自分には深遠な中国曲を演奏する資格がありません。 - 二胡弦堂


 ああそうですか。それは誰かからあなたの演奏は中身がないと言われたからですか。そして彼はあなたの進歩のためにすぐさま iTunesを起動してアービンの演奏を流しては、演奏の素晴らしさをほめちぎったのですか・・。

 皆さんはこれを読んで「この男は小人だな」と思って苦笑したか、女性であればこういう「最低の男」にビンタしてやろうかと思ったに違いありません(これぐらい覇気があったら大物になれるんでは?)。或いは、おもしろくなさ過ぎた落語のネタと勘違いして呆れたかもしれません。従って結論を急ぐと、誰かがあなたの演奏を批判しても気にする必要はありません。むしろ、大物は上記の彼とは逆の行動をとるものです。もし立派な人物にあなたの名演を聴かせていれば「素晴らしい演奏をありがとう」と言われていた筈なので、あなたはとてもかわいそうです。

 人は年齢を重ねたりいろんな経験を積むことで作品を生み出したり、他者の作品をより深く理解できるようになります。ここでは「人間は歳を取るほど強欲になって金に執着したりする愚かな生き物だから、それだったら若い方がまし」などといったネガティブなことは考えません。皆さん、上手に歳を重ねることができる、歳を重ねてもより本質的に美しくなれるという前提にたつと、若いうちには演奏すべきでない作品があるかもしれないという意見が出てくることがあります。

 ハプスブルグ帝国が滅びた後、1920年からウィーンの宮廷歌劇場は改組され国立歌劇場 Wiener Staatsoperとして活動していました。30年代に入る頃になるとコンチェルトマイスター(楽団首席奏者)4名の内、3名に18~19歳の若い奏者を使うようになりました。低迷してきたので若い演奏家の発掘に乗り出したのでしょうか。とんでもありません! ウィーンは19世紀末より鬼才グスタフ・マーラー Gustav Mahlerを起用して欧州全土に衝撃をもたらし、20世紀以降もブルーノ・ワルター Bruno Walter、フェリックス・ワインガルトナー Felix Weingartner、リヒャルト・シュトラウス Richard Straussといった巨人たちを総監督や楽長に据え、圧倒的な質と権威で眩い程の輝きを誇っていたのです。余裕の圧勝で若い人を使うゆとり教育が可能だったのでしょうか。いやいや、それどころかウィーンの30年代は今でも"黄金時代"とみなされ、記録されている眩いサウンドは天国の響きとさえ言われているのです。間違っても「ゆとり時代」ではなかったのは確実です。演奏する作品には難解なものも多いわけですから、ただテクニックがあるだけの若い人に首席を委ねるのは質を損なうことにならないでしょうか。ところが結果は逆なのです。どうしてでしょうか。2つの要因があると思います。1つは誰が若い人を首席に任命したかということと関係があります。監督や楽長の采配も決定に影響がありますが何といっても楽団員の後押しがないと首席に就くのは困難です。経験のあるベテラン団員たちが席を譲ったのでなければ実現は難しい話です。しかも3席も若い人に当てています。これだけでこの楽団がどんな職場だったのかわかるような気がします。当時の映像を見ると確かに子供が一番前に座っている様子がわかります。大人たちに見守られながら成長を期待されていた様子が伺えます。18,19歳だと未成年ですが子供ではありません。それでもバックの風格と威圧感が半端ないので青年だと子供に見えるのです。達人ばかりの楽団だったからこういうことが可能だったのでしょう。そしてこの楽団は以降、30年代の輝かしい水準に戻ることはありませんでした。ナチスによるユダヤ人迫害で多くの団員が追われたからでした。2つ目の要素は、彼らの指揮台には名だたる巨匠たちが招かれていたということです。楽団は彼らの指導を受けますので、首席奏者は常に欧州最高の音楽家を手が届くような範囲に置いて仕事をすることになります。首席奏者は若くて人生経験がありませんが、老人たちは彼らに多くのことを教えることができました。老人らはより質の高い仕事を求めるために首席の交代を求めることはなかったのでしょうか。それでは最初のコントをもう一回見てみて下さい。一流の演奏家でこういう人はいません。彼らは若い奏者からも最良の演奏を引き出すことができました。より哲学的な内容の作品でも大丈夫だったのでしょうか。そうです。「知っている」ということはまさにこういうことなのです。「あなたにはまだ早い」「あなたには無理」といったようなことが言われることはありませんでした。彼ら若い奏者たちはこの頃に多くを学んだに違いありません。彼らは後に偉大なバイオリニストに成長しました。

 もし今の皆さんがやる前から「無理」「若過ぎる」などと言われるのであれば、それはあなたの周囲のレベルがその程度ということを示しているのであって、あなたの水準は関係ありません。音大のマスタークラスはどういう人が受講しますか。20歳前後の若い人です。誰から受講しますか。その時の有名な演奏家が教授になったり特別講師になったりします。若い学生には身の丈に合った作品をあてがうため、年齢を重ねないと理解できないと思われる作品は避けますか。そんな話は聞いたことがないですね。そもそもそういう概念自体がありません。低い環境に身を置いていれば「無理」と言われるリスクが高まります。それはしょうがないです。教えられる優秀な教師が簡単に獲得できるなら世の音大は高額のギャラで有名人を招きませんから。老師から「あなたには無理」と言われたら当面どうしようもないですね。弦堂店主は二胡を始めた時にはすでに北京に住んでいましたので、そもそもこういう問題があるということ自体全く知らず、大陸では自分で「ちょっとこれは難しいかな」ということはあるにしても老師も含めて他人から「あなたは無理」と何かを手がける前に事前に宣告されることはないです。すべての老師が有名とか優秀ということはないですが、それでも本稿の問題自体が発生することはないです。どんな曲でも演奏されています。あなたがもし真面目に本稿を読まねばならなくてここにいるのであれば、あなたはとてもかわいそうな人です。ご自分の周囲の環境は簡単に変えられないかもしれませんが、一応把握しておけば、変化できるチャンスがあれば掴む機会を逃すことはないと思います。

 改めて最初の質問に戻りますが「自分には深遠な中国曲を演奏する資格がありません」この資格を満たすにはどうしたらいいのでしょうか。"深遠な曲"を演奏するためには"深遠な教授"を賜る必要があるということになるので、学習環境が悪かったらあなたは演奏する資格がないという穴にハマっているという仮定は一理あります。自力で何とかできないとか気力もそこまでないし、という場合はそうなのかもしれません。穴にハマっているからといって、別にそこから抜け出さなくても人生困らないし、それなりに幸福に生きていけるわけだから今のままでいいんじゃないかと思うのだったら、何で自分に資格があるのかどうかという難しいことを一々考えるのかということになってきてどうでもよくなります。穴から出たいから、そういうことを考えるのですから、這い出さないとおかしいでしょうね。努力もしないのにできないことを言うのはただの気難しい文句タレになってしまいます。だけど、上が見えている、ということ自体が才能だと言われます。人間は実際より自分が立派に見える愚かな生き物だから、すごく楽に満足に至ろうとします。だから自分に欠けたもっと上が明確に見えているということはすごく簡単なようで難しいことです。簡単に見えること程、難しいものはありません。元来、他人の欠点は簡単に見えるのに自分のは見えにくいので老師を必要とするわけですから。老師に言われないのに上が見えていたら天才性があるということになるのです。そしてその"上"というのは結局、上ではなくて低いところに行くことにほかならないということが分かる時があります。自分で上に行こうとすると行かないのですから。哲学みたいですね。深遠ですね。深遠な中国曲? それほど思った程は難しくないのかもしれません。歳を取っても駄目な人間は駄目だし、若くても立派な人はいます。では、しっかり頑張って下さい。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂