二胡はどこから来ましたか? - 二胡弦堂


ウィグル二胡の図  二胡はシルクロードを伝ってやってきました。音楽の発祥は古代オリエント方面で、当時の各国宮廷楽団はユダヤ人で組織されていました(優秀な演奏家になるための条件とは何ですか?参照)。その後ユダヤ商人はシルクロード交易を発明し(絹の生産を始めたのもユダヤ人でした)、街道沿いの各駅はユダヤ商人に支配され、終着点の長安にも大きなユダヤコミュニティがあったことが明らかになっています。(注:実際の終着点は日本だったかもしれません)。交易によって多くの異民族と接する彼らは、文化と言葉を超える音楽を使って訪れた地方の人々と交流し、商取引を円滑に進める道具の1つとして楽器を使ったとされています。

 このようにして中華圏に入域した拉弦楽器がどのような変遷を経て現代に至ったのかよくわかっていません。「元史」(明代元年に編纂開始)に記載されている"胡琴"と呼ばれる二弦の楽器に関する記述がもっとも古いもので、それ以前に言及は見当たらないとされています。弓を以って弦を擦るのは馬尾である、ともあります。そうしますと、二胡の発明自体がモンゴル人によるものだという可能性もあります。清代乾隆年間に著された「皇朝通典」には"奚琴"という楽器が記載されています。清朝は蒙古の一氏族・女真族による王朝ですが朝鮮と境を接しており、朝鮮には今でも奚琴という楽器が残っています。皇朝通典にはさらに"番胡琴"なる楽器についても記載があり「胴は椰子、棹は竹」とあります。そして「馬尾は二弦の間に入れる」とわざわざ説明しています。ということは奚琴はそうではなかった、さらに元史に記載がある二弦の楽器も同様だと推測されます。番胡琴は「奚琴よりも小さい」とあります。材料から推測できるのは番胡琴はおそらく南方のものであろうということですが、わかっているのは清代前期に存在した楽器であるということだけです。

 中国側からみますと、万里の長城を伝ってさらに向こうに異民族の地方に足を踏み入れると、ウィグル族が多く住む土地に入ります。このあたりにある二胡は西から伝播してきたのか、或いは中国から逆流してもたらされたものなのかわかりませんが、一部を除けばよく似ています。はっきりした違いは、ウィグル二胡には共鳴弦が複数あるということです。中国人は響きを豊かに得るために琴托を付けましたが、アラブ・インド系の文化に属する人々は共鳴弦を付けるのを好むようです。弦はすべて皮の上を通過していますが、共鳴弦は張っているだけで実際に弓を当てるのは2弦だけで二胡と同じです。劉天華以前の二胡は音域が狭かったと言われていますが、このウィグルの楽器は今でも狭い音域で演奏されます。

 二胡の由来については様々な説がありますがいずれも憶測の域を出ていません。シルクロードは絹の交易に用いられたのでこの名称で呼ばれていますが、その終着点は蘇州です。蘇州では現在でも絹が名産です。蘇州は二胡の本場でもあります。

ウィグル二胡の演奏




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂