蜀山陶業生産合作社製 清水泥鐘壺 - 二胡弦堂


 50年代後半の古い茶壺です。古いタイプの七孔です。

 民国ぐらいから半手工と言って型を使う工法が出てきた件は「蜀山陶業生産合作社製 紫泥潘壺」で言及しましたが、その型を使った方がこちらです。型を使っている方がやはり完成度は高いと思います。蜀山陶業生産合作社は民国期の巨匠たちによって設立されており、半手工を発明した人も在籍していました。そういう人たちがプロデュースするか或いはおそらく自分で作っていたものと思いますが、いずれにしても型そのものがすでに完成度が高かったということはこういうものを見て感じられます。型を使うというと結構簡単そうですが、型を外した後に何もしなくて良いわけではなく、ある程度の処理が必要です。だから一口に半手工と言っても手がける人によって良し悪しはあります。このクラスのものは当時は工場内でも腕の良い職人によって作られるのでしょうけれども、非常に堂々とした立派な作品に仕上がっていると思います。七孔ですので高級グレードのモデルでしょう。

 泥はよく見ると、鉄分が結晶の粒になって固まっており、それが高温に耐えきれずに爆発しているものもあります。天然の泥の肌合いを楽しむことができます。非常に丁寧に精製された美しい泥です。

  ¥15,000


 この種の泥はどんな茶でもそれなりに淹ると思います。そこそこ使われてきたものなので、すでに少し光沢が出てきていますが、より深化すればより古風な味が出てくると思います。容量が大きいので烏龍茶は淹れにくいかもしれません。やり方次第なんでしょうけれども・・。

 容量は約280mlです。青磁の皿は含まれません。














二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂