蒋風之伝承譜の前書 - 二胡弦堂


 蒋風之によるこの本が出版されたのは89年で、死後3年が経過した頃でした。出版の準備は大分前から進められていたようで蒋風之自身によって前書きが書かれたのは84年でした。この前書きがかなり有意義なので、弦堂の方で翻訳したものですが、ここで見ていきたいと思います。

        前言
 1929年、私は幸運にも国楽大師劉天華先生に学ぶことができ、先生の人格や慎み深い学習姿勢がわたしたちの国の民族音楽の発展に寄与したこと、二胡演奏芸術に対するたゆみなき前進、思索、革新の精神を賜って、私はとても大きな影響を受けました。先生が亡くなられてから、私は先生の意思を継承する意思を固め、かれこれ幾つかの学校で二胡を教授し、同時に二胡を改良するための仕事にも携わって、ついに50年の月日が過ぎました。私は年の暮れに、自身の二胡演奏芸術の経験と体得した事柄を慎んでここにまとめます。
 50年に亘る教授と演奏の経験から、私は二胡を演奏することが技術的に正しい方法が必要であるだけでなく、同時に芸術表現をも重視しなければならない、この2つが不可欠であることを深く感じます。私はこれまで一部の学生が技術的に正しい演奏方法を理解していなかったことで最終的に別の道に進まざるを得なかったこと、また別の学生がただ単純な技巧訓練だけを行い、芸術表現を省みず、ついには匠になりえなかったことを見てきました。これらの教訓によって、私は残りの半生で、この事柄に係る幾つかの問題を特に重視してまじめに追求するようになりました。
 この本の第一部分では正確な演奏方法を解説し、同時に幾つかの方法で分析を行い、技術の至らない原因がどこにあるのかを説明しました。
 第二部分では17首の二胡曲を紹介しました。楽曲の内容と様式から始まって、私自身の理解を詳細に解き明かし芸術的な処理を会得できるようにしました。これらを同じ志の人々の参考のために提供します。
 第三部分は私が長年使ってきた演奏、教授のための譜面です。
 私はこの本を二胡演奏、教授事業のために捧げます。読者の助けになることを願っています。
                          蒋風之
                          1984年秋 中国音楽学院にて

 この中では2つの両極端の問題が指摘されています。技術を軽んじることと重視し過ぎることです。このテーマはかなり重いものです。技術的に至らなくてやめてしまうのはまだ良いです。技巧訓練に熱心に励み、ある程度まではいけるのですが匠にはならない、これは痛々しいです。技巧だけでも有名になってしまう人は一定数います。そうなると、芸術家としては・・と言われながらも続けていくことになります。上手なだけで匠になるのであれば子供でもなれるし中国のテレビでそういう人は結構出ています。しかし芸術家としての壁は越えられません。大人になってからやっと気がつく人もいます。それではこの2つの問題を克服したらどうなるのでしょうか。蒋風之自身は成功した演奏家ではありません。かなり奇妙な演奏だと一般的に言われています。本当にわかってくるとその批判はとんでもないことがわかってきますが、高尚過ぎて一般の理解が得られないなら、やはりその人も"別の道に進まざるを得なく"なります。蒋風之自身は劉天華直系の弟子という肩書きがありましたが、多くの人はそういうものはありません。こうした奥深い事柄を体得しても、その人よりも無能な多くの人が成功しています。二胡が現在の奏法に発展したのは周少梅と孫文明の業績ですが、この二人の作品はどれだけ世に出回っていますか。多くの人は流波曲ぐらいしか知りません。古過ぎて価値がないからそれでいいのでしょうか。本当ですか。蒋風之が提示している問題は極めて難解なものです。

 蒋風之はこの本を晩年に準備し、生前には出版しませんでした。本当に世のため人のためを考えていればそういうことはなかった筈です。思うにおそらく自分の生前には受けれられないと思ったのだろうと思います。こういうものは本人が死ぬと価値が高まるので、その頃に出版するよう娘に託したのでしょう。それでもこの本に書かれているような奏法は現在ではほとんど省みられていません。それにも関わらず、この本はいまだに出版停止になっておらず、累計2万冊を越えています。判っている人は表に出ないだけで一定数居るのではないかと思います。この本はかなり素養のある人でないと身に付きません。高段者向けです。中国、高段者が多くて普通、というところなのですが、それにしても結構売れています。中国のこういう芸術関係の出版の場合は一般的には4000部でだいたい終了なので、買っておかないと手に入らなくなります。それでも売り切れまでしばらくかかるので市場規模がそれぐらいなのです。そういう環境で2万越えはすごいと思います。重要な本なので印刷され続けているのだと思います。そうすると、重要だと見做している出版社幹部もいるということになってきます。文化人が個人的に学ぶ本になっているのかもしれません。

 この本の内容を考えた場合、これが必修になっていないのは不思議な気がします。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂