劉天華の作品とは何を指すのでしょうか - 二胡弦堂


 音楽というのは一般的に伝統から入ります。細かいことをいうと、もっと簡単な練習曲から入るので厳密には伝統から入っていませんし、よく考えると我々は幼稚園でいつ作られたのかわからない、おそらく文科省規準の唱歌をお遊戯とか、いささか曖昧な形でやったりしていますので、始めから伝統に立脚した教育を受けてくることができたのか正直よくわかっていません。しかしそれは極々初歩であるとか、情操教育の範疇ではそういうやり方なのであって、本格的な演奏家としての教育を受けるようになってくればまず伝統から入るのがお決まりです。

 二胡の場合も同様で、もう1級とかそれぐらいから古曲の断片をやったりとか、各地方の民歌(民謡)、2級ぐらいになると結構本格的な技巧をやったりもします。劉天華となると少し敷居が高いので4級ぐらいでやりますが、劉天華はオリジナル曲を練習曲以外の作品として10曲残していますので、それらは47曲ある練習曲と同様に各級に割り振られて学習を継続していくようになっています。しかし蒋風之の伝承譜によると劉天華の作品はそれだけではなく、他にもまだあります。それらは劉天華が胡弓で演奏するために古曲を編曲したものです。もはやオリジナルと言っても良いぐらいなので、実際のところ劉天華の作品は10曲に留まりません。しかしそれでも現代ではこれらは大きく分けて考えられています。

 おそらくそれは劉天華作品の紹介のされ方、それと政治的な状況も関係しています。劉天華が30代の若さで亡くなった後、その作品は兄の劉複によって1933年に「劉天華先生記念冊」として出版されましたが、その時に出版された曲集には現代広く認知されている10曲が所収されていました(この本は絶版になって久しいですが、天華の娘・劉育和によって50年代に「劉天華創作作品集」として再出版され、これは今でも印刷されています)。劉天華の作品には西洋の文化を取り入れたものと伝統に軸足を置いたものの、おおまかに2種に分けられますが、劉複が出版した10曲は西洋文化を取り入れたものをまとめたものでした。劉天華の時代、中国は五四運動にあって、伝統文化の排斥、西洋文化の吸収という急激な流れにあって民族音楽は迫害下にありました。そのため劉天華は民族音楽の伝統の維持にたいへんな苦労を強いられましたが、それにも関わらず西洋文化も否定しなかったというのは興味深い点です。彼はバイオリニストでもありました。五四運動が終わった後も、中国人民の文化に対する姿勢は変わったわけではなく、文革という大きな山があって現代に至っても根本の概念はあまり変わっていません。そのことは今に至るまで、劉天華の作曲活動に対して革新的な部分中心に焦点が当てられていることからもわかります。もうそれだけしかないような扱いになってしまっています。劉天華が伝統文化を愛していたことを示すものとして蒋風之伝承譜だけではなく、京劇を紙の上に記録として残した初のものとして画期的だった梅蘭芳歌曲譜、さらには北京・天橋で民間演奏家の採譜を行い、この時に熱病に罹って亡くなりました。

 それではどうして劉複は弟の作品を10曲紹介するに留めたのでしょうか。彼が音楽家ではなく、ただ親族として代表出版人になっただけであれば、このような不見識は致し方ありませんが、しかしこの出版には劉天華の弟子の儲师竹(写真)も関わっており、かなり積極的に協力しています。普通全集というと文字通りすべてのレパートリーが所収されているのが当たり前ですが、中国人がこういった全集的なものを出版する場合、あちこち欠けているのが普通です。どういうわけか、全部載せることは稀です。とかくこういうところで"編集"することで自分の色を出そうとする傾向があります。必ず抜粋します。そうじゃないと仕事をしてない感覚になっちゃうみたいですね。偉人の仕事をある程度切ってでも自分が前に出るのです。蒋風之の曲集については娘の蒋青が58年に8曲出版してやがて絶版になりました。その後、そこから4曲を抜いて、劉天華の有名な10曲他を加えて89年に出版しなおしました。その時に一般の購入者から「他の曲は何で切った? どうして出さないのか」と苦情が来たので、また別の本として93年に残りのものを出したというようなことが、その新しい本の前書きに書いてあります。彼女は父の活動が貴重なものだとか、文革で失われた譜が残念と言っていますが、本当にそう思っていたら抜粋はしていなかったと思います。こういうのは我々外国人から見たら、口だけの軽い人間ですが、中国は万事こういう感じでぜんぜん問題ないようです。中国で高名な研究者というとこういう感じなので、どんどん劣化して失われていくのです。大筋でこういうことであれば、細部はどうでしょうか。あちこちが欠品なのです。儲师竹も余計な編集を入れるから、政治的に付け込む余地を与えたのではないかと思います。(注:儲师竹はとても偉い先生なので勘違いしないで下さい。阿炳の曲集を出すなど貢献がとても大きい人物です。)

 ということで現状、結果として劉天華の二胡作品は、練習曲47、古曲15、近代曲10、つまり楽曲は合計25というのが彼の作品の残されたすべてです。本当でしょうか。本当はまだ残っているのに出していないものがあるのでしょうか。二胡以外の他のものを見てみましょう。梅蘭芳歌曲譜については劉天華版でなくてもいろんな形で出ているのでこれはいいでしょう。他には未出版のこういうものがあります。「安次県吵子会楽譜」「瀛州古調新譜」「佛曲譜」の3種です。おそらくこれらは博物館にありますが、中身は公開されていません。 瀛州古調新譜というのは崇明派伝統琵琶曲が12曲含まれているものです。しかし一般に劉天華作曲の琵琶譜として出版されているのは3曲のみでこれはその12曲の一部ではありません。これは41年に曹安和が「文板十二曲」という書名で出版しましたが、今やこの本は骨董品扱いで、もう出版されていないので琵琶をやる人はこういうものには関心がないようです。これは言わば蒋風之の琵琶版で、劉天華の古曲ですからかなり貴重なものの筈です。3曲の方は二胡の10曲の方に相当します。そして佛曲譜という仏教音楽を集めたと思われる曲集があります。これは二胡との関連性はわかりません。蒋風之伝承譜の中に「三宝佛」という曲がありますが、これは広東オペラの舞台転換の音楽(注:幕が下りて舞台装置を大幅に入れ替えないといけない時に昔は回転舞台がなかったので時間がかかります。その間に器楽曲を演奏して間を持たせるための音楽です。欧州のオペラにもあって名曲が多いことで知られています)でしたので、少なくとも直接的には仏教と関係なく、この佛曲譜の中には入っていなかったと考えられます。このように出てきていない譜が結構あるのです。日本人に仕事をやらせていたら絶対こういう状況にはなってはいないでしょうね。

 中国人の方も読んでおられるかもしれないので本当に申し訳ないですが、中国人が掴めば指の間から砂が流れ落ちるが如しであるということをご理解いただきたいのです。文革とかいろいろな要因を挙げられますが、この問題はそんな近代のことではなくて少なくとも数百年ぐらいは問題があります。中国宮廷音楽の保存も、敦煌譜の解読も日本人の業績です。中国人に任せていたものはわからなくなっている件はすでに言及した通りです。というより、日本人が異常なのかもしれません。この間、東南アジアに行った時にもっと酷かったので、中国人は頑張っているなと思うようになりました。かなり難しいんですね。

  こういうことというのは何が問題なのでしょうか。やっぱり根本問題は経済のような気がします。そもそも文化の保存に尽力して金になるなら中国人が確実にやっていると思います。しかし対象はというと、純粋に芸術好きでないと着手もしない類いの仕事です。こういう仕事がどんどん行われるには絶対王制とか貴族制とかそういうものが必要です。パトロンですね。無駄なことを支援するバックがないと文化は発展しません。ほとんど失敗しますが投資と思わないといけません。投資というと物質だけではないような気もします。そういう類いのものが日本は揃っている数少ない国だと思います。


 民国23年(1934年)に恐らくこの「協和大講堂」というのは北京・王府井だと思いますが、ここで開かれた「二胡独奏会」のプログラムです。演奏者は女性と男性が混在していますが、すべて子供のようで一人大人の男性が含まれています。よく見ると蒋風之です。これは学校の発表会と思われます。注が2つあり、それによると2曲を除いて劉天華の作品であること、作曲された年代順にプログラムされているとあります。天華の作品でないとされている2曲は3番と6番です。3番は周少梅伝承譜に基づいたもので、6番は広東音楽から編曲したものです。しかしこの2曲は原曲とかなり異なっています。蒋風之伝承譜は周少梅のものとはだいぶん違います。それにも関わらず、当時から劉天華の作品と認定されていなかったことがわかります。この見識はどうしてこうなっているのか謎です。編曲というものが作曲とは切り離されていたということだろうと思います。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂