中国歴代王朝年表 - 二胡弦堂


 古物は年号が関係してきますので以下にわかりやすいリストを貼っておきます。

 陶磁器の完成は宋代で、ほとんどこれ以降で語られます。宋以前は物もほとんどないということもあると思います。しかし古い時代のものが質が低いということではなく、すでに復刻(コピー)の製造は宋代あたりから始まっており、非常に高度な技術を持っていた宋代にあっても古代の造形が評価されていました。

 清は初代ヌルハチ、二代ホンタイジの代まで万里の長城を超えることができず、この二代までは明代になります。満州から北京の攻略を目指す場合、北京よりすぐ北方の現在は観光地で八達嶺や居庸関といった何重にも防御を巡らせた地域を突破するルートと、万里の長城が東の海に突き出している果て、山海関の大まかにはどちらかを攻略する必要があります。どのように北京を陥落させるかは極めて重要で、それだけで満足して時間を浪費すると、北方の征服は可能であったとしても南方を攻略するのは大きな負担になります。同じ満州族の金が宋に侵攻した時がまさにそういう状況で、金よりも南宋の方が永続しました(我々は阿炳の听松という曲でこの辺は少し馴染みがあります)。もし居庸関ルートで長城を超えると、その後の満州と長城以南の連絡補給が険しい山中となる上、特に冬は難しくなります。新たに攻略した地域を宣撫する場合、1年は無税とすることが多く、略奪は論外で、戦乱で土地が荒廃もしていますので、収入を得るのは何年も先になる上、むしろ出費の方が多くなります。戦争遂行も相当な経済的負担ですが、それ以上に潤沢な資金がないと支配はできません。円滑に物資が輸送できるルートを得ていないと支配はおろか、さらなる征服も不可能で軍を動かせません。そのため、山海関を攻略するのは必須となります。海沿いの回廊には多くの堅固な要塞が並んでいますが、唯一ここを掌握するというこの選択しかありません。ところがヌルハチ、ホンタイジが陸から海から大軍で攻め寄せても、たった数百の兵で防衛する山海関を攻略できなかったと言われています。しかし第3代・順治帝の元年に李自成による反乱軍が北京を陥落したため、山海関の守将・呉三桂が清に援軍を求め、当時摂政で事実上の皇帝だったドルゴンが手持ちの兵に加え近衛兵も率いてすぐに瀋陽を出発し、山海関を通過した後は明軍と合流して北京入城を果たしました。それ以降が清代になります。これ以降を「清朝入関後」などと表現します。大陸には数多くの関がありますが、単に関と言ったら山海関を指します。満州の関東軍は、山海関より東を支配していたのでこのように呼ばれていました。清による全国征服は難航を極め、特に江南地方で略奪を働いたので民衆が一斉に蜂起し、清軍の大量殺戮で「万里無人」と言われた人のいない荒涼とした大地が延々と続く有様となり、人口が激減したとされています。明の残軍による反発も大きく、激しい戦乱を経て統一するまでに40年もの歳月を費やしました。



 清朝は1911年までで、民国元年は1912年ですが、大正元年も1912年です。1949年(昭和24年)10月以降は中華人民共和国です。大躍進政策は1958~60年、文化大革命は1966~1976年で、1958年以前とそれ以後、1976年以降で状況が大きく異なるということも参考にする必要があります。二胡も違う楽器に変わったのはこの頃ですが、全ての分野で同様の、或いはそれ以上の変化があったということです。

戻る




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂