宜興製清水泥茶こし - 二胡弦堂


 現代の茶壺、急須には茶こしが付いていますので細かい茶葉が流れ出てくる心配はありませんが、古い茶壺は茶こしがないものがあり、これは単孔と言われます。一方、常滑は水流にかなり拘りがあるようで、通称蜂の巣と言われる非常に細かい網が付いていて茶葉を止めるだけでなく茶が非常にスムーズに流れ出るように作ってあります。これは中華圏でも感動を以って受け止められており、大陸でも多くの高級茶器に蜂の巣が採用されるようになっています。しかし大陸の古いものはこの辺り、かなり雑なものが多く(おそらく昔の茶葉は大きくて問題にならなかったのだろうと思われます。日本緑茶とは製茶法が違いますのでその辺りの違いだと思います)、現代でもガラスの急須などは茶こしがなかったりします。それでステンレス製の閉じた傘のようなパーツを注ぎ口に取り付けたりとか、単体の茶こしを使ったりしています。

 しかしステンレスは味が変わってしまうことが多くあります。そこで高級なものであれば銀、錫が使われます。コーヒーを飲むときに使うスプーンも警戒が必要で、一度比較して確認する価値は十分にあります。これは現代においてかなり知られていますので、近頃の100円ショップでも陶器のスプーンが置いてあるところもあります。写真は弦堂私物で、金属の匙は錫を手工生産にて叩いて仕上げたもの、黒い方は墨緑玉の削り出しです。石だったら翡翠の方が良いようですが、翡翠や銀は高価なので、余裕がある向きに限っては最適な選択肢になると思います。

 大陸では単体の茶こしは結構たくさん売っており、かなり必要性のあるものと見なされています。茶器の素材で味が変わることにおそらく中国人ほど敏感な民族はいないと思いますが、そのためか、ほとんどはガーゼのような薄い布を使っています。ステンレスもありますがかなり淘汰されています。しかし安価に生産しようと思えばステンレスは魅力的な選択肢のようで、根強く市場に残っています。ガーゼは耐久性に不安がありますが、また張り替えるのか新品に買い換えるのか、その辺は割りきられています。写真の例のようにあまり使っていなくても変色が目立つようになります。かなり不満を感じる部分です。

 そこで陶磁器のものが無難であろうということで、ここでご紹介するのは、清水泥を使った宜興産のものです。清水泥は紫泥を精製したもので現在のものはそれほど優秀な泥ではありません。作家物の作品でも割と安価な製品に使われる泥です。しかし優秀な泥を茶こしに使ってしまうと、そこでまた変化が生じるし、相性もシビアになってしまいます。それでも一般の泥に比べれば清水泥はかなり贅沢です。それに釉薬をかけた、ノーマルに近い特性ということで、茶こしを使わなければならないのであれば、これであろうと思った次第です。高台も付いており使い勝手も良かろうと思います。

      ¥1,400 

 商品はブルーの茶こし1つです。ハンドメイドですので製品にバラツキがあります。色の濃度が様々です。穴もそれぞれ違います。高台には焼成の時に接地した跡が見られます。全体の直径は約82~83mmというところで焼成時の泥の収縮による個体差があります。高台の直径は40mm以内になるように設計されています。紫砂を使ったのでどうしても大きさにばらつきは出るようですね。その上、釉薬の量もバラバラです。小杯から茶海までたいていのものに合いますが、開口の大きいカップには合わないので、茶こしを手で持つなどの必要があります。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂