段泥と紫泥について - 二胡弦堂


 明代の専門書には当代の名人が湖滏の泥を使っていたという記載があります。紫砂茶壺製作は湖滏の金沙寺発祥ですから自然なことですが、これは紫砂の発祥なのであって陶器の製作自体は周辺の多くの場所ですでに行われていたようです。ここは今でも茶の生産で有名ですので(宜興紅茶)、朱泥がないとは言え泥の質は決して悪くありません。本山では現代すでに枯渇している質の良い底槽清がここで大量に見つかっており、さらに明代の壺に見られる砂の塊のような壺が作れる段泥まで見つかっています(現代では人工的に砂を混ぜたものは結構ありますがここまでのものは天然では稀のようです)。その泥は写真のような状態で、青泥の周りにもろい層が纏わり付いていて、朱泥(これだけ選別して取り出すのは難しいようです)、紅泥もモザイクのように重なり合っています。これを精製して焼きますと左の写真のようになります。大きな白い粒が目立ちますがこの粒は青泥が焼けたものです。全体の色合いは黄色のような鉄の赤のようなそんな微妙な色合いです。光の具合で白、青、黄、赤の4種のどれかに見えますが、写真ではそういう捉え方はできないので撮影不可能なかなり特殊な泥です。青っぽい黄色か赤です。乾いた状態で湯を注ぎますと染み込む音がはっきり聞こえます。普通は耳を近づけてやっと聞こえるのですが、これはバチバチ鳴りますのでびっくりします。専門家は"怪泥"と言ったようですがこれと降坡泥と合わせてこの2種類の泥と古い茶壺を比較してみたいと思います。壺の写真の例で以下、下に掲載してあるものは7つありますが全て明・時大彬によると言われているもので、この人は生前から巨匠とされていたということやその壺が宝刀(命を守るもの)に値するとも言われていたので、茶(即ち漢方)に対する効果も優れていた筈です。現代では全て博物館などにありますので実際に手に取るとか茶を淹れるなどそういう風に確かめることはできません。7つの壺を鑑賞する時に気をつけて頂きたいのは、長年の使用で色が黒くなっていて元の色合いがわかりにくくなっているということです。基本的に黄色でそこから赤の方に強いものもあります。このような砂粒感の強いものです。明代の壺に憧憬を抱くのであれば湖滏料は見逃せないのかもしれません。

明・時大彬茶壺

 時大彬の茶壺にはかなり黄色が強い泥もありますが、これは洑東白泥です。白泥は普通焼いても白で、洑東だけでなく湖滏のもっと西の方まで延々と、宜興市の北にも出ていますし、黄龍山のすぐ南や赵庄方面にも見つかっています。これらは雑器に使われてきて、時大彬よりも古い壺は白泥のものも出土しています。しかし黄色に変色するものは魅力があります。緑泥や段泥も白っぽい黄色になりますが、白泥で黄色になるものというのは洑東に出るものぐらいとされています。焼成後に黄色に変わるのであればこれも段泥の一種だと思います。紫泥は明確に時大彬のものと確実に言える壺には使っていない、底槽清さえも使っていない、しかし段泥は使っているという、このことは重視する価値があると思います。つまり現代であれば朱泥を重んじますが、かつては段泥だったということになると思います。しかし洑東の紫泥は優秀ですでに鉱物の状態から見た目も非常に美しいとされます。採集地域は本山からほぼ真南に4kmぐらいしか離れていません。古壺は黒い粒になっている鉄分が焼成時に爆発するなどの特徴が見られますが、湖滏料とか青龍山付近の泥は結構爆発が出るとされます。泥にこだわる作家の作品であれば現代でも鉄粒の爆発は結構見られる現象です。時大彬の7つ目は派手に爆発していますが、ここまでのものはなかなかありません。爆発は割れを誘発するので製作の観点からは嫌われるのですが、爆発させまくって割れていないも凄いなと思うんですね。割れても天然系の割れなので、尤も割れ方にもよりますが、継げば結構味があるものができそうです。ということで、湖滏と洑東、この2箇所は歴史的に見れば原鉱なのです。本山という言葉は明代からあったので黄龍山の泥も価値が見出され、その上で湖滏洑東料も使われていた、勝るとも劣らない、表現のバリエーションとして色々使われていたということがわかります。最近になって「湖滏原鉱」「洑東原鉱」という言葉も見られるようになってきましたのでわかりやすいですし、正式に評価されるようになって良いと思います。こういう言葉が出てきたということは古壺に関心がある人がある程度いるということだと思います。時大彬の時代にはすでに茶壺は小さくなっていますが、それまではヤカンのように大きなものでした。ということは小さな茶壺が求められる烏龍茶や普洱茶がこれぐらいの時期に入ってきたということが想定されます。それまでは白泥が主だったらしいということを考えれば、緑茶には白泥を使っていたということも想定され、日本の琵琶湖南方で白泥が多いということとも一致します。文献によると朱泥もあった筈ですがこれについては別稿に改めます。

 以下再度、段泥と紫泥の分類を確認します。

  1. 段泥
  2.  ・本山緑泥
     ・黄金段
     ・芝麻段
     ・老段
     ・青灰泥
     ・降坡泥
  3. 紫泥
  4.  ・底槽清
     ・清水泥
  5. 朱泥

 黄龍山は現在入れないということですが管理局が湖の南側にあって現在関所のような門があるのがストリートビューで確認できます。この存在こそが関係者が入れるということを示していますので、うちの近所に住んでいる李建泉老師に聞きます。「去年行ってきたよ。来週も行くよ」ということでした。そして内部はどのような状態なのか2016年時点での様子ですが写真を戴きました。右上は黄龍山の様子で、左は貴重品を指し示す李老師です。老師の説明によると、岩があってその間に脆い地層がありますが、これが泥だということです。岩状のものを砕いて使うこともありますが、ここにある黒い岩は使えないということです。上の方に黄色の砂が見えますがこれが朱泥で、下の方は灰色の層があります。これが「本山緑泥」です。この泥の存在こそが即ち黄龍山の価値なのです。黄龍山、青龍山、宝山の3つを団山、団と段は発音が同じということにすでに触れましたが、この山の泥を段泥と言い、それは本山緑泥のことなのです。ということで老師がアップで写してきた泥の写真は全部本山緑泥でした。さすがです。普通、黄色い方を重点的に撮ると思うのですが、それはありませんでした。しかも上の層が朱泥、下層が紫泥という一般的な地層を示しています。緑泥が含まれる共生鉱も段泥と言いますが、そのことがこの泥の主要性を示しています。

 拡大した地層の方を見ると上層で朱泥と緑泥が混じり、だんだん下の方に行くと純粋な緑泥になっています。写真には写っていませんが、もっと下に行くと紫泥が少し混じるようになっています。緑泥と朱泥が混じっている泥、これを「黄金段泥」と言います。焼き上がりの色がまさに黄金色になるからですが、価値も黄金並みなのでしょうか。そう思います。非常に濃厚な味があります。しかしあまり有名でなく価格も朱泥ほどではありません。色が明るめなので、重発酵茶は使いにくく、せっかくの黄金色が濃く染まってしまいます。それでも今日たまたま通りがかりに見つけた普洱茶専門店の主人は如何に黒くなろうとも構わずに黄金段を使っていました。じっくり観察しますと強面の店主は「売り物じゃない。あっちのを見ろ」と言いましたので余程気に入っているのでしょう。

 朱泥に代えて紫泥が混じってもやはり黄色ですが、黒か赤褐色の粒が多くなり重厚な雰囲気になります。育ってくると少し赤っぽくなります。砂っぽい泥です。これを「芝麻段泥」と言います。紫泥の比率が高いものはだいぶん赤に近くなります。その他の分類しにくい泥は単に段泥と表記されることが多いです。黄龍山のある箇所で狭い範囲に3つ掘られていた民国期の坑道が見つかり調べると、当時内部で崩落があったためか何らかの理由により採掘の途中で放置されていることがわかりました。そのため泥が空気に露出した状態で100年ほど放置されかなり風化した状態で取り出されました。これを「老段」と呼んでいます。焼成後はくすんだ金色になります。いぶし銀という言葉があって金はないですが、もしあったらこんな感じではないかという感じの様子です。おそらく陳腐黄金段とも言えるもので、多くの人が黄金段より良いと言います。

 かなり青が強い泥もあり、そういうもの、他の泥も混じっている共生鉱もありますが、焼き上がりが灰色になるものがあります。明末から清初までにかなり使われていたと言われますが、青系は昔から現代まで一貫して人気のある色ですので、その発色ゆえに「青灰色」として親しまれています。珍しい泥です。青泥が必ずしも青灰色になるとは限らず、幻の泥とされている天青泥はべたっとした気持ち悪い茶色でやたらテカらせた肝の燻製のような色です。

 朱泥紅泥は割と浅い地層に出るので初期の頃にだいぶん採掘されたと言われています。一方、紫泥は深い位置にあって、その最深部に底槽清があるとされ、これを以て紫泥では最高としています。紫泥は単独では価値が低く、他の泥と混ざることで持ち味が出ますが、しかし天然で混ざっているものでないと製造上難しい問題が出てきます。それでもそういう泥はますます入手難になっているので最近は人工的に混ぜているとされています。底槽清は本山緑泥との共生鉱ですから、厳密には段泥になります。緑泥の含有量がより多いものを段泥と分類しています。底槽清を約3年天日で風化させ、黄色の顆粒を除いた後、2年陳腐化させたものを清水泥と言っています。こうすることで見た目は色あせた鉄のような無骨な外観になり、古くなればもっと味わいが増すということでこれまで文人に愛されてきました。それに清水泥は茶を淹れた時の水色が美しいという特徴があります。水色なんてものは大して変わらないし味の方が重要、色なんて普通茶がどれぐらいの濃度で出ているかぐらいしか見ないという向きでも、清水泥の際立った水色の美しさには惹かれるとされます。単に色ではあるが意外に重要なのかと思わせるぐらいのインパクトがあります。現在のほとんどの清水泥は別物で安い泥になってしまっています。紫泥も人工で他の泥を混ぜているし、良いものを手にするのは難しくなっています。底槽清は紫泥のランクを示す意味もあるのでこれはまあまあ大丈夫なようですが、安価なものは底槽清を少し混ぜたものであるとされています。現代では基本的に紫泥は避けた方が良いと思います。しかし現代でも古来の製法と材料にこだわって作っている人はいます。

 青龍山は石灰しか産出しませんが、それも採掘されて今は湖になっています。ただ青龍山の南側は若干の泥が採れ、4号井もあります。顧景舟(民国紫砂七老の一人)は4号井の最下層から出た底槽青を好んで使ったことで有名です。しかし概してこの付近の泥は少し質は劣るとされます。東一帯(本山)の泥が非常に優れているのでそれと比較してということなので決して劣ったものではないのですが、弦堂個人の所感では陶都路(地図ではもっと狭い区分で白宕路)の東西でタイプが違うように思います。降坡は西に含めて先は小煤窑、湖滏あたりですが、鉱脈が繋がっているとは言われますけれども泥のタイプは違ってどちらが勝るというような問題ではないように思います。自分で色々所有して多くを確認していないので強く主張はできないのですが。東は緑茶にも合いますが、西はそれほどでもない印象なのです。一方、西は発酵茶に非常に強いのです。西の泥が全て発酵茶向けというわけではないですが湖滏は紅茶の産地ですし相性は良いのかもしれません。弦堂個人はまだ湖滏料とはっきり言えるものは1つしか見たことがありませんし、洑東料は多分これは見たことがないですが、ここはなかなか質の良い紅泥が出るということなのでこの泥は確実に無発酵茶はいけますね。洑東料は元々の意味での原鉱と誤魔化して売られるぐらいの品質だと言われているのでかなり良いと思うのですが直接確認していないのでわかりません。より水際に近づいた方が質は良いようですね。景徳鎮も西に巨大な湿地帯があります。中国の泥はまずどのようなものであれ、とりあえず普洱茶には合うようです。そこからその対極の緑茶にまで合うものがなかなかなく、本山はそれに対応できる泥が出るので優秀とされているのだと思います。それが本山緑泥ということなのです。西側は普洱、紅茶、岩茶ぐらいにしか合わない、ストライクゾーンが狭いとしても、その専門分野に関しては無類の強さがありますのでこれも別個に評価できるのです。小煤窑朱泥は台湾烏龍茶専用だという人が多いですが、紅茶はかなり良いと思います。特にインド系は合うと思います。逆に日本の泥は緑茶に合わせますので、守備範囲を分担すれば西側料は特化しているだけにそこがむしろ利点になると思います。東側の泥は非常に対応範囲が広い特徴があり、そのため日本で珍重されたのかもしれません。興味深いのは明代には紫泥は使っていなかったらしいということです。文献にも紫泥の記載は出てこないようです。最近の泥は産地を曖昧にしてわからないようにしていますが、もしわかるのであればこれらは参考にできる要素だと思います。

 中国では「一茶一壺」という考え方があって、1つの決まった茶に1つの壺をあてがうことによって香りが混ざるのを防ぐという、そのためにたくさんの茶壺を持っている人がいます。しかし仮に混ざったところで何の問題も発生しない筈です。鑑定家が紫砂を使うことはありません。ガラスか白磁を使います。優秀な茶壺を1つ持っていればそれで十分だと思います。左の写真は弦堂が古市場で発掘?した清代黄金段ですが、大きさを比較するために他のものも置いていますが400~500mlはあるであろうかなり大きい茶壺です。これぐらいに巨大になり、しかも砂の塊のような佇まいでそこへ湯を投入すると爆音がバチバチはっきり聞こえます。それぐらいすごい勢いで湯が浸透します。つまり胎の内部に空隙がかなり多いのです。それでも全く漏れてはこないので茶の成分はしっかり残留することになります。もうこれぐらいインパクトがあると前に淹れた茶の香りとかいろんなものが結構残りますので、次回数日後であっても別の茶を淹れた時に多少の影響があることがあります。物体がデカすぎる、しかも泥の厚みも相当なので、蓄積も大きいゆえかなり影響がはっきり分かる時があります。こういうものがあるから一茶一壺という概念が出てきたのだと思いますが、今時幾ら砂感が強いと言ってもこんなモンスター級はほとんどないので、全く気にする必要はないと思います。たとえこういうものに当たったとしても使い終わりに湯でしっかり注げばすぐに乾燥していくのでこのように処理しておけば問題はないと思います。段泥に関しては全体的に現代のものも含めて全てですが、育つのに時間がかかるような気がします。一旦育つと非常に良いのですが、なかなかそこまで行くのに時間がかかるように思います。一方、紫泥は最初から割と甘く出るので初心者向け?という感じがします。何かの新しい茶葉を投入して湯を注ぎ2,3分もすればもう苦くなりますが、育っていない段泥茶壺の場合はちょうど飲み頃だったりします。いろんなものが吸われてしまっているので安価な茶でやりたいものです。かなり育ってくると湯を投入しただけで濃厚な香りが立ちます。まさに茶器という雰囲気があります。こういうものを見ると昔の人がなぜ段泥を重宝したのか理由がわかる気がします。1つの茶壺で数種の茶葉を使い回すとしても普洱熟茶に関してはこれだけは別にした方が良いと思います。茶壺が結構コテコテになりますからね。なるべく小さい茶壺で翌日に飲み越さないようにその日のうちに消化するなど気をつけないといけません。それに熟茶は白磁が無難です。これぐらい気をつければ十分なのですが、現実的には好みの茶は偏ってくるので選択する茶壺もある程度決まってくると思います。それから武夷山の紅茶で煙の香りがするというものがあります。不良品扱いだったものを英国人が珍重し(商人が安く買って理由をつけて高く売っただけだと思うのですが)これは最悪ですね。この匂いを染み込ませたくはないですね。本来は燻して作った時に、ほんの僅かによくわからない程度に燻製の香りがする、或いは匂う気がするというデリケートなものなのです。高級な正山小种はこうなのですが、これだと問題ないと思います。かなり煙いタイプはこれは白磁かガラスにした方がいいでしょうね。その後ある時、サンプルの小袋で1つ煙いのを貰いました。それは1斤(500g)2000元ほどするというとんでもない高級品なのですが、これは素晴らしかったです。びっくり致しました。煙の匂いがかなり香るのですが、すぐに捨てなくて良かったです。高級燻製という感じがします。煙を飲まされている感じがするのですが、これが実に気持ちが良いのです(冷めると気持ち悪いですが)。それで思ったのですが、紅茶というのは香料をつけるものとストレートのものがありますね。どちらもそれぞれなのですが、煙いのは香料型かもしれない、だけどうちには今少量ですが、野生から摘んだ紅茶に微妙に煙の匂いが付いている本来のタイプもあります。これはストレート系です。難しいものですね。悪いと思うものでも腕の良い職人の手にかかると常識を覆しますね。

 緑泥青泥は焼くと基本的に白っぽい黄色になるので、割合によって様々な色の段泥があります。天然の状態で混じり合っている、モザイクのように同一の場所にあることで異種材料でも混ぜて製作可能で、人工的に混ぜるのはかなり難しいようです。しかし芸術面を追求するために目指す色を得る場合は調合されたものも見受けられます。普通は人工的にはせいぜい砂を混ぜる程度です。しかし本山の泥は高価なので外山の泥を持ってきて本山緑泥を少し混ぜることで性能を高めるということはあるようです。こういうものは価格も抑えられています。

 翡翠は白や緑があります。かつての皇帝が食器にも使っていた材料です。翡翠は高価なので代わりに墨緑石も味をよくするということで市場に見られます。もう縄文人ぐらいから刃物には緑石しか使っていなかったということで、さらに明代紫砂壺黎明期には段泥、つまり主要成分は緑石とかなり徹底しています。緑鉱というものを特別視するべき十分の理由があるように思えます。原始時代では朱泥は食物保管用、緑石は調理食器用と分けられていたということを考えると、この2種は別格扱いで見る必要があるように思います。本山では朱泥層に纏わり付くように緑泥が付着しており、さらに本山の緑泥にはコバルト成分が特に多いという特徴があります。写真の杯は弦堂が常用している文革かそれより少し前ぐらいのもので中は白釉がべったりと塗ってあります。この釉薬がすごく価値があるのですが、本山緑泥を外側に塗るのはどういうことでしょうか。昔は外観が美しいということで装飾に使っていたようなのです。勿体無い話です。その上にくっつけて比較しているのは最近焼かれた本山緑泥で、このように新しいうちは緑色なのです。しかし距離を置いて見ると黄色です。不思議な現象です。使って行くと近くから見ても黄色になるようで、しかし紅茶とか普洱だとせっかくの爽やかな色が失われるので発酵度の低い茶専用になってしまいます。そうすると香りが大切ですが緑泥はこれが弱くなってしまい、一方口の中に残る甘みが強烈に感じられ、甘い菓子を舐めたような強烈なスイート感が残留し、それが鼻にも抜けてきます。つまり飲んだ時は香らないのに、飲んで少し落ち着くと香りがいつまでも残っているのです。これはこれでいいのでしょうけれども、この理由で昔は共生鉱を使ってバランスをとっていたのかもしれません。明代から清代に至る段泥には様々な色合いのものがあり、これは緑泥の配合量と関係がありますから茶の発酵度によって使い分けていた可能性はあると思います。発酵度の重いものは紫泥の配合が多いものにするなど段泥の場合はですが色である程度判断できると思います。究極に行き着いたら段泥に行きつのかもしれない、結局は昔に戻る、明代の文化人はやっぱり偉かったのかもしれません。

 北京の西郊外に紅葉で有名な山があります。北京在住者であれば知らない人はいない有名な山です。香山と言います。紅葉と言っても日本のような自然環境ではありませんから大したことはありません。これも日本から移植された文化の1つです。トレッキングコースになっており、山頂まで登ることもできます。標高は500mぐらいらしいので歩いて十分に登れますがリフトもあります。登ったところで何もありません、と思いきや山頂ですのでオリジナルの山頂を示すてっぺんの禿げ山が露出されて提示されており、何で禿げてるのかと思ってよく見ると岩泥が露出しているのです。段泥の宝庫なのです。そこで丹念に観察し、特徴的な岩を拾って持ち帰りました(今後、同山を征服し、岩を持ち帰ろうと計画している猛者は帰りに必ずゲートで許可を取って下さい。中国はうるさくないので岩1つぐらいで何もいいませんが。もっともそこまでしなくてもそこらの山でも普通に採れるとは思いますのでわざわざ500mまで登る必要もないと思います)。下山の時に敷石を見ながら降りると緑石が非常に多いのです。この山はもしかするともっと何か出るのではないかという予感さえします。持ち帰った岩ですが、うちに来た人が見ると大体の人が「すごく重い」と言います。これは禿げ山を破壊したものではなく、すでに落ちていたものなので、かなり風化しておりすでに脆い状態です。水がかなり染み込みます。この個体は紫泥と緑泥の共生鉱ですが、緑泥の層は厚いのでそこだけ取り出すこともできます。一部黄色になっている面が気になりますが、これは鉄分が酸化したもので朱泥ではありません。このように段泥はかなり埋蔵量が多いはずですが、黄龍山で採れるようなものはなかなかないようです。

戻る  次へ




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂