絹弦にアジャスターを使ってもいいですか? - 二胡弦堂


二胡のチューニング  アジャスターとは、音程を調整するためのねじ込み式の金具のことです。これは一般に、絹弦には使うべきではないとされていますが理由はわかりません。実際に使っても問題は発生しません。

 絹弦は折れに弱く(スチールでも、もちろん同様ですが)そのためアジャスターは弦の耐久性を失わせると考えられているようです。しかし弦は、駒の部分には曲がる圧力が相当かかります。すぐ近くで弓が運動するので、かなりの圧力になります。それでも問題はありません。アジャスターだけを問題視するのは理に適っていないように思えます。

 写真のような金属の琴軸の場合は、絹弦を短くしてしまわないといけませんが、巻き込むだけなので使えます。しかし金属軸は音程がずれやすいですし、絹弦もずれやすいので、この組み合わせはミスマッチだと思います。同じ理由で、絹弦にアジャスターを付けるのはあまり効果的ではないと思います。

 通常、絹弦の切れる位置というのは、曲がる部分ではありません。多いのは、第一把位あたりか、控制綿の下など真っ直ぐな部分です。横より縦の圧力に弱い傾向があります。スチール弦も同じだと思います。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂