二胡古楽器の木材の材質には、どんなものがありますか? - 二胡弦堂


上里  ここでは二胡の古楽器に主に使われる材を説明します。現代二胡の材については二胡の木材の材質には、どんなものがありますか?を参照して下さい。

 民国期(1912~49年)の楽器、二胡以外の弦楽器も含めてこの頃の楽器は、高級楽器については楽団用が主で、この高級という意味は今と同じで、すなわち材の価格であり、本黒檀、海南花梨、紫檀などが使われています。所有は経済力のある楽団か、材の産地の楽団などに限られる傾向があり、その他、財閥関係などに振る舞われていたので、北京、天津、上海あたりに集中して見つかる傾向があります。山東から河北南部の人々は、物を大事にする文化があるので、こういうところからも良いものが出ることがあります。

 その後も二胡自体の規格が変わっていきながらも優れた材が使われていましたが、徐々に入手が難しくなってゆき、最近では使われる材も変化しています。ここでは今はあまり使われなくなっていますが古楽器ではかつて使われていた材についてみていきます。

  • 老紅木  
  • 印度紫檀 インド産のレッド・サンダルウッド。
  • 本黒檀  
  • 黄花梨  降香黄壇。海南島に産出するものがよく知られています。

 紅木は全部で33種が認定されています。しかしある材が何々科の何々属といった分類は植物学的には重要かもしれませんが、家具や楽器として見た場合はまた話は別で、重要なのは質ですから分類外のものを使うこともあります。それで学術上は適当な材をとりあえず「紅木」とする場合がありますがそれで問題ないということがしばしばありますし、紅木と同質の材を探す努力もされています。古い楽器の場合は国家によって材に基準が設けられているということはなかった筈なので、職人によって選別された材を使うということもあったでしょうし、現在ではとうに枯渇した材が使われているものもあるので近年の知識ではどういう材が使われたものなのかわからない古楽器もあります。

 黄花梨は海南島、広東、広西で産出し、高級古楽器の多くもこの材を使っています。むしろ古楽器で印度紫檀や本黒檀はかなりレアです。黄花梨は現在絶滅が確認されており、古い材が入手できないと二胡を作れない状況です。中でも最高の物は海南島の黄花梨で、漢方薬として使った時には味が濃く、木目は大きな虎紋が出る優れた材ということで珍重されており、今日では黄金より高価です。この材は明代始めに北京の王宮(現北京故宮博物院)の建設で使用され、宮廷家具の材としても用いられたので清代に至ってほとんど枯渇してしまい、清末以降ぐらいから作られ始めた二胡にとって海南花梨のものというのは極めて珍貴です。それゆえ、大陸の黄花梨が使われているものが確認できます。今ではほとんど古楽器でしか入手できません。最後の大陸産黄花梨二胡は弦堂の調査では文革期のものが発見されており、この頃は二胡の規格が現代化されていった時期に相当しますので、現代規格の黄花梨二胡が見つかれば極めて貴重ですし実在もしています。越南(ベトナム)の黄花梨はこれらが枯渇してから市場に出されたもので、これを「黄花梨」と分類するべきなのかについて専門家の間でも意見が分かれています。最近はパプアニューギニア産の材もあります。ベトナム黄花梨は現行の二胡で黄花梨を使う場合に使うのですが、数百万円しますので中国でも発注者が少ないこともあり弦堂で調査していません。誰かが発注しないと作らない類のものだと思います。それで音はというとよくわからないのですが外観を見ると明らかに中国産とは違います。東南アジアと中国南部は近いですが、材の特徴はだいぶん変わってくるように感じられます。そこで東南アジアに行って、これら黄壇系の楽器を見ると他の材で作った楽器よりも魅力的な音がするように思います。

 本黒檀も黄花梨と同様、幻の材となっています。柿材の芯が黒いものを指しますが、1万本に1本の割合でしか採取できないと言われており、優れたものは見かけることができなくなりました。本黒檀の二胡は中国では「紫檀二胡」として分類されています。

 このようにいろいろ種類がありますが、すべて総称して「紅木」と言います。極めて質の高い紅木には共通する特徴があります。木目を見てその特徴が現れているからと言ってそれが良い楽器かどうかということになるとそれは別問題ですが、ともかく材だけについて言えば特徴によって質を測ることは可能です。指定された紅木以外でも紅木に共通の特徴があればそれは価値があります。


 「金星(jin-xing)」です。この金色自体に何か効果があるわけではありませんから量は関係ありません。この例は印度紫檀です。写真ではわかりにくいかもしれませんが、金星は完全に金色です。必ず輝く金色です。キラキラしています。金色ではなく白もあり、これは金星と言いませんが同様に評価に値する材です。


 「金絲(jin-si)」が見られる材です。木目が非常に緻密で強固なためこれも得難い材です。写真の例は海南花梨です。


 「虎目」が出ています。この虎目という表現は日本のもので中国にはないようです。しかし良材という認識に違いはありません。紋が明瞭に大きく出ているものは非常に良いものです。



 海南花梨と印度紫檀の木目を並べていますが、この模様を「牛毛紋(niu-mao-wen)」と言います。上の例で印度紫檀の方は金星も見られます。

 尚、これらが全く見られない材であるからといってそれが悪いとも限りません。古楽器にはこのような紋が現れていたものが多かったのですが今はすっかり少なくなりました。古い楽器を見つけたら確認してみて下さい。

 先日、老舗の広東料理屋に行くと、建物だけでなく家具類までとても古いものだったので驚きました。400席からあるというすべての席とテーブルの材は黄花梨でした。こういう風にまだ良材はあちこちに残っているのだと思います。天安門広場南一帯の再開発も解体だけで何年もかかっていて、解体が終わるとあっという間に建設されましたが、古い街というのは使っている木材が貴重ですから、それで何年もかかったのだと思います。







二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂