中国の雰囲気が漂うような二胡演奏ができるようになるには、中国で学ばなければなりませんか? - 二胡弦堂


中国の店頭の置物  よく、日本で学んだ人と、中国帰りの人は演奏の雰囲気が違うという人がいます。日本にも中国の老師が多数来日していますので、明確な差が出るとすれば不思議な話ですが、実際そういうことはあるようです。推測ですが、中国人の先生方は日本の習慣に合わせ、日本の生徒の好みの事柄を教えようとするだろうと思います。しかし、中国在住の先生は、そういうことはしません。他にも色んな要素があるのかもしれません。

 中国でレッスンできるなら、とても素晴らしいことです。すでに現地の事情に詳しい知り合いがいるなら、その人にいい先生を紹介してもらうことができますし、日本の中国人の先生に紹介してもらう人もいます。もし、何もコネがなければ、音楽院に留学してみることもできます。支払いさえきちんとすれば、入るのは難しくありません。入学試験もありません。(一応、水準を調べるようなことは、もちろんあります。)現地日本語フリーペーパーは多数あり、日本人がうろうろしそうなところに置いてあります。これで探した現地の日本人サークルに行き、聞いてみることもできるかもしれません。サークルは、北京、上海なら多数あります。

 様々なしがらみのため、日本から離れられない方は多いと思います。この場合の特効薬的な中国風センスを身につける学習方法は、普段から、京劇の旦(女形)の歌唱を聴くことです。楽器は、時代によって発展し、それぞれの過程においてその演奏法は互いに影響を与えつつ洗練されていきました。腔(歌唱)と絲(弦楽器)も同様で、似たところのある両者は共に発展したと言ってもいいのかもしれません。二胡と旦は、特に個性が近いので、とても参考になると思います。特に、程硯秋が良い、という話を聞いたことがあります。闵惠芬は、多くの戯劇を学んできたことで知られていますが、彼女の意見では最も重要なのは、黄梅戏だということです。

 しかし私個人の見解では、これは中国人の学習法なので、日本人の場合はもっと原点から学んで、古琴に移った方がいいように思います。中国の様々な演奏法の発祥は古琴なので、これは特に一通り聴いておいて知っている方が良いと思います。

 これらは、録音の項に置いてあります。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂