優れた二胡はどのように作られているものでしょうか? - 二胡弦堂


故宮の中にある西太后が建築した劇場。貴族が手前側に座って観劇し、奥の舞台の方を眺める。劇場は3階建てという贅沢なもので手前の広場も使われる。この劇場を親と見に来た少女は、青衣(女形)の典型的なポーズを取って写真に収めている  ここでは二胡がどういう環境で作られているかとかそういうことではなく、二胡の製作上の重要なポイントについて細かく見ていきたいと思います。

 まず、最も重要なのは棹です。現行の二胡の棹はほぼ上から下まで太さが同じです。しかし二胡の響きの肝心な部分は棹を伝って上へ抜けます。そのためか昔の名工の作品は、上に行くに従い徐々に太くなるように作ってあります。まるでラッパのようです。それで千斤を一度巻いてしまうと上に上げるのが難しいぐらい角度がつけてあります。しかし見た目は、この太さの変化はわかりづらいぐらい僅かなものです。古い楽器の棹の断面の多くは丸で、その他の形状は少ないですが、いずれにしても太さを変化させています。現代でもこういう構造で作っている楽器はまだまだあります。

 棹は上に行くに従い、木材の柔らかい部分を使っていきます。棹の下から上まで均一な材は使いません。こうすることによって音の抜け具合がぜんぜん違ってきます。蓄音機のラッパやトランペットの朝顔なども基本構造はこのようで、付け根の金属は分厚いですが、ラッパは段々薄くなるように加工されています。これと同じ理屈です。すでに1930年代に米国AT&Tベル研究所でラッパの厳密な音響計算に関する論文が出ています。共振率を計って厳密に計算しています。棹を立てている角度も重要です。少し前のめり、傾斜して立てています。琴胴に対して垂直には立てていません。しかしこれも僅かです。これは現行の多くの二胡もこのようになっていますが、そうでないものもあります。棹は基本的には長くなればば残響も長くなります。そして長いというのは贅沢です。古楽器の一部の二胡は現行のケースに納まらないぐらい棹が長いものもあります。現代二胡に慣れた目で見ると無駄に長すぎるように感じられますが、音は濃厚で素晴らしいものです。

二胡の琴頭のいろいろ  琴頭も重要です。一般的な物としては鳳凰の首を象ったもの、他には龍、回紋、如意などがあります。この形状によっても音が変わります。なぜなら、下から昇ってきた響きが琴頭によって放たれるからです。龍頭は厚みのある音で鳳凰はすっきりした音になる傾向があります。二胡の棹の長さによってこの部分に響きが達する時間が変わります。棹が長いと時間がかかります。それでサウンドは厚みのある濃厚なものになります。棹が短ければ響きはすくに抜けてしまい、琴胴の後方から放たれる音に消されてしまって味がなくなります。しかし長すぎるのも良くないので、この匙加減が腕の見せ所の1つでした。現代二胡は規格が決まっているので、このようなものはありません。それで規格と材のバランスが一致すれば良い二胡ですが、そうでないものもありうるので、当たり外れが出てくると思います。本来、二胡を作る技術とは、棹を作る技術ということができます。この原則を応用したものが現代二胡に付けられている琴托で、この分厚さや材質によっても残響が変化します。

 胴は材木の比較的柔らかい部分を使います。堅い紅木を使いますが、すごく密度が濃すぎる部分は使わないという意味です。黄花梨は非常に締まった材なので、組む際に接着部に柔らかい材を薄く挟むなどの方法で加減されていることさえあるほどです。材の厚みも匙加減が必要な箇所で、この厚みは即ち音の厚みということもできます。全体のバランスを考えて決定する必要があります。

 花窓は非常にスカスカの材を使います。紅木は使いません。これも音響的配慮からです。堅い材をあてがうのは好ましくありません。

 弦軸は黄楊が最良ですが、優れた材は100年もの年月を経て切り出され、なおかつ枝の曲りが多いこの材から有る程度の塊を取るのは容易ではありません。それで現在ではほとんど出回っていません。木目が非常に細かいものが適しています。

中国の子供  最後に最近の中国人の仕事の取り組み方について、重要なので敢えて触れたいと思います。中国人は1つのことをすると決めたら、血と汗と涙を以て事を行います。日本人はというと私もそうですが、二胡の練習なんて週に1回しかやりません。ほとんど拉いていません。割とこういう人が多いと思います。それなのになぜ、日本人の仕事は質が高いのか・・・私がこれを中国人に説明すると彼らは「あなたはさぼるので変な日本人だと思っていましたが、普通なのですか!」と言います。日本人は潜在的に基本を捜す価値が分かっていますが、中国人はとにかく精神論で努力するだけです。二胡を一日8時間練習する習慣などを自慢します。すべての完璧な努力の総量を100%とするなら、そのうち積み重ねが95点と高得点でも、重要なコアの部分も95点なら成功しません。一方総合で30点しか努力しなくても、重要な部分を集中的に100点取れれば物事は成功します。中国人は最大限、力の限り1つのことを努力することしか考えず重要なポイントだけ押えていくようなやり方は考えません。二胡の演奏家になるといって、二胡ばかり拉いていると、それは確かに上手にはなります。しかし巨匠は出ません。一番重要な努力はもう少し別のところにあると思います。中国人が商売で信用を無視することについてはよく知られていますが、全人民皆無視するので問題はないようですが(南方人はそうでもなかったりしますが)中国にやってきた日本人はそれを見て「どうしてか理解できない。信用こそ一番大事ですよね。こういう言葉は使いたくないですがおそらく彼らを形容するのに適切な言葉はバカだろうか」と遠慮がちに言い、私は日本から来た人にこれを結構言われて回答に窮します。こういう思考になるのは、日本人がまず物事を手がける前に重要な点を見極める能力があるからです。中国人はしばしば重要な部分を落とします。「最重要」という語は日本語も中国語も全く同じで発音が異なるだけですが、中国人はほとんどこの語を使いません。信用を失うとすべての仕事を失うので最重要ですが、それがないと他で幾ら努力しても仕事はないので、それがわからない中国人を見て日本人は驚きます。そしてついにアリババ日本語サイトは閉鎖になって、逆に日本から中国に売る方のアリババは拡張させています。どういうわけか中国企業が中国企業の支援を諦め、日本企業を支援するというおかしなことになっています。しかもアリババのサービスというのは無料なので(ほとんど国営?)私もアリババから1元たりとも請求が来たことはありません。頻繁に売買で使っていてもはや手を切るのは困難な程でVIPにすらなっちゃっていますが、全部無料でそもそもアリババに支払うプラン自体がありません。中国企業は無料で支援してもらっても顧客と緊密な関係を築くのは困難です。問題が多くてもはや支援を諦められる程なのです。これを読んで中国の方は気分を害されるかもしれませんが、日本語を解する程に賢明であれば、私の意見に同意されると思います。そして日本人が仕事の質を高め過ぎることによって生活に圧力をもたらしている悪い点にも気がついていると思います。結局、どちらが良いかは難しいところです。両極端でどっちも悪いように思います。足して2で割れば良いのだが、といつも思います。民族によって得手不得手があるので、そういうものだとも考えることもできます。二胡の製作に話を戻しますが、中国では奇麗に仕上げる、規格を揃えるとか、まあどっちでも良いことにすごく努力しています。そういうこともある部分では必要ですが、もっと重要なことは他にあると思いますし、昔の中国人はこのあたりを理解していたと思います。最近は家具職人が楽器に転じている例が結構多いと言われます。それで外観だけになってしまっているようなものは結構あります。

 最後に蛇皮について触れたいと思います。二胡の蛇皮はちょっと器用な人なら張れると思います。これは各個体が違う天然物なので、正しい完璧な張り方はないと思います。それで名工ですら張った後にテストして気に入らないということはしばしばで、期待する水準でない場合は必ず剥がして張り替える人までいます。気に入るまでやり直します。 蛇皮の具合が微妙に各個体で違うので、だいたいこれぐらい・・というあたりに狙いをつけるしかないのです。一般的な工房の場合は張り替えなんてもちろんしませんから、当たり外れが大きいというところもあります。そんないい加減なものです。このいい加減なところが逆に難しいとも言えます。二胡にとって確かに蛇皮はすごく重要な部分です。それで蛇皮張りの技術こそが二胡製作で最も重要と言われ、確かに重要なのは間違いないのですが、それに劣らず棹も重要と思います。琉球にも蛇皮を使った楽器・三線があります。これも蛇皮は重要です。しかし最も重要なのは棹だとされていてこれはよく知られています。二胡も基本的には同じと思います。蛇皮は張り替えられるので、二胡はまず棹で買うものと思います。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂