盲人演奏家について。 - 二胡弦堂


 オリエントの浮き彫りをつぶさに観察した考古学者たちは、古代ペルシャ帝国の宮廷楽師たちが皆、1つの特徴を持っていることに気がつきました。それは、すべての演奏家の「目が潰されている」ということでした。どうしてこんな野蛮なことをするのでしょうか。病気のために自然に視力を失っていった宮城道雄は「それから、十歳から十一歳の頃に、眼が全く見えなくなってから、箏の音色がほんとうに分かってきたようにおぼえている」と言っています(「五十年をかえりみて」から抜粋)。なんとか努力すれば、視力を失わなくても音色がわかるようにならないでしょうか。盲人のように音色を"見る"のは盲人にしか無理であるらしい、と感じられるのは、盲人によって作曲された二胡の諸作品、さらに街中で見かけられる盲人演奏家の演奏を聴いた時です。ああいったものは健常者の発想では難しい、そこで家の近くの地下鉄の登り切ったところでいつも演奏しているお父さんに「先生! 一時間50元でどうでしょうか」と言いました。盲人は小さな声で「自分は教えられない」と言いました。「80元でどうでしょうか!」と言うと近くで見ていたおばちゃんが来て「帰れ」と言いました。おばちゃんのお茶を濁したような曖昧な説明をわかりやすくするとつまりこれは盲人ビジネスで、やくざが縄張りを決めて盲人を演奏させているのです。場所とやくざが雇った見張り兼用心棒をあてがい、あちこちで稼いでいるから北京は盲人演奏家がすごく多いのです。地下鉄車内でもどんどんやってきます。だけど帰れと言われるので習うのは諦めました。ところで、盲人ではなく健常者を使えば、見張りと護衛は要らないのではないでしょうか。しかし護衛にギャラをやっても盲人の方が稼ぐのであれば話は別です。はっきり言って、これだけ盲人演奏家が多いと、盲人というだけでお涙頂戴的に収益を上げるのは無理です。それでも盲人が主力です。それは盲人にしかない説得力が演奏に備わっているからだと思います。そこでさらに考えたのは「その盲人演奏家を養成するキャンプがある筈」というもので、そうなってくるとそこに入りたいと思うのは当然のことなのです。ところがそういうところは奴隷的に管理しているので簡単に実態を明せません。盲人と演奏というキーワードを繋げるだけで、古代ペルシャから現代北京まである意味すごい世界ですが、眼が見えないことで見えてくる別のものの価値というのはそれだけ大きな力があるということなのです。

 「盲人」というと演奏家というよりまずは「乞食」を連想します。乞食兼演奏家というのが多いです。そうでなければ中国医学按摩師というのも多いです。こちらは路上でやっているのは稀です。乞食兼演奏家というとアービンです。非常に有名な演奏家だったことで50年に録音収録がなされ、それによって二胡の作品は計3曲残されました。「二泉映月」「听松」「寒春風曲」です。これらの作品についてはネットで中国語であれば結構説明が出てきますが、いずれも共通項があります。「社会の腐敗が創作の動機になった」というものです。本当でしょうか。本人はそんなことは言っていないのに勝手に言ってもいいのでしょうか。本人が世の腐敗に反発を抱いていて、そのために暴徒に襲われて演奏しなくなったのは確かのようですが、それでこれらの作品を作ったのであれば演奏活動はやめていなかったと思います。そしてしばらくして二胡作品としてはこの3曲を録音することになったわけですが、レコードを販売して公開することが前提になっていたようなので、反社会的な内容は扱わない筈です。アービンが不満を持っていたのはそもそも社会でなく一部の腐敗分子だったから、それが社会への反発に繋がっていたかどうかわからないし、もし強い不満があって作曲したのだったらその作品の演奏をやめたのは不思議な気はするし、特権階級の天津からきた大学教授らに自分の演奏は録音させないし会話もろくにしなかったと思います。気前よくいろいろ話したらしいので、意固地になっていたという感じではなかったと思います。しかも気が進まないのに次回の録音まで約束していたと言います。かなり不自然です。録音は特にやりたいと思っていないのに説得されてやりましょうかということになったということは関係がある程度良かったということになります。だけど別の問題としてアービンの諸作品を出版するとなったらどうでしょうか、党の革命思想に則った作品ということで闘争をテーマにすると余裕で許可が出ます。賄賂等のリスクもある中で当局の許可を得ようと思えば、闘争持ち出しは名案なのです。そういった機転で現代の我々は優れた作品に接することができています。仏さんには少しの失礼を詫びつつ、闘争した人ということにさせて貰っているんです。アービンは闘争をやめた人であって、実際闘争していたのはどちらかというと出版してそう書いた人たち自身だったのです。中国はまだ腐敗闘争しているらしいのですが、日本人には関係ないので勝手にやらせておいて、ここら辺でいい加減、まともな考察をしてもいいのではないかと思います。

 まず二泉映月は「泉の曲」です。故郷の泉の曲です。敵地じゃないんです。愛する故郷の泉なんです。かつて茶道を追求していた富豪が道楽でうまい水を探し回ってここが天下で第二であると認定した泉なのです。社会に不満を持っていてそういうものを題材にしますか。天下第一泉ではなく、故郷にあった愛するこの泉に曲を書いて捧げたのです。彼にとって無錫にあるこの泉こそ愛すべきものだったのです。听松はどうでしょうか。南宋時代の将軍が異民族を退けたという古代の戦いを題材にしています。南宋とはつまり故郷です。我らが漢民族が野蛮人を撃退したことを賛美する曲なのです。自分のところに不満をぶつけるどころか賛美しているのです。その後この異民族が日本を表しているとされたりしていましたが、それだったらアービンが迫害されて演奏をやめたのは不自然です。むしろ賛美されていた筈です。異民族の表すものが一部の中国人であれば辻褄は合いますが。寒春風曲、寒い風はつらいものですが、それが真冬ではなく春の息吹が感じられる頃であればどうでしょうか。社会への不満を表現するのに春はおかしいね。中国人の考察はまことにミステリアスであるけれど、アービンはわからない存在ではありません。変な考察に騙されるからアービンは理解しにくいという人がたくさん出てくるんです。だけど最初は騙す気はなかったんです。仏さんには失礼を承知しながら、偉大な作品を世に広めるために涙をこらえただけなのです。そこのところをくみ取らなければ、最初に出版に骨折った先生方にも失礼です。

 盲人という立場の人が社会にいて、ある人は健常者とは違う感覚で音楽をやっていたりします。そこに奇妙な偏見を混ぜてはいけない、そういった偏見は社会の中で結構あります。盲人を単に他の人とは違うと見るのは偏見になるかもしれないし、我々と同じだと考えるのも偏見かもしれません。違うものは違うでいいのではないかと思いますが、盲人は眼が見えないがそれ以外は変わらない、しかし眼が見えないことで別のものが見えている、それが芸術作品に表れた時に強い求心力が備わっている、といった要素があるということになります。盲人というと中国音楽ではそれだけで1つのカテゴリという感じもします。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂