文化と業界 - 二胡弦堂

 


 こういう言い方をすると反発があるかもしれませんが、二胡を文化と捉えてやっている人はほとんどいません。問題があると言いたいわけではありません。また中国人と日本人の二胡に対する概念も異なります。演奏活動をする場合、社会が音楽をどう見ているかについての理解も必要です。世の中の仕組みを素早く嗅ぎ取って、巧みに生きていく強かな方もおられると思いますが、そうでない方にはよくわからないこともあると思います。そこで本稿では社会面について、耳障りの良くない話もあるかと思いますが、解説を試みたいと思います。

 中国の話は必要ないかもしれませんが、一応理解しておいた方がいいかもしれない、この点、日本と中国は音楽を取り巻く環境が特殊なので、どういうことになっているのか、まず大陸の方からご説明することにします。誰でもいいですが、ある日本人が大陸に行って二胡をやるとします。どうして二胡をやりますか。一番多い理由が趣味です。何の問題もないように見える、しかし中国人は理解できません。当惑します。「趣味? どういうこと? 食っていけるの?」と言います。ということは、彼らは生活のために楽器を手にしているのです。それ以外の選択肢はありません。幼い天才たちが音大の付属中に集められて英才教育を受けます。しかし上に上がれるのは一部の生徒のみです。残った子供は寮を出て実家に帰らねばなりません。それで集団自殺などが報道されたりします。命がけでやっているのに、島から来た連中が趣味? 絶句する人が結構います。好きか嫌いかではなく、能力がありそうだったらそこを延ばします。どうしてこんな風になってしまっているのでしょうか。我々は周小梅が民族音楽の復興のために尽力し、その弟子の劉天華が如何に苦労したかという話を知っています。どうして苦労したのでしょうか。西太后が欧米日列強に遅れを取った、それは近代化が遅れたから、伝統に固執し前に進まなかったからだと、そのように考えられています。一方、日本は明治維新で西洋文化を取り入れ成功しました。民主化(共産主義は民主主義の一形態、また孫文による国民党もあった)に向かう中で早く強国になりたい願望が抑えきれず、急速に伝統を放棄する流れが生じました。これは文化大革命の伏線ともなりました。文革では伝統はすべて否定されました。新しいものを作り上げて前進するつもりが、そんなに簡単なことではなく、伝統の焼き直しに過ぎない中途半端なものが生み出されてしまい、そういうものが文化として人民の意識の中に定着しました。この経緯の延長で、二胡の西洋化というものがあります。これがどれぐらい奇妙なのか、三味線をギターと同じぐらいの国際的な地位に押し上げたいという人がいたらどう思いますか。変な話ですが、歴史を俯瞰すると中国人がそれでも西洋化に向かいたい気持ちがわかるような気がします。愛すべき対象にはなっていないように見えます。伝統文化嫌いが否応なく加速させられる、それぐらいの状況だということです。それでどうしろと? いや、何もありません。本論は日本の方に言及したいので、その前に中国の置かれた特殊な状況をご説明しただけです。

 日本は伝統文化が残されています。しかし国民生活に近い存在とは言い難いものがあります。その分断は大戦によって齎された痛ましい傷です。現代日本の音楽界とは何なのでしょうか。すでに報道などもされているのでご存知だと思いますが、芸能界とかテレビとか、その周辺の興行は反社会勢力が支配しています。朝鮮半島にルーツを持つ人々が使われていますが、そのシステムを作ったのは日本人です。戦後体制に関係するかなり政治的な事情でそのようになっています。しかし世界の政治体制の変革期にあって、彼らの存続は危うくなってきています。広告代理店であるとか芸能事務所などの強大な権力に対する風当たりが強まっています。彼らよりもっと強いところが攻撃して内情が暴かれるようになっています。ここで注目したいのは戦後の芸能業界です。主に米国からの、最初は映画の輸入から始まり、やがて音楽も影響下になりました。いつの間にか「邦楽」という言葉が米音楽の焼き直しを指すようになっていました。ですから、邦楽は何ら伝統の上には立脚しておらず、結局は大衆消費財以上のものにはなっていません。このようなものを作り上げるのに、伝統がない朝鮮人が使われました。朝鮮は日本占領まで平屋の掘っ立て小屋しかなかった朝貢国で、日本によって近代化したところです。日本に対し幾ばくかの距離を置いていた人たちによってプロデュースされたものでした。重ねて申し上げますが、これは何が正しいか間違いかを明らかにするものではありません。何十年も前からの事柄に白黒つけてもしょうがない、朝鮮批判に繋がらないようにしてもらいたい、そもそも今生きる人達に何の責任もありません。ただ、戦後の音楽業界はそのように作られてきたものだということです。

 伝統の重みは一切ない、そういうものを持っていない人たちによって作られたのだから、ルックスさえよければ、プロデュースさえされていれば、歌がとてもとても下手でも売れます。何で流行るのか、全く理解できないものは幾らでもあります。流行っていないが流行っていることになっているものも多数あります。一方、日本のクラシック業界は外国からの輸入であるのは同じながら、戦前からあるし、ほとんど関係していません。ですから、音楽をやったら全部芸能界というわけではありません。しかし何らかの抵触は有り得ます。例えば、CDの販売などは芸能側の支配範囲だし、コンサートをやるということで企画運営広告をそれぞれ専門の会社に頼めば全部そうです。特に問題はないと思いますが、そういうシステムということです。

 このような経緯で日本は文化難民化しています。拠って立つ土台を失っています。それが理由なのか、何かを探し求める旅に出ているのか、世界のあらゆるものがあって音楽もそうです。世界のどこかの音楽の専門家が必ず日本には存在するという驚くべき状況です。二胡を使ってどうするのかというやり方はいろいろあるのでしょうけれども、1つとしてライトミュージック的に提供するという方法が、日本だけは成立します。戦後そういう方法論でやってきましたので、そういう土壌ができているからです。そこからは、地に足をつけて中国文化を中心にやっていこうという考えは出てきません。例えば洋楽と言われるもの、ほとんど米国のものですが、これも本格的に輸入はされていません。ですから本物を聴きたいマニアは邦楽など聞かない、洋楽しか聞かないと言われています。表面だけ輸入するか、中身を商業面に基づいて入れ替えます。本質はどうでも良い、そこは重要ではないという概念が中心です。その世界に生きていると、社会の変化とか何かの都合で急に利用されてブレイクがあります。エントリーしておいて待ちに徹するようなスタイルになります。世界情勢の変化で親中に舵を切ったら我々は英雄になるかもしれない、顔が良かったら有力者と親しかったら二胡が下手でもブレイクはあります。音程などデジタルで修正できるわけですから問題になりません。

 こういうのは関心しないという方も少なくないでしょうが、娯楽と思えば全然問題ないと思いますね。「癒し」という言葉が好きな方も多いですね。ライトに楽しんだら良い感じもまたこれも1つでしょう。それで、ここに来て何でこういうことを言い出したかと言うと、このシステムが徐々に過去のものになりつつあるからです。成功しているうちは結構だと思うのです。社会の人が楽しんでいるわけですから、それで何も問題はありません。しかし皆さんも御存知のように音楽は売れなくなっています。ネット時代だから? おそらく違うと思います。テレビでも音楽番組はなくなってきているようですね。テレビもネットと同じく無料ですから。しかもテレビはわかりやすく紹介しますが、ネットはその点劣ります。ネットの動画コンテンツも元はテレビだったりしますし。だけど本質的に人々が音楽から離れているわけではないでしょう。もう自分で選んで自分で聴くようになっているのです。テレビとか、広告、芸能界の話に耳を傾けなくなってきています。彼らが何かの音楽のファンになったら、コアな支持者となります。そういう人々で細分化され、皆さんがそれぞれとなり、趣味の合う人だけで集まります。その方がおもしろくなってきています。

 これは過去のライト路線に早く見切りをつけ、自力をつけなさいとお勧めするものでもありません。ライト路線もいいんじゃないですか。たまには。しかしますます以前よりも自力が求められるようになってきているのは確かです。演奏会とか開くと聴衆は年配者が多くないですか。過去に生きてきた人たちだから過去の原則で行動しているのです。こういう事を言うと怒る人もいると思うのですが、そういう時代も過去にあって、それはそれでいいと思うのです。彼らは現状必要なパトロンですしね。若い層はファンになっていないと来ないかもしれませんね。最初に中国の状況をお話しましたけれども、これはどうしたらいいかわからない、お手上げです。かなり大変だと思います。対して日本は変わっていくというだけで、手段がないということはないでしょう。国民として文化の土台が確立されるのではなく、コミュニティ社会になっていきます。業界が土台を与えなかったので、彼らは探し求め、そして見出すでしょう。儲かる儲からない系の仕掛けられたビジネスに右を向いたり左を向いたりしなくなります。その時に、演奏家としてどういうものを提供できるのかを考えることになりそうです。そのためには多くの音楽を聴いている必要があります。幸いネット時代なので聴けない音楽はほとんどない恵まれた環境にあると思います。