清中期小堤壺 - 二胡弦堂


 清代中期の朱泥です。

 七孔です。一般的な認識では中国の古いものはいずれも単孔だと考えられていますが事実ではありません。博物館に置いてあるものなどはこの部分を観察することができないので学習する機会はそれほどありませんし、また情報もそんなにありません。下の写真の例は現代のものですが、すでに明代からこういうものがあり、それを復刻したものです。正式な名称はなく梅花とか銭関係の名称で呼んだりされています。色々な意匠のものがあり、それでも七孔が一般的のようです。民間の普及品に関しては単孔と、このようなランクがあったようです。特にこの茶壺のように日本への輸出用と思われるタイプであれば、七孔が採用されていても特に不思議はないでしょう。



 泥は清代の朱泥ですが、全く冴えないので表面に塗装がしてあります。そもそも今の概念で言う朱泥ではありません。そうしますと、現代の我々から見ますと、どうしてこういう泥を使ったのだろうかと思います。そこで実際に確認しますとやはり泥の質が良いんですね。旨い茶が淹るわけです。そして妙な特性として、例えば1回紅茶を淹れます。それを何回か淹れて出涸らしを捨てて濯ぎます。乾燥させてから蓋をして置いておきます。1週間後にもう一回使おうと思って開けて匂うとまだ紅茶の香りが残っています。普通ではあり得ないです。そこで閉めてもう少し放置することにします。3週間経っても残っています。閉めているからというのもあると思うのですが、普通は乾いてない状態からすでに匂いません。古いものに関しては段泥も同じく結構残ります。そして湯が非常に染み込むのも同じです。結局、こういうのが昔に好まれた泥なのでしょう。全部がそうだとは言い切れませんが。そうすると同じ茶しか淹れられないのでしょうか?「一茶一壺」と言う概念、1つの茶壺に1種の茶しか使ってはいけないというのは、おそらくここから来ているのだと思います。残留した匂いは一回湯を注いで捨てると消えますから気にしなくて良いようにも思うのですが、1回淹れただけでこれですからね。1つの茶葉で固定した方が良いのかもしれません。しかしうちでは染み込みの強烈な段泥で何でも淹れているし、そうやって何でも染み込ませた方が何でも旨くなるのです。どっちでも良いように思うのですが、こういう傾向について参考にしてみて下さい。

 裏は「大清貢品」とあります。宮廷に収めていたのでしょうか。そこはわかりませんが、この時代で七孔なので高級品の部類だったことは間違いないでしょう。日本向けの輸出品の可能性の方が高いですが、よく知られていない銘よりもこの方がわかりやすかったためと思われます。孟臣が有名になるや、輸出品には何でもかんでも孟臣と押していたぐらいですから、それと同じ脈絡での発想と理解する方が適当と思われます。

 表面の絵ですが、これは「泥絵」というようです。違う色の泥を使って描くようです。下の盆栽用の鉢にも同じような技法で描いてあります(写真はクリックしたら拡大します)。この鉢が清中期だから、この茶壺も清中期と言っているわけではありません。こういう塗りが必要な泥は清中期に多いのです。幕末ぐらいですね。



  ¥85,000


 把手は現代の新しいもので古いものではありませんが、かなりしっかりしていますので十分使えるでしょう。

 容量は約200mlです。
















二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂