絹弦と相性のいい松脂(ロジン)は何でしょうか? - 二胡弦堂

 


 小店の見解では、何でも良いと思います。おそらくそのためか、この題材についてそれほど扱われているところはないと思います。論じる価値はそれほどない、個人の好みで良いと思います。無難な選択としては、やはり第一には中国製の松脂になると思います。パッケージが安っぽかったりするので価値が認識されにくいので、馬乾元がつけてきている松脂など「何でこんなものを付けてくるのか」と思われる方もおられると思いますが、使ってから判断して欲しいですね。中国の松脂は音量が大きく、二胡の個性に合わせて練られており、音がまろやかになる傾向があります。

 弦の素材は文革期にスチールに変わりました。松脂はどうでしょうか。文革期以前と以降で中国の松脂は改良されたのでしょうか。古い松脂が見つかることがありますが、特に改良はしていないようです。そうであれば現代の中国製松脂は元は絹弦に合わせて開発されたものだということになります。絹弦時代に配合が決められたものだということです。絹弦仕様の松脂をスチール弦に使っても問題ないのですから、その逆もしかりです。特に絹弦専用に考えることはないと思います。

 欧州の弦楽器用のものも使えます。音が鈍い楽器を使う場合は欧州製の方が良いという人もいます。しかし松脂で何とかしようというのはその前に別の問題がある場合が多いと思います。まず中国製の一般的な松脂が合うというのは前提になると思います。楽器を簡単に変えられないとか、やむにやまれぬ事情がある場合は松脂での調整は1つの方法だと思います。

広西の天然松脂 左の写真は、中国・広西チワン族自治区の天然の松脂です。屋外でかなりの期間放置され風化したものです。通常、松脂はメーカー独自の調合で製造しますが、このような天然状態のものを買う場合もあります。京胡など一部の楽器はデンペン付近にライターで溶かして垂らした松脂を載せたりしますが、そういう奏者が使うものです。二胡奏者には使いにくいものです。黒い部分は脂が風化で抜けている部分で、まだ脂が残っているのは黄色の部分です。黒い方は非常に噛み付きが良いので低音楽器向けで、黄色は音に艶があります。一般の市販の松脂では黄色の透明なものもあれば、黒いものもありますので、メーカーのセンスの違いなのでしょう。精製の段階で脂は抜くのですが、それでも天然で抜けているものは違うようです。中国弦楽の場合、黒は戯劇風になります。飴色の方も艶やかで良いですし、そのあたりのバランスもメーカーのノウハウになるようです。