工尺譜の読み方 - 二胡弦堂




 工尺譜は数字譜と併記してある場合が多いですが、そうでなかった場合のために説明資料を貼っておきます。上中央の「中西音名対照表」だけ見れば解読は可能です。中西とは中国と西洋の略です。下は対照表が表紙にも書いてある例です。






二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂