舞踊音楽について - 二胡弦堂

 


 音楽には舞踊の伴奏曲として作曲されているものがあります。それらの作品を演奏する場合は舞踊曲であることを踏まえている必要があるのでしょうけれども、それは何か掴みどころのないもののような気もします。その理由はおそらくリズム主体のものが多いからかもしれません。簡単なようですが、意外とそうでもないというところがあります。また演奏に舞踊が合わせることが多いということもあります。演奏の方が主観的に決めてしまいやすい傾向があるということです。そのためかバレエでは舞踊からのオーケストラへの要求が厳しいらしく、やはり呼吸感のようなものを共有できない、極端な言い方で表現するとすれば無神経な演奏では全く踊れないのではないかと思います。どんなものでも舞踊の方からはそれなりの要求は常にある筈ですが、演奏家が舞踊も嗜んでいない限り、共通のものを見出すのはそれほど簡単ではないのかもしれません。

 お写真はエジプトの伝説的ダンサー サミア・ガマルさんです。

 本稿を見られている方で舞踊の伴奏というのはそれほどおられないと思いますが、公の場での演奏で舞踊曲をやるということならあるかもしれません。踊る人がいないので好きなようにやっても問題はないのですが、それでも素養としてある程度わかっておきたいということもあるかもしれません。しかしこれはそんなに簡単なことではありません。音楽は100年以上前から録音があり、楽譜なら数千年の歴史があります。しかし舞踊にはありません。記録が容易に残せるようになってきたのはスティーブ・ジョブス以降ですから最近のことです。失われた舞踊は数多くあります。ですから舞踊を理解するのは音楽とは違う難しさがあります。

 中国の舞踊は21世紀に入ってからニューヨークで復興の努力がなされてきて、中国舞踊というものが確立されていますが、純粋な中国の古典ではありません。古典として残っているのは主に武術です。カンフーや太極拳として残っています。しかしこれらと音楽との関係は希薄です。

 世界に目を向けるとワルツ、タンゴ、サンバ、最近?のヒップホップ、社交ダンスなどいろいろあります。いずれも音楽がまずあって、それに合わせるようなものです。芸術的に高度なものというとフランス発祥のバレエか、アルゼンチン・タンゴではないかと思います。バレエ曲というのはそんなに演奏しないのではないでしょうか。タンゴは軽音楽としての扱いであればありそうです。本稿の趣旨は舞踊の観点から音楽を観るということですが、これは実際にやっていないと体感でわからないものです。見ているだけでは本当の意味で理解するのは難しいでしょう。しかし舞踊というのは相当鍛錬の要ることなので安易に体感できるものではありません。そこで仮想的にではありますが、舞踊への理解を深めたいということで、1つ動画を探してきました。全然見たことがないよりはわかるようになるのではないかと思ってのことでした。

 これは公共の場での路上パフォーマンスに見えますが、動画をアップした人の注記によるとレッスンだったとのことで、見ている人たちのほとんどは生徒のようです。タンゴの基本的なステップを使って1曲仕上げています。タンゴは即興と振り付けがあります。振り付けは前もって練り上げたパフォーマンスと言えるもので、伝統的には即興で踊られます。通常、男女で踊られますが、意志を合わせていないと二人で合わせるのは不可能です。男性が組み立て、女性が合わせます。基本技法のみ、即興、芸術性のどれも満たしている動画はこれだけしか見つかりませんでした。ロベルト・エレーラさんはブエノスアイレスの有名楽団のプリンシパルを歴任された有名な方で、ローラ・レガスクエさんとは長年やっていてYouTubeにも多数の動画があります。

0:00 カミナータ  Caminata  まず「歩く」
0:02 レボーテ   Rebote   跳ね返るように戻って左に展開
0:06 ケブラーダ  Quebrada  「渓谷」の意。沈める
0:09 パラーダ   Parada   止める
0:11 パサーダ   Pasada   跨ぐ
0:15 アマゲス   Amagues  足を上げる
0:15 バイベン   Vaiven   往復
0:15 ラピス    Lapiz   「鉛筆」の意。半円で床を掃く
0:18 クニータ   Cunita   揺れる
0:22 レソルシオン Resolucion  前に出て横に動いて止める基本動作
0:28 オーチョ   Ocho    8字を描く動き
0:28 ゴルペシート Golpecito  タップ
0:29 ヒーロ    Giro    回転(女性)
0:29 エンロスケ  Enrosque  回転(男性)
0:35 ビボット   Pivote   腰の下を回転
0:45 ラピス    Lapiz    0:49からと2回に分けている。女性の方は2回を1回で組み立てると想像したので体勢が少し崩れている
0:59 サカーダ   Sacada   出された足を躱す
1:16 モリネーテ  Molinete  コーヒーの「ミル」の意
1:33 ヒーロ    Giro    0:29のヒーロも含めて男性の回転の表情が細かく違う点に注意。同じ回転はない
1:50 パラーダ   Parada   止める
1:51 サングチート Sanguchito  「サンドイッチ」の意。両足で挟む
1:56 パサーダ   Pasada   0:11とは逆
1:57 ゆっくりしたオーチョからヒーロへ速度を増す
2:12 ボルカーダ  Volcada  女性が上半身を預ける
2:18 カレシータ  Calesita  「回転木馬」の意。女性を回転させる
2:24 レボーテ   Rebote   0:02と同じ
2:35 モリネーテ  Molinete  2回目
2:38 バリーダ   Barrida   相手の足を払う
2:48 パターダ   Patada   相手の足の間に入れる
2:52 ティヘラ   Tijera   ハサミのようなジャンプ
2:54 ボレオ    Boleo   「鞭」の意。後ろに跳ね上げる。これを相手の足に絡めるガンチョ Gancho(「鍵」の意)もある
3:02 アブラッソ  Abrazo   抱擁。しかしタンゴのアブラッソは組み方を指し抱擁とは異なる

 歩く、回転するといった基本動作においても、それが音楽に適ったものとするのであれば、移ろい、変化はあります。表現が平板な音楽、無表情な音楽では、舞踊で表現できるものも限定的になります。映画音楽の場合は先に映像があってそれに音楽を合わせますが、舞踊はまず音楽があります。それでも舞踊で表現されるものを踏まえていなければ、何か違った感じを与える音楽になってしまいます。スペイン語表記での名称も書いてありますが(ネットで動画も含めてやり方などの説明が出ると思います)、これらの技法が美しいとされ、その他の舞踊においても体を使うものである以上、大きな違いはない筈です。演奏の方でも舞踊でこういう体の使い方をすることは踏まえておく必要があります。

 舞踊において、おそらく最も重要なのは回転です。バレエも見どころは回転で、それを中心に組み立てます。フィギュアスケートも回転が重要です。体操、新体操、何でもそうです。なぜなのでしょう? わかりません。大技は回転です。鑑賞価値があるのも回転なのです。回転にこそ美が詰まっているのです。もし回転を省けばどうなのでしょう? 大きな喪失感があるでしょうね。人間はクルクル回ったら美しいのですか? そのようです。不思議なものです。回るというのは夢があるのでしょう。メリーゴーランドは直進だったらいけないのでしょうか。陸上トラックのように回るものも作られたことがあるようです。土地の活用を考えてのことかもしれません。しかしトラックでは直進中心で、回るというより迂回してまた直進というイメージです。直進は戦う印象になります。理由はともかく大不振となったのでまもなく姿を消したようです。上下しながら直進する樹脂製の馬たちに人々が違和感を感じたのでしょうね。ディズニーに行ってアトラクションに乗ります。肝心な部分に差し掛かると突然大きく曲がり、何かを予感させます。この演出がキモだったりします。回転は人を惹きつけます。回転を意識した演奏、これが舞曲演奏の本質なのではないか、回転を如何に美しく描くか、これに尽きるのではないかと最近思うようになってきました。バッハの作品には舞曲様式が指定されているものが少なくありません。肝心の舞踊がどういうものかはっきりしないものもあるのですが、回転していたであろう前提で見るとわかりやすくなるかもしれません。

 この動画で使われているのはフランシスコ・カナロ Francisco Canaro作曲のInvierno(冬)という作品で、YouTubeには自作自演もあります。非常に官能的な演奏です。この曲を使って他のダンサーが踊っているものもあるので比較してみてください。動画サイトに上げられているぐらいなので優秀なものが多いですが、ロベルト・エレーラほどのものはありません。しかも振り付けばかりで即興はありません。比較すると舞踊で要求される表現力がわかりやすいと思います。カナロの演奏を使ったものは見当たりません。音楽にこれだけ力があったら舞踊が負けるのではないかと思います。もしかすると舞踊の表現というのは音楽より難しいのかもしれません。

 ロベルト・エレーラのものは教育目的の見本だったようですが、それではサロンで普通に踊る場合はどうなのでしょうか。あらゆる技法を織り込むというようなことはせず、もっと自由に表現する筈です。そこで次の動画なのですが、2004年ブエノスアイレスのサンダーランド・クラブでの映像です。

 カルロス・ガビート氏に関係する何らかのパーティが開かれたようで、最初に中央で少し痩せた男性が映っていますがこの人です。ガンで痩せたので退院祝いかもしれません。その後、広間中央にご婦人が登場します。「タンゴの母」と言われるマリア・ニエベス女史です。そして4名の有名舞踊家と交代で踊ります。3人目がガビート氏です。前もって振り付けはやっていません。特に注目は一人目のハビエル・ロドリゲス Javier Rodriguez氏ですが、ほとんど歩いているだけです。それでこれだけ華があるというのは凄いものです。ニエベス女史は普通に歩いていたらおばあちゃんなのですが、踊ったら若い人よりはるかにエレガントです。不思議なものです。ガビート氏についても、止まっている時間が長い独特の芸風ですが、止まっていることが不自然に映らない、これにも対応するニエベス女史の懐の深さには驚かされます。こういうものを見ると演奏の方もどうあるべきなのか示唆するように感じられます。

 フラメンコは一人で踊りますが、その技法を確立したカルメン・アマヤの映像がまだ残っています。これほど情熱的な舞踊を支える音楽にもまた情熱が求められることがわかります。