ってありますが意外と汚れているもので、綺麗にしますと音がクリアになります。新弓は2度洗います。理由はたぶんすぐにわかります。1回目の洗浄で温水で洗いますと動物園のような匂いが立ちこめるからです。もう1度洗って自然乾燥させます。乾いたと思ってからさらにもう1日置きます。水分が残っていると松脂を付けたときに固まって雑音の原因になります。ドライヤーを使いますと縮れ毛になります。それでも使用には問題なさそうなので急ぐ場合はこのようにしてもいいと思います。新しい弓の場合は松脂が乗りにくいです。もし上記の方法で洗っておられたのでしたら、松脂はすごく乗りやすくなります。汚れとか動物の脂が落ちているからだと思います。

 弓はしばらく使いますと傷んできますが、再度洗いますとシャンプーの成分で毛が回復するのか、かなり効果がある時があります。完全に綺麗にする方法は、まずオリーブオイルで脂を落とします。シャンプーだけでは完全には落ちません。その後シャンプーで流すのですが、そもそもそこまで完璧に奇麗にしないといけないことはほとんどありません。古い松脂が多少残っていることで問題になることはほとんどないということです。他の方法として洗濯石鹸で洗うのは綺麗に松脂は落ちない、結構残っているのがわかりますが毛は回復しますので、乾燥後また松脂を上塗りして使用します。弓の傷みとはつまり毛が滑るということなので、回復するというのは滑らなくなるということですが、洗っても直らなければその弓は寿命です。しかし上級者にとって弓の寿命とは馬尾がほとんど切れて無くなることです。

 湿度の高い地方では松脂を多用するのはよくありません。弓の松脂が固まって異音を発する場合があります。上級者は弓圧が強いので繊細な配慮を払う必要はほとんどありませんが、初級者はとにかく松脂を使い過ぎないようにする必要があります。これは弓を放置していたら発生する問題なので演奏者の技術とは関係ありません。それで誰であれ、松脂の多用は良くありませんが、弓圧の強い人が松脂の使用量が少な過ぎるのも良くありません。演奏会で長時間演奏しないといけないといった事情で大量の松脂を付ける人がいますが、これは問題が発生しないわけではなく、弓を一晩置いた後ガリガリ音が出る弓に圧を最大限掛けて固まった松脂を飛ばして使ったりします。弦堂が初心者の頃には雑音まみれの弓を持っていくと老師が強拉きして飛ばした後レッスンしていました。これは思いっきり強く拉くだけなので別に難しいことではありませんから誰でもできます。だけど弓は傷みそうです。理由なく無駄にこういった問題を招くより松脂の使用量を抑える方が良いということです。松脂の使い方は最初に学ばねばならない技術の一つです。

 板胡や京胡の場合は二胡よりもたくさん松脂を使います。まず全体に薄く松脂を付けます。その後振るって細かいカスを落とした後、また松脂を塗ります。これを5回ほど繰り返します。これが板胡、京胡用の新しい弓の松脂の付け方ですが、二胡の場合はまねしない方がいいと思います。どの場合も以降は、表面に薄く塗るだけで大丈夫です。

 弓を数支持っている場合はどうしたらいいでしょうか? 弓は1つ同じ物を使い続けているとコンディションに波が出てきます。音が良い日と悪い日があるのです。酷使すると疲れてくるのか、休ませて別の弓を使って後日再度戻すと良いということが多いです。疲れるというのも奇妙な話ですが、そうとしか表現できない変化が多々あるのです。「弓は疲労する」という前提でローテーションし、松脂は付けてから1日置いた方が音が良いので、これも効果的にやっていきますが、3本もあれば計画性を考えなくても簡単にできます。同じブランドの弓を使っていると弓自体のクセが同じなので、自分の欠点がわからなくなってくることがあります。たまに別のものに変えると、フォームが狂ってきているらしいといったようなことが自主的にわかることがあります。この修正を怠ると、完璧に決まった規格の弓しか扱えなくなることもあり得ます。様々な弓を使うことによって表現の幅を得る、という方向性がなくなります。今までにない本当に良い弓に遭遇しても価値がわからないなどの弊害も伴います。特に女性の方で「私に合う弓」という基準で選ばれる方がおられますが、バイオリン弓であればこういう選択は普通ですが、二胡の場合はどちらかというと非見識です。「あらゆる弓を扱える」というのも二胡の技術の一つです。そうでなければ、二泉胡、中胡、高胡、板胡と楽器が変わったら演奏できません。二胡以外は演奏しないと決めていれば問題はないでしょうけれど、少なくとも中国ではそういう常識はありません。それと、あらゆる物質は使うと消耗しますが、使わないのも消耗します。それで複数の弓を持っている場合は保管しておかずいずれもある程度使用するのが良いだろうと思います。

 呂建華師は弓を楽器に付属する前、また弓だけ販売する時に、このようにライターで炙ってから引き渡します。北京のような乾燥気候のしかも冬にこういうことをやっています。湿度を飛ばしています。この後、吹いてきた松脂を払い落とします。松脂は固まりやすいものですので、これぐらい気を遣います。





二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂