中国民族音楽の録音 - 二胡弦堂


  本稿の音源の視聴にはIDとパスワードの入力が必要です(どちらもgendouです。クッキーをONにしていないと通りません)。ダウンロードは右クリックで可能です。クリックしても聴くことのできないファイルがあった時にも、右クリックでダウンロードして下さい。

中国音楽の聴き方

 中国音楽だけでなく何であれ音楽に携わると"再生装置で聴く"ということが必要になってきます。最近は携帯でも音楽が聴けるのでほとんどの人が視聴可能環境にありますから気軽にいろんなものが聴かれています。しかし世の中の再生装置が昔と今とではだいぶん違い、かつては真空管しかなくてそういう装置で聴く前提で作ってある音源を現代のハイファイなステレオで聴くと音がスカスカに聞こえるというところから始まって、古い音源に当たると様々な問題に直面します。そうであれば古いものを聴かなければ良いのではないでしょうか。そうすると録音資産の多くを無視することになるし、地域固有の音楽は古いものにたくさん残っていますので、じっくり伝統音楽に取り組むことはできません。中国も例外ではなく、現代まで残された録音を現代の装置で再生して本当に中国音楽の魅力が伝わっているかということになると疑問になってきます。中国芸術は"毒"を特徴としていますが、欧米の感覚で作られた再生装置では毒は出ないということは多々あります。東洋では音の濃厚さを重視し、西洋では立体感を重視します。これはそのまま二胡とバイオリンの違いとも言えます。そうすると西洋基準の装置では味が薄くなってしまい肝心な事柄が伝わらなくなってしまいます。ある中国音楽のどこが良いのかよくわからないという場合はたいていこれらが原因です。再生装置に検討を加えるということはかなり重要ですが、これは言うは易しで頭の痛い問題です。インスタント的な簡単な方法というのがなかなかないんですね。パソコンや携帯からすでにそれなりの音が出ているところに問題提起して毒を出そうかというのはソフトウェア的な解決ができなければハードウェアになるわけです。かなりやっかいな問題です。音楽は単に鑑賞するだけでなく、演奏家の場合は奏法の分析もあるし、ライブでのPAについても考えないわけにはいきません。これらの諸問題については、中国音楽の再生と録音で扱います。

 内容は非常に複雑なので結論だけ要約しますと、音響の民族性は巻いたもの、コイルのことですが、トランス、マイク、スピーカー、インダクターなど手工生産のものに反映されるということです。中国民族音楽は中国の特に古い手工製のこれらを通さないと味が出ないということです。これは重要点だけで、他にも関係する事柄はありますが、それでもほとんど全てにおいてコイルというのものが関係してきます。コイル関係の物資は、中国音楽用機材に置いてあります。

中国音楽の古典録音

  二胡絹弦の古典録音
  中国古典の拉弦楽器録音
  古琴の絹弦録音
  中国古典の録音

  河北安新县圈头村“音乐会”

京胡絹弦録音

 ここに掲載しております録音は、京劇の黄金時代における「旦角(女形)」の腔唱と伴奏する京胡の録音です。花形であった「青衣(姫役)」において1927年に北京・順天時報が読者人気投票を企画し特に人気があった4名(「四大名旦」という)の録音を列挙しました。これらは二胡学習者にとって重要と言われています。唱の違いによる風格の相違は伴奏をも変化させますので同じ演目でも違ったものになっていますから、過去にどのような表現の変化が試みられていたのか参考になることは多いと思います。

  梅蘭芳と京胡絹弦録音
  程硯秋と京胡絹弦録音
  尚小云と京胡絹弦録音
  荀慧生と京胡絹弦録音


二胡伴奏用録音の販売

 二胡の伴奏音源を作っていただいている方は少ないのですが、こちらに掲載してあります。


CDのご紹介

 二胡の現代の演奏家による録音を掲載してあります。掲載ご希望はメールでご連絡下さい。


作曲作品

 弦堂の方で作りました作曲作品を並べます。





二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂