中国音楽と西洋音楽は、どのように違いますか? - 二胡弦堂


宮廷衣装の撮影サービスを楽しむ白人旅行者  弦楽器は今のアラブあたりが発祥だとされていて、そこから東西に伝わったようです。古代オリエント世界では、弦はユダヤが最高とされ、"世界"の範囲が変わった今でもその評価に変化はありません。第二次大戦中にウィーン国立歌劇場の多くのユダヤ人が解任され、その頃ここへ客演したナチス党員のヘルベルト・フォン・カラヤンが弦楽器の音を聴いた後、こう呟いたと言われています。「やっぱり、ユダヤ人がいないとだめだな」
 (参考資料はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による公式発表に基づいていますが、団員はウィーン楽友協会員であり、ウィーン国立歌劇場管弦楽団に3年以上在籍した団員を正会員としていましたのでほとんど同じものです。補足しますと、国立歌劇場団員は公務員で歌劇場で伴奏するのが仕事です。だけど副業でコンサートを開くこともあります。これはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と看板を変えますが実態は同じです。この正団員は学友協会員で、公務員団員になって3年経つと学友協会員も兼務する規定です。しかし正会員でなくても演奏する人はいます。また歌劇場も公務員でなくても演奏する人がいます。歌劇場団員は副業がもう一つ、ウィーン音楽院教授や講師がありますので、優秀な学生を本番で使い、自分の横に座らせることが多々あるためです。学友協会員は100名超しかいないのに、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は世界で同時に4つ存在できると言われるのはそのためです。歌劇場は毎日公演しているのに、フィル・ハーモニーは欧州演奏旅行をしていて、しかも日本公演もやっている、さらにウィーンで定期演奏会、定期は昼間だから歌劇場と兼務できますが、レコーディングをやるとなると少し話が違うだろうし、一見すると謎の現象が発生することが実際にあります。分身は最大で4までが限界らしいのです。正月には毎年、ニューイヤーコンサートをやるのに、同時に歌劇場では「こうもり」を上演します。)

 彼らユダヤ人は芸能だけでなく商業にも秀でていて、シルクロードを支配していたのはユダヤであったと言われています。それゆえ古代長安の都にはすでにユダヤ人地区があったとされています。老北京語にはたくさんのヘブライ語が混じっているとされ、あまりにも多すぎて一冊の本になるとさえ言われています。ここでは以下に、维基(Wiki)解密に掲載された「老北京话里的希伯来语(古北京語中のヘブライ語)」の弦堂による翻訳を掲載しておきます。

 学者石旭昊の研究は驚くべきもので、北京を含む大河北地区,含まれるのは河北、北京、天津、山西、陕西,重慶北東部に及びますが、古代羯胡人が長期にこれら中国北方一带で活動し、また羯胡人の祖先が古ヘブライ人、それが北京語の中に大量のヘブライ語の言葉がある理由だということです。
例えば“得吧”,北京語の“说话(話す)”と同義,古ヘブライ語では同音同義,発音はDabar。もう一つ,北京人がしばしば食べる“烧麦(シューマイ)”,羯胡人が中国北方に達した時に発明した食品でこれも古ヘブライ語では同音同義,発音はShemesh。北京人が村と言う時に使う単語“屯厄”(語尾にR化を伴う),旧約聖書中のヘブライ語で村の発音はDuwr。北京語にR化音が多い原因は外国語と関係があります。

このような類似は非常に大きあります。
“俺”,北京人と北方人が“我(私)”、“我的(私の)”の意味で使い,古ヘブライ語では同音同義,発音はAnとAmmi。
“丫头”,“鸭蛋儿”,北京人と北方人が女の子を指すのに使う言葉で、古ヘブライ語では同音同義,発音はYaldah。
“别介”,北京人が否定する時に使う言葉,英语のNoと同義,古ヘブライ語では同音同義,発音はBil-tsi。
“甭”,これも北京人が否定の意味で使う,旧約聖書中の古ヘブライ語でも同音同義,発音はBal。
“胡同”,北京旧市街の通り,多くの人はモンゴル語だと思っているが間違っており,実際にはヘブライ語で,発音はHoot。
“捻儿”,北京語における灯芯の意味,ヘブライ語でも同じ意味で,また照亮、照明、光明と関係あるものを指す。ヘブライ語の発音はRyn,Niyr。
“坷垃”,硬土の塊とか石などの意味。古ヘブライ語では同音同義,発音はKela。
“疙瘩”,北京、河北一带では団塊の意味,ヘブライ語で発音はQaneh。
“窟”、“窟窿”,中国北方では洞眼、洞穴、山洞の意,古ヘブライ語では同音同義,発音はChowr。
“戏(戯)”,ゲーム、遊ぶの意,ヘブライ語の発音はShiyr,意味は唱、演唱。

 日本の神道はユダヤ教の背教したものであるとされ、その多数の証拠の1つは、伊勢神宮にある三種の神器に関するもので(ご神体ではない。ユダヤ教は偶像礼拝を禁じている)鏡の裏面には、意味不明の文字の羅列のようなものが見られ、ヘブライ語なら読むことができます。それは「エホバ(ユダヤ教の神の名)は光」と読めます。天皇家も含め神職の家系の人々はユダヤ系の血を引いていると言われています。アインシュタイン(ユダヤ人)は来日した時に神道を見て「神は真の崇拝を現代まで保たれた」と言って感謝の祈りを捧げたと言われています。ユダヤ人にとって東の果ての島国は楽園だったのかもしれません。彼らユダヤ商人は見知らぬ土地を幾つも訪れるので、現地人との交流のため弦楽器を使ったと言われています。

 これらの歴史は、ユダヤ中心で東西の弦楽器文化が形成されたということになります。二胡の原型は、古くはシルクロードの商人が持ち込んだものだとされています。

 音楽は東洋も西洋も原点は同じだったと言えるようです。しかし人間は自然界から多くを学ぶので、土地の風情から感性を育てていきます。それで東西の弦楽器は、異なる発展をしていったと考えることができます。しかし技術的には交流があって相互に影響を及ぼしていました。西洋拉弦はバロック以降は無伴奏の楽器としては難しいですが、東洋は無伴奏の方がむしろ普通です。単音しか出ない楽器を無伴奏楽器とするかアンサンブルの一部として扱うかという違いがあります。しかし和音と転調を可能にした平均律は中国人の発明でした。歌は本当に優れていればソロでも十分に美しく聴けます。東洋音楽はそこをかなり研究し尽くしていく傾向があり、単音の楽器を聴かせるための様々で多彩なテクニックの方法論を確立しています。西洋音楽はアンサンブルに重きを置いているゆえ、1つの楽器に対して東洋音楽のような自由度は与えません。西洋音楽は音程やテンポの一致に厳しいですが、そうでないと他の楽器と合いにくいからです。東洋では1つの旋律を歌手と弦楽器で斉奏する場合、ずれると音が濁ったり前後にタイミングがずれたりしますが、それを巧みに動かすことが表現手法になっています。ぴったり合った方が違和感がある場合があります。西洋は音程重視なので、バイオリン属のモダン楽器は弦を4つ揃え、指板をつけて確実性を高めています。二胡は2弦です。弦は宙に浮いており不安定です。安定させると表現の自由度が縮小されますし、音楽は常に流動していなければなりませんから、どのように流れていくかを重要視すれば、弦を安定させる必要が感じられないのだろうと思います。このことが、バイオリンに優る表現力を二胡に与えています。弦に加える力を多彩に変化させて、音を自由にたゆたわせることができ、長い弦を利用して多くの奏法を可能なものにしています。

 西洋音楽が音程に厳しいのと同様、東洋音楽ももちろん音程は重要ですが、場合によっては楽譜の指定の音とはぜんぜん違う場所をまず押さえにかかったりします。楽譜に書かれていない音を出す場合もあります。西洋音楽しかわからない人は、音程がずれていると感じられることさえあります。それゆえ二胡は、バイオリンと比較できない高度な部分というものが存在します。それは地方によっても違うので非常に多彩であり、このことも学習を困難にしています。例えば、北京ダックしか知らなくても一応は中華料理を知っているということはできます。しかし中国の各地方の料理を知っていて、それでようやく中華料理を識っていると言うもので、広東、四川などの代表料理も知っていないのに中国料理を知っているというのは不自然な感じがあります。音楽も同じであって「中国音楽を理解している」というのはそう簡単に言えることではありません。

 こうして独自の魅力を保ってきた中国音楽ですが、五四運動、そして文化大革命によって、伝統文化が「旧時代の産物」として否定される過酷な歴史を歩んできました。劉天華が民楽を保護するために苦労したのは五四運動と関係がありますし、文革期にはあらゆる古典音楽の演奏が禁じられる厳しい時代に入り、一方で西洋文明など外国のものを取り入れることが奨励され、二胡はバイオリンに追いついて世界的なものとするために統一した規格化がなされました。そして音楽も大きく変化して伴奏を必要とする作品が増えてきました。こうして考えると現代の我々が「二胡」と言っているものは中国伝統楽器をやっているのではなくて、"中国新楽器"をやっていると言った方が正しいとさえ思えます。そもそも現代二胡は文革以前にはなかったし、楽器の設計という観点から見るとぜんぜん違う楽器に変わってしまったからです。二胡のレパートリーは文革前後の作品に劉天華やアービンあたりも足したようなものです。だから多くの二胡奏者は中国伝統の演奏がわからなくて困っています。でも伝統演奏は失われたわけではありません。主に戯劇の演奏者の中で継承されています。しかしこれらは文革で迫害され、一方二胡は衣替えによって文革推進に貢献、西洋化もしました。おそらくこういう歴史的背景があって、戯劇関係者は二胡奏者を嫌う傾向があるように思います。京劇関係者に接触する場合、京胡を持っていれば友好的ですが、二胡を持っていれば敵視されることさえあります。おおげさに言っているわけではありません。実際私は何度も大声で怒鳴られてきました(彼らにとって普通の話し方だった可能性もありますが、怒っているのは間違いないのです)。二胡が大嫌いというお年寄りもいて、二胡の音は一切聞きたくないという人もいます。私は「演奏するな」と言われて睨まれたこともあります。過去を思い出すのだろうと思います。外国人の立場から見るといささか極端過ぎないかと思いますが、よくよく考えると歴史の事実も極端過ぎるわけで、いずれも同じ中国人によってもたらされているのです。二胡界は自分たちで伝統を捨てておいて今になって都合よく「自分たちこそ文化の継承者」として振る舞っています。こうした偽善性は中国ではよく見られる態度です。中国の戯劇関係者はこのような二胡界を嫌っていて、自分たちの中に入ってきて欲しくないと考えています。金は持っているかもしれんが汚れるから来るなと思っています。彼らから見ると二胡奏者は文化人ではありません。むしろ野蛮人です。彼らはおそらく二胡界が滅びると祝砲を上げます。否、爆竹を鳴らしまくります。しかし彼らに「二胡はどうか」と聞くと平然として「別に何とも」と答えます。多くの日本人に「中国はどう思うか」と聞いても玉虫色の答えしか出てこないのと同じです。正直、相手にしたくないし考えたくもないということなのです。目の前から消えたらいいとさえ考えています。日本で二胡をやっていると、こういうこととあまり関係ありませんから、ここを読んでびっくりした方は多いと思いますし、受け入れ難い面もあると思いますが、有る程度、知識程度に理解しておく必要はあります。大陸に渡ったら、自信を持って「二胡奏者です」と言うのではなく、より謙虚に振る舞い、ニコニコしながら「少し中国の楽器を触ったことはあります」ぐらいにしておくのがなぜ良いのか、こういう背景を知っておくとよく理解できます。自分が悪くなくても謝っておいた方がよいのです。時代も変わっていますので二胡を悪としなければならない理由ももはやないということを考えると不毛な議論だからです。こういう環境の中で構わず二胡を楽しんでいる中国人たちの中で、やがて絹弦や古楽器にも手を出す人が多くいます。絹弦は供給が需要を満たしておらず、売り切れて苦情が出るのは毎年のことになっています。古楽器は良い物の入手が難しく、ネットで売りに出されているものはゴミばかりで、良いものは即買されてすぐに消えます。しかし彼らは人前に出る時は現代二胡にスチール弦を付けて自分の趣味を公開しません。古典と現代両方やりますが、古典に向かっていることは一切隠しています。これも文革の影響かもしれません。文化人として目立つと殺された時代はそんなに昔のことではなかったわけですからね。しかしそういう中でも、古典を重視しなければならないという考えは徐々に復活しており、若手の二胡奏者がまじめに取り組み始めてきています。まだ少ないですがこれからでしょう。若い世代が過去のしがらみを乗り越えていくのかもしれません。

 現代には「著作権」というものがあります。しかし貴族や王室がパトロンだった時代には、こういう概念自体がなかったと思われます。いわゆる現代で言われる"パクリ"のみで音楽活動をやっていくのは問題なかったですが、これのみしかできないようでは作曲の分野ではパトロンへの売り込みが苦しくなります。それでも演奏家としては、他人の作品を演奏しても問題ないので、自由に使っていくことはあったようです。非常に古い作品は作曲者の名前がクレジットされていないものが結構あり、誰が作ったのかよくわからない作品も多数存在します。しかし出版というものが出てきてから、著作権に近い考えがでてきたのかもしれませんが、まだこの頃は権利を主張する意味がほとんどなかったようです。それでも他者からアイデアを使われるのを嫌う向きもあったようで、新作が公開演奏される時には、練習一切なしぶっつけ本番で、演奏直前に楽譜を配り演奏が終わったら即回収して他人に演奏されないようにするということはあったと言われています。作曲の権利は考えていなかった一方で、その作曲作品を使って興行して稼ぐ件については神経質な人もいたということのようです。他人の作曲作品を持ってきて勝手に自分の作曲に利用するということもかつては普通のことであり、バッハの作品ですら多数の過去の作品からの引用が見られます。中国では、基本的なメロディを「曲牌(qu-pai)」と言い、他人が作ったものでありながら、これを引用して作曲するのは当たり前でした。(清代乾隆年間に「九宫大成」という曲集が宮廷で編纂され、ジャズで言うところのリアルブックのような内容でした。中国全土からメロディを集め、南方曲1513曲,北方曲581曲,共2094曲。さらに変奏曲2372,計4466曲収録されていました。)牌子は自分で作るか、過去の既製のものを使うにしろ、とにかく牌子を組み合わせたりアレンジしたりして曲を作るのが一般的な作曲というものだったのです。どの牌子を使ったのかは聴衆がわかるので(分からなくても?)一々誰が作ったものかという権利関係のアナウンスをわざわざするようなことはなかったようです。このような自由な雰囲気にあったので、優れた作品が多数出てきたとされています。その豊かに素材が利用できる中で、優秀な作曲家が新しいものを作っていったようです。ブラームスが交響曲第4番の最終楽章を作曲するときに、ベースにする旋律についてどうするかという内容の友人に書き送った手紙が残っており、ここでブラームスは1つの旋律を書いて「これはバッハの作曲したものだから、しっかりしていて使える」という考えを述べ、この旋律を使って変奏曲に仕上げるつもりだと書いています。仕上がったものは、この旋律を36の種類に様々に調理したパッサカリアとなり、この結果に至る経緯は今でもよく知られていますが、誰も「バッハのコピー」だとは批判しません。ジャズに至っては、"パクリ"なしには存在し得なかった音楽だとされており、欧州、アフリカ、南米から多数の音楽を抜いてきて発展させてきました。ちょっと話が逸れますけれども、現代中国は他人の作品をネットでばらまいても問題ないですが、そういう人気作品を作ると国家が生活を保障するので今でもパトロン制にあるということになり、一般の人がどこかに許可を取らないと演奏すらさせて貰えないということもないので、すごく便利がいい環境です。支払い等は中国政府が行っている形なので、優れた作品は国の所有という雰囲気になり、人民だけでなく世界中だれでも演奏できますが、かといって作曲者の名前が消されることもなく名誉も高められたままという状態で、この体制は古代から基本があまり変わっていないと言えます。欧州は、いわゆる「牌子式」のようなものやパトロン制を廃してきたので、どんどん変化してきたと言えるのかもしれません。変化前の欧州と中国は似ているという見方ができるので、この経緯をみていくと、西洋と東洋の音楽の違いは分かりやすいかもしれません。

 著作権の是非について活発な論議をする人もいますが、ここでは扱いません。著作権は文化の停滞を招くとして反対する人がいるので議論になっているようです。中国式は非常に良いですが、デメリットとしてはクリエイター(ではなく搾取する事務所だという人もいます)が巨万の富を築けない点にあります。米国のマイケル・ジャクソンが自宅にネバーランドという個人遊園地を作ったという有名な話や、そこまで派手でなくても近いような話はいわゆる資本主義体制内では普通のことですが、中国式ではその100分の1ぐらいも真似できません。これをデメリットと見なすかどうかについても、いろいろ意見はありそうです。そんな中、デジタル化という新しいものが出てきて、現代のパトロンであるはずの民衆が不法ダウンロードを行うので、人気絶頂にあるユニットすら採算が取れず、解散しなければならなくなるような影響が出てきていると言われています。 このまま行くと、著作権構造自体が維持困難となり、中国式しか選択肢がなくなる可能性があります。いろいろ個人で好みや意見はあるかもしれませんが、だれがどのように何を論じようとも、結局は昔の方法に回帰する流れになるのかもしれません。不法ダウンロードがその内、不法でなくなるような流れすらあります。すでに一部のレコード会社は、mp3を無料でばらまく"不法"行為はむしろ好ましいとして、現行体制では法的に問題有りとしても著作権者としての権利を行使せず公に容認する方針を発表していますが、これは今のところ進んだ考え方と見なされている段階なので、こういうのを見るとまだまだ過渡期であるといえるかもしれません。

 新しいものを創造したり、古い物に回帰したりと、右往左往する・・・これが文化というものなのかもしれません。

 牌子についても少し加えておきます。清代に避暑のために皇帝が訪れていた熱河という都市があって、現在は承徳という名前に変わって観光地になっていますが、ここで演奏されていたという避暑山荘宮廷音楽というものの楽譜集を入手しました。これはどのようにして現代に宮廷音楽の譜が残されたのか、経緯が書いてあったりしておもしろいのですが、楽譜の方は牌子、西洋風に言うと主題が書いてあるだけという感じの物で単純な旋律集であり、これにいろいろ肉付けを加えて、編成も自由に組みながら、時にアドリブで演奏していたものと思われています。これを現代に復刻演奏したと思われる録音を中国のネット上で見つけましたので以下に貼り付けておきます。食事の時や睡眠時など、同じ牌子でも用途に合わせて変化させていたのかもしれません。それでこの録音は1つの例程度に理解するのが正しいように思います。

 パスワードが要求される場合は、録音のページに書いてありますので参照して下さい。

宫门大开  歌舞升平  春到御花园  烛影摇红  饮宴曲  宫怨  天子庆寿  紫云青峰  浪淘沙  乌江渡  天心顺  姑嫂拜月  冬来  水龙吟




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂