二胡を特注するのはどうしたらいいでしょうか? - 二胡弦堂


 二胡はあまりにも外観が同じ過ぎて不満を感じる人は多くいます。これは人の持つ普通の欲求のようで、今も昔も変わらないようです。

 かつては各都市によって二胡の規格が違いましたので多くのバリエーションがありました。文革期頃に国家主導で現在のような形式に統一されましたので以降はだいたい同じ型に統一されているのですが、それ以前の二胡には様々な形がありました。個人の好みも反映することがあったので、骨董などでおもしろい二胡が出てくることもあります。

 こんな昔の自由奔放さに比べたら今の二胡は確かにおもしろみはありません。バイオリンと同様、規格を練り上げて統一しています。バイオリンは斉奏でも使われるので統一が必要ですが二胡には不要だったので、かつては規格の統一は考えられていませんでした。文化大革命によって伝統的中華文化が否定されていき、西洋文化礼賛という時代背景もあってバイオリン的統一が進められていきました。

 そこで現代でも自由を取り戻そうということで特注してみることは可能です。事実、プロの演奏家の一部の方がいろんな外観の二胡を製作依頼しており、テレビや動画サイトで見ることができます。

 これは意外ではありますが簡単に開発できるものではありません。多くの人は世の中の多くの商品が相当な開発期間をかけて作られたものなのを知っていますが、自分が二胡を特注する段になると簡単に良いものが出来てくると考えてしまいます。なぜなら外観ぐらいであれば簡単に変えられるからです。しかし品質を維持するのは簡単ではありません。たとえば上海、蘇州のそれぞれの二胡は外観がほとんど変わらず琴頭の形状が若干違うぐらいですが、それにも関わらず音はずいぶん違います。それぐらいシビアです。そこへ来て全く別のものに変えるというのは並大抵のことではありません。重要なのは外観であって音質ではないという場合はデザインさえできればそんなに難しくはありません。

 しかし特注するということは既成の二胡に何らかの不満があるか、新しい別のものが欲しいということでありますので、単にそういう主張を繰り返すばかりであれば、彼が必要としているものが何なのか神以外知る由もありません。たいてい、本人もわかっていません。そこをまず自分が何を欲しているのか明確に決定する必要があり、詳しく説明もできなければなりません。楽器に詳しくないと不可能です。

 その後、依頼者は工房に住むか、近くに泊まるか、通うかします。試行錯誤を重ねながら作っていくので、たいへんです。この過程では二胡を何把分も作るより労力や資材を投入します。高額を用意する必要があります。

 人と違うものを持つのはたいへんなことです。外観だけで中身がなければ、格好が悪いだけかもしれません。プロが使っているものは、結局マイクを通す用途なので、エンジニアが調整できる範囲であれば何ら問題ありません。それでも開発期間はかけているはずです。一般の愛好家は違います。もっと条件が厳しくなります。

 これらのことを踏まえていないと工房を困らせることになります。無理難題を意図せずに押し付けてしまうことになっていることもあります。結論から言うと既成の型のものを普通に買っておくのが一番賢明な方法です。しかしどうしても自分の芸術を具現させるために我慢ができないという人は少数ながらいます。世間では良くないと言われている方法まで投入して自分が求めている音を作ります。ここまでであれば、多くの犠牲を払う価値はあるかもしれませんが、他人に犠牲を払わせる前提で話を持ちかけるべきではないでしょう。

 そこまで考えていなくても演奏会での演出方面の必要から特注する場合、音質を厳しく追求しないのであれば、気軽に作ってくれるところは割と簡単に見つかるかもしれません。音質を求める場合でも、やりたいことが明確であれば何をやれば良いかもはっきりするので、この場合でも応じるところはあります。私の老師は特注の二胡を使っていますが、要求はシンプルで、単に胴を小さくするだけでした。高域に比重を振った二胡が欲しかったからです。こういう明快なものであれば、だいたいどこでも言うことを聞いてくれます。残響を伸ばしたかったら棹をもっと長くしますが、これも狙いがわかりやすいと思います。「現行品より悪くなりますよ」と言われます。当然です。現行規格は専門機関が科学的調査に基づいて設定しているからです。それをわざわざずらすということですから。悪くなると言われて「え?」と言うようであれば、あなたは特注する資格はありません。「わかってます。こんな風になるんでしょ? それが欲しいのです。」と言い返すぐらいであれば、工房は作ってくれます。一つの部分を突出させれば他に犠牲が出ますので悪くなります。それが作る前からわかるぐらいでないと話は通りません。失うものはあるが、どうして失っても良いのかまで説明する必要があります。とにかく、かなり詳しくないといけません。二胡は基本的に変更できるところはないぐらい完成しています。特注はそれを崩すことに他なりません。本物の楽器を知っていれば「特注します」は恐れ多くて普通は口が裂けても言えません。特注はまず少なくともこの状態を通過してからにすべきです。

 中国製品の場合、我々外国人から見ると、どうしてこんなことをするのだろうと思うことがあります。二胡に関してよくあるのは、なんでシールなんか貼っているのかというものがあります。剥がせばいいので大きな問題ではないのですが、剥がすと型が残るので木材の色が深化してくるまで待つことになります。販売店としては購入者の方とは少し立場が違うので工房に「貼らないでくれ」と言うという行動になります。だけど小店で販売している一部はまだ貼ってあります。工房が言うことを聞かないからまだ貼ってあるのです。それではもっと強く言うべきでしょうか? よくよく考えて言わないことにしました。楽器という繊細なものは設計図通りに作れば、誰でも同じ音が出るというような単純なものではありません。そうであればどこで差が出るのでしょうか? 製作家の人格だけでなく時代背景や民族性が反映されます。精神論というとかなり曖昧な感じがしますが、どうしてもそういうものが載ってしまいます。中国で(他の国でもそうだっただろうと思いますが)シールというのはかつては高級なものでした。最新の発明だったんですね。だから今でも貼るのですか? それはないでしょう。だけど貼ってしまう、時代についていっていないのです。頭が古いのです。より前進してシールに関する新たな知見を得るべきでしょうか。しかしたかがこれだけのことで音が変わってしまうのです。もちろんシールに護符のような効力が宿っているわけではありません。だけどシールに対する見方を変えることで概念やビジョンになんらかの変化を来すようになります。それだったらシールは貼ってもらわないといかんのです。楽器作りとはこれほどまでに繊細な作業なのです。たかがシール1つでここまで言えるのであれば、他の箇所につてはもっと大きな影響があると考えるのが自然でしょう。製作家が最終的に決定しているデザインは彼の背景や文化を示すものです。彼が目覚めてグローバルな思考を得たら、それもまた外観に彼の背景を示す何らかの違いを生み出すでしょう。そしてそれらの総合的な結果が彼固有の音となり、それが評価されます。そうしますと、ある製作家の楽器を指定しておいて何らかの特注を加えるという行為は実際には彼の楽器を求めていないことになります。シールを剥がして下さいと言ってもそうなりますか? どうでしょうね? そこはお任せしますが、弦堂では影響が確かにあると考えています。憶測ですか? 弦堂は古楽器をやりますのでどうしても特殊な注文を工房に出さなければならないことが多い人です。だから憶測は不要ですね。シールを剥がすのを求めることさえ特注ですか? どう思われるかは個人にお任せしますが、そうしますと、特注を出すという行為は禅問答なのでしょうか。確かに我々特注を出す人は、極めて曖昧な音というものを様々な表現や単語を駆使してあの手この手で細やかに説明することが可能です。だけどシールというところまで話が行ってしまうと、こういうものを貼ったぐらいでは理論的に何も変わらないわけですから何の説明もできないのです。そういう全く説明のつかないものというのが歴然と存在していて、それが人の心の奥底にある何かと密接に関連しているのであれば、そこを意識した時に発注者と製作家の対話は哲学にならざるを得ないのです。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂