二胡の音程はどのように合わせますか? - 二胡弦堂


二胡は時計のように正確に音程を合わせるべきか?  内弦をD(レ)、外弦をA(ラ)に合わせます。しかしかつては正確に決まっておらず、奏者によって、或いは演奏するその時々によって音程が違っていたようです。それは二胡が伴奏楽器であったことと関係があるとされ、歌手に合わせてピッチを変えていたためだったようです。京胡は今でも音程を自由に変動させて演奏されているだけでなく、楽器の大きさも大小様々、一律に規格が決まっていません。

 それでも両弦の音程が完全5度というのはほぼ決まっており、地方によって4度に合わせる場合や特殊な作品を除いて、必ず5度に合わせます。

 西洋音楽でも平均律を導入するまでは比較的規模の大きい複音楽は少なく、その頃の音の基準は東洋と同様バラバラだったようです。欧州では音の高さをHz(ヘルツ)で表し、教科書的にはA=440Hzが標準ですが、これより高かったりもっと低い場合もあって混在していたとされています。その後、バロック時代には415Hzが標準として定着したようで、時代が下るに従って徐々にピッチが上がっていったと言われています。この現象について、弦楽器制作家フィリップ・クイケンによると、他人を上回りたいという人間の本能的欲求がそのような変化を生み出したとのことで、複数で演奏するときに他人より大きな音であるとかピッチが高いと優越感があり、その逆は劣等感を感じさせるので、人間の自然な欲求のままに楽器や音程が変化していった、しかしある一定のところまで上昇したらまた大きく戻すような反動もあったと分析しています。今日の西洋商業音楽の場合は、442Hzが標準と高止まりしていますが、これは弦楽器の張力の限界を考慮して設定されており、もっと高いピッチも試されることがあります。これらの変化は、音楽をどのように聴かせるかということと設定ピッチに関連性があることを示しているように見えます。
 二胡の弦をあまり硬く張ると寿命が短くなる心配があるので、せいぜい440Hzぐらいに止めて普段はこれで演奏するとしても、演奏する作品の表現を追究する時に場合によっては音程を上下に変化させることも検討することができます。

 A=440Hzとされたのは1939年に開かれた国際会議でのことで米国主導で決められたとされています。しかしナチスドイツは基準音程が人に及ぼす影響を詳細に研究していたとされ、その研究によると標準ピッチはA=432Hzでした。これは水を打って波を起こした時の波動と同じと言われ、自然界のあらゆるものがこの波動を持っているがゆえ、人間の聴覚にとって最もナチュラル、安心感を与えるピッチだとされています。そうであるがゆえに米国のアグレッシブな音楽には合わないようで、こういったことは楽曲それぞれに対しどの基準ピッチを採用するかということに何らかの示唆を与えるものと見做すことができます。合奏の場合はピッチを変えられない楽器もありますので、曲毎に変化をつけていくということは難しいしあまり変えると統一感も失いますので、あらかじめ楽団で標準ピッチを決めている場合があります。その場合、音程が変えられない楽器は特注します。アマチュアでもこういうことをやっている楽団はあります。

 中国音楽は楽譜に指定がある場合があります。劉天華編曲による「漢宮秋月」は、開放弦をAE(或いはこれより半音高く)に合わせます。そうしますと弦の張力が下がるので、標準ピッチを動かした時のような効果にもう少し味を加えることができます。かつて西洋のルネサンス・バロック期は明確に標準ピッチが決まっていなかったということで、演奏者が自由に設定できるものでした。演奏者は作品を見て、どのピッチで演奏するかを決定することも腕の見せ所だったのではないかと考えられています。ほんの少し移動するだけで、他の演奏とは雰囲気がまるで違ってきます。中国の戯劇でも同様で、歌い手がピッチを決め、琴がそれに合わせる、そのため今でも大小微妙に異なる様々な京胡が売られており、規格が一定していません。現代でも同じような試みはできるかもしれません。


パソコンにマイクがあれば使えるチューナーがあります。

   Mac OSX版             Windows版(たくさんあります)




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂