原鉱について - 二胡弦堂





 現代の宜興の泥は採掘が禁止されており、建前上は枯渇しているということになっています。しかしまだある程度埋蔵されていて以前は禁止されてはいたものの普通に鉱山(現在は湖周辺)に入れるし製作家は泥が必要なので採っていたということです。その後、完全に囲まれて今は入れなくなっています。おそらく宜興市政府の管理である程度は採掘していると思います。元々、改革開放以前は国営企業の宜興紫砂一廠の管理でしたが、今もそうだと思います。21世紀初頭の過渡期に個人の製作家が坑道に入ってちょっと持って帰ったとか(だいたい100Lぐらいらしいですが)していて、そのうちデジカメも普及してきたので、まるで考古学者みたいな証拠写真を撮影するなどやっていた人たちもいます。しかしなかなか地元のものというのは評価するのが難しいもので、かつては他省から大挙してやってきた人たちがいきなり採掘を始めるなど、そういうグループが1つ2つではなく、地元の人たちが放っていた価値あるものをどんどん売っていたようです。そういうグループの特徴としては必ず全員親戚であることがほとんど、しかも内部の縄張り争いで殺人など凄惨な抗争まで起こすなどかなり問題を起こしてきたようです。おそらくそういう歴史的な問題もあって現在ではかなり規制されています。

 近年でも道路工事の時にかなり鉱脈が出て、作業員らが確保してだいぶん儲けたという話が出たりもしたのですが、坂をなくすというかなり地面を掘削する工事なので作業員らは来る前から絶対何か出ると思って狙っていたらしいんですね。だけど市政府は何も考えていなかったようで、よその人の方が価値がわかるという傾向はどこでも同じのようですね。その位置は下の地図で「降坡」と書いてある位置がまさにそこですが、黄龍山(中央の湖)と青龍山(左端の湖,4号井の北側)という立地ですので、まあ何かあるのは当然でしょうね。この写真は紅衛村(上の地図では起点・黄龍山から西に3.6kmの小煤窑)の方で見つかったほぼ同じ泥の様子ですが、泥の上部に朱泥(小煤窑朱泥)があって、その下に青と紫の混じった段泥(降坡泥)があります。焼成後に独特の黄色になって(青い方を焼いたら左の写真のように黄色になる)この泥独特の特徴があります。泥の効果は極めて秀逸で、もしやこれが伝説の「五色土」かもしれないという人もいるぐらいですがまだ何もはっきりわかっていません。

 それでも宜興の泥、具体的には黄龍山を指しこれを明代から「本山」と言いますが、現代では需要に比べて非常に供給が細くなっています。それで最近の泥は隣町、主に西と南の2方面ですが、その方角から泥を持ってきています。洑東(上の地図では起点の黄龍山から約9km地点の蘭山。Googleの衛星写真で確認しますと大規模に掘削しているのがわかります。幅750mぐらいというところです)、湖滏(街のあたりで5.5km地点)で、どちらも市のすぐ外側なのでこの辺りも採掘禁止エリアですが、これまで大量に供給されてきました(規模が大きいのでもちろん市政府に管理されてのことですが)。これらの地域の泥は雲母が若干少なく、焼成温度が少し低くなる傾向はあるものの質は決して悪くないと言われています。この2箇所では朱泥は産出しないとされています。紫泥や段泥、白泥に限られます。これらは現在では「原鉱」として多く使われています。原鉱とは宜興本来の坑道から採られた泥という意味です。「本山」は主に黄龍山を指します。それに対して本山以外の泥は基本的に全て「外山」になります。しかしこれらの範囲は時代によって変わります。

  1. 黄龍山
  2. 青龍山
  3. 趙庄
  4.  
  5. 小煤窑

  6. 湖滏
  7. 洑東

本山に青龍山も含まれるようになったのはいつかわかりませんが、青龍山では狭い範囲でしか採掘できません。降坡は以前は峠だったのでその谷間を挟んでということになります。本山で朱泥が枯渇して以降は趙庄(中心地点の距離は本山北西500mだが実際には隣)に進出します。この計3箇所はその位置関係から鼎山とも言われこの山脈群を総称して団山と言います(地元の言葉で団と段は同じ発音です)。趙庄は本山、或いは外山と言わないことが多く、すでに「趙庄」という言葉自体が茶界において独自の眩いオーラがありますので本山などと言わないだけで、事実上本山と認識されています。趙庄=最高の朱泥という認識が定着しています(もちろん朱泥以外も採掘されています)。趙庄で朱泥が枯渇して以降は紅衛村にある小煤窑(レンガ工場)周辺で採掘されるようになり、近年まではこれらの範囲全体を「原鉱」と呼んでいました。これに対して湖滏、洑東を外山と言っていました。しかし外山はもっと拡大されて他の省からも泥が持ち込まれるようになってからは、湖滏、洑東も原鉱と言われるようになってきています。



 文化の興隆とは不思議なもので交通が発達していない昔であっても割と世界共通です。特に1400年代は実り豊かな時代で、ルネサンスとか詳しくは割愛しますが、茶壺が中国で発明されたのもこの時期です。明・周高起著「陽羨茗壺系・創始」という古文書によると(陽羨とは宜興の旧名)、紫砂茶壺の開祖は金沙寺の僧侶とあって名は明らかではありません。明代成化、弘治年間(1465-1505)であろうと考えられています。金沙寺は唐末の混乱期・昭宗の時代(888-904)に宰相を務めた陸希声が戦乱を避けるために建設したもので後に禅院に改められた建物です。蘇軾(1037-1101)がここに寄って茶を飲み(宜興赴任中に提梁壶を発明)、岳飛(1103-1142)が進軍中に滞在するなど歴史的な場所ですが、明代嘉靖年間後(1566年後)に破壊されましたので、茶壺製作の歴史も曖昧になっています。作品も全く残されておらず最も古い分類のものは時大彬(1573-1662)あたりになります。解放初期(1949-)にはまだ小さな僧坊があったと言われていますが、現在は農家になっています。GoogleMap上では左のマークになります。ここには金沙寺の石碑などゆかりの品がまだ残されていると言われています(写真は農家在住の石碑保有者)。西側の湖の南岸をよく見ますと、岩肌が露出しているところがありますが、このように周辺から泥が得られたのだろうと思います。ここから6kmも離れていないところ、右のマークは(かつての山頂付近)、ここに黄龍山があります。金沙寺は最盛期には1000もの部屋があったと言われ歴史的にもメモリアルな場所の筈ですが、現在は1軒の農家、文化財にもなっていない(有識者による提言などはなされていますがあまりに破壊しすぎて特に何もないからどうしようもない)栄枯盛衰を感じる場所です。茶壺の歴史も波乱万丈ですが、現代にまで残っているということは、ふるさとが打ち捨てられようが何があっても這い上がってきたということで、それもまた凄いなと、感心するポイントが間違っているかもしれませんが、人生沈むとそう簡単には這いあがれませんからね、泥の偉大な力強さに改めて感銘を受けた次第です。


紫砂の発祥は、明代弘治、正德年間とされていますので実に500年程の歴史があります。

  1. 明末清初 1506~1795年
  2.  最も繁栄したのは明代萬歴から崇禎年間で、この期間に多くの名家を辈出しました。李茂林、時大彬、徐友泉、陳用卿、惠孟臣、陳子畦などです。この時代は紫泥鉱採掘時に泥を分別しておらず、本山緑泥、中槽泥、底槽泥が混在していたため表面を観察すると主要な泥に黄、草緑、紅褐色の大小様々な顆粒が見られます。主要成分別の発色は
    ・中槽泥 - 赤っぽい濃紫色
    ・底槽泥 - 淡い墨のような黒紫色
    ・本山绿泥 - 黄色っぽい古金色
    ・红泥、白泥、黄泥 - 書籍には記載があるので使われていた筈ですが現存しているものはほとんどない
    完成時の胎土は荒く光沢もありませんが、一旦茶を淹れ始めるとすぐに繊細な輝きが現れるのが明末清初紫砂胎土の特徴です。
  3. 清中 1796~1861年
  4.  胎土は硬質ですが、潤いと透明感は劣るようになり質が粗く発色も濁りがあるため表面に釉薬を使ったり装飾を施しているものが散見されます。黄色と草緑色の颗粒が減少しており、紅褐色の颗粒は粗くなっています。表面が均一に黄色の輝きがあって、初期は質が粗くその後徐々に繊細になってゆきます。
    ・段泥︰黄金色の泥に墨色と赤褐色の顆粒、さらにそれらの間に微妙に透明な黄色の顆粒が混じり、表面が平らな状態に砂粒が埋まっている感じです。
    ・紅紫砂︰少量の淡い墨色と黄色の顆粒があり、胎土は締りがないため育ちにくく、濃い桃色を帯びた光沢,ゼリーのような質感があります。
    色彩は比較的豊かで黄、褐、紫などがありその中に大量の黄色の顆粒が含まれます。育てば繊細な質感は出てきますが輝きや透明感は明代のものに劣ります。
  5. 清末 1862~1911年
  6.  胎土が多様化して発展し、紫泥に酸化マンガンを加えることで鉄釉の黒い結晶のような色彩を出した初期のものが現れました。白泥の名品としては王東石、何心舟の作が貴重なものとして残されています。紫泥と紅泥に含まれる黄顆粒は減少し、朱泥の色彩も清中の妖艶さは失われ、質感も低下しています。
  7. 民初 1911~1938年
  8.  20年代は最盛期に入り、名工たちが復刻も含めて優れた名品を残しています。紫泥の胎土は非常に優れ育つのも速く締りがあって光沢にも潤いがあります。普及品で色彩の枯れた、土の質感が残ったものは育ちに時間がかかります。朱泥は乾燥した暗褐色調でかつての妖艶さはありません。段泥は青灰色に多量の黄粒子が含まれ僅かな赤褐色と淡墨色の顆粒は清中より前のものより小さく締まりもそれほど良くありません。
  9. 现代 1955年以降
  10.  戦乱と建国を経て蜀山陶业生产合作社が設立され、58年国営紫砂廠に改組されました。55~77年の期間に生産されたものは伝統的な製法を維持しており、最初は寂れた質感であるものの時間を掛けて徐々に艶やかな繊細感が現れます。66~77年文革期は茶壺の生産が減少し代わりにビールジョッキが製造されていました。この頃、李昌鴻が農家壶というやかんのような大型の壷を開発し(写真)非常に歓迎されました。また個人名の落款は否定され、その代わりに数字を使い、文革後に再び個人名が使われるようになりました。この期間に生産された茶壺は「文革壶」と総称されます。土胎は乾いており育つのも時間がかかりますが一旦育つと柔らかい光沢に満たされます。78~83年頃から蜂の巣型の茶漉しが採用されるようになり、この時代の大部分のものは黄顆粒が多く育ちも速く透明感があって美しいものです。80~85年頃から少量の黄顆粒に大量の黒色の粒が入るようになり、紅泥は砂っぽい質感からゼリー状に育ちます。85年以降は比較的黑くなり、育つと赤ワインのようになりますが、粒子は粗く育つのに時間がかかります。

 民国期の名工たちは無名時代に上海の骨董商から本物を用意され、それをコピーすることで腕を磨きました。それらは本物として海外の博物館にも収められていますが、これら巨匠たちが大成して以降は骨董よりも彼らの作品の方が価格がつくようになりました。それ以降、本人たちの証言で博物館収蔵品の目録が訂正されたと言われています。これら民国期最高の巨匠たちは「七老」と言われ、彼らやその他の名工たちは民国後期の戦乱から建国後を経て衰退した紫砂制作を立て直すため「蜀山陶业生产合作社」を設立して後進の指導に当たりました。彼ら自身も制作し、その様子が写真に残っています。前から蒋蓉、裴石民、吴云根、王寅春です。

  1. 顾景舟
  2.  (1915-1996)雄健で厳謹、流畅で正確、古朴で典雅、精彩で秀麗と様々な賛辞に満たされ「壶芸泰斗」と称されました(左上写真)。
  3. 王寅春
  4.  (1897-1977)精巧な小壶を作り、薄体で出水は穏やかだが水きれが良いと言われています。最初に半手工の型を作ったのはこの人だと言われています。
  5. 裴石民
  6.  (1892-1976)細密で様々な様式を得意とし“当代陳鳴遠”とも言われました。五蝠蟠桃壶、牛盖莲子壶、三足鼎壶、串顶秦钟壶等の名作があります。
  7. 朱可心
  8.  (1904-1986)报春壶、三友壶、彩蝶壶などの作品が有名です。
  9. 吴云根
  10.  (1892-1969)筋紋器が有名です。朴訥で重厚感があり深みのある輝きがあります。
  11. 任淦庭
  12.  (1889-1968)伝統的な紫砂陶刻を得意としていました。画は山水、花鳥、人物、博古などが主で,梅、竹、蘭、菊に優れていました。書は正、草、隷、篆、鐘鼎、甲骨文など。
  13. 蒋蓉
  14. (1919-2008)動物、植物等、創作のほとんどは自然界を題材にしていました。

 さて、工作の方面から年代を分析するのは容易ではありません。紫砂の最高の時期は明代と民国期の2つがあります。つまりすでに黎明期より最高潮に達していましたので、もう歴史の始めから素晴らしいものがあります。また近代・民国期にも優れたものがあります。ということはある茶壺の出来が悪い、歪なので、昔のものだろうと断定することはできません。工作精度は全く参考になりません。しかし型を使って整形する半手工の技術は民国期に開発されましたので、近代のものであまりにひどいものはありません。また型を使ったもので清代以前のものはないと言えます。型があるので近代の作品は新人の製作でもかなりの水準です。意図的に敢えて工作水準を落とすというものもありますが、これは日本の影響で清末ぐらいからあります。参考にできる要素の追求は中国でも熱心に議論されていますが、決定的なものに欠けているので、工作よりも泥を見る方がだいぶん正確です。それでも工作については知っている方がより真実に迫りやすいと思います。泥は何万年前からか知りませんが地中に埋まっているものであって、その悠久の時間を考えるとそれをここ500年の間に掘り出しているものを新旧で判断するのは意味がないように思えます。しかし使われている泥は時代によってかなり特徴があります。泥も多種多様で複雑です。精製の仕方、陳腐に掛けた時間の長さ、焼き方でだいぶん変わってくるものです。難しいですね。それで専門家でもはっきりわからず、そのため沈没船とか墓からの出土品を標準壺としています。

 これは中国の方の事情なのですが、泥の産地を販売面から明確にしにくいということで様々な問題があります。原鉱とか本山、赵庄や小煤窑と書くだけで売れるので、このうち1つではなくいっぱい書いてあるものとか色々あります。それで一気に信用を失って宜興市政府が対策に乗り出すなど様々な右往左往があって抜本的に解決せずに現在に至っています。嘘でなければいいのだろうということで原鉱の泥をわずかに含めてある泥は現在でも普遍的に見られるとされます。もし純度に問題があるなら「あなたに嫁ぎます」という女性の写真を掲載した販売もあります。表面に本物の紫砂を塗布して本胎は偽などの例もあるので「割っても大丈夫」だと主張する販売もあります。本当に割った写真を掲載しているところもあります。万策尽きてここまで来ています。外山料を原鉱として売っている例は珍しくありませんが、外山料を外山料として販売したらどうなのでしょうか。値段がつきませんね。それでもそういうことをすると目立ちます。外山料であることを明らかにしている茶壺は稀だからです。台湾物以外ほとんどが原鉱として売っています。比較されてしまうと原鉱と書いてあるものが外山料だとバレます。外山料というものが存在していることそれ自体が知られたくないことです。困りますね。どうなるかというと、本当のことを言っている人が裁判に訴えられたりして潰されるんですね。泥ではなく芸術性こそが重要であるという大家もたくさんいます。泥は保護しなければならないので、ハッタリであったとしても彼らの言っていることは正義であって、弦堂がここで言っているようなことは悪なのです。あまり広めてはいけないのです。これは人口の多すぎる中国独有の現象です(天上人について参照)。つまり日本の茶器販売店は、そういうところから仕入れていることになります。あまりにも魑魅魍魎としているので、台湾からしか仕入れないところも結構あると思います。プロでも大陸はやばいと思っている、しかし泥は主に大陸にあるわけですから、結果的に泥についてはよくわからないことがほとんどだと思います。表示法とかそういう法律関係のものに照らし合わせると泥についてはどういう基準になるのかわかりませんが、表示と実際との齟齬についてツッコミどころは見出せないとは限りません。では本物はどうやって証明するのでしょうか。何もないんですね。現物見てわからない者が悪い的な感じであれば、専門家は何のためにいるのかということになります。しかしだからといって問題視しすぎると物が入って来なくなります。本物も偽も関係なく物自体が無くなって、台湾の手堅いものだけで市場が埋め尽くされます。これだと何もわからないと思います。それで自分でしっかり勉強するか、かなり詳しい友人が必要になってきます。友人も素人が寄ってきてあれこれ聞くと相当嫌うと思います。どうでもいい見当違いの質問もしますし、考え方自体が的外れで修正も利かないといったこともあります。どうでも良い事柄に執拗に拘ったります。誰でも最初はこうなのでしょうがないのですが。しかも一方的でメリットはありません。だから自分もかなりやっていなければ友人の質も下がることになります。残念ですが、市場自体がこういう状況ということで、周囲できちんとやっている人を探すのも難しいと思います。9割方は個人でやっていると思います。泥に、特に中国の泥に足を踏み入れる場合は、このことを理解していて欲しいと思います。できれば友人よりも茶店の主人とか、そういう人の方がいいと思います。販売をやっている人は入ってくる物の絶対数が全然違いますからね。自分だったら買わないものでも仕入れだったら買いますね。しかも理解していないといけませんのである程度自分で扱わないといけません。悪いにしてもどう悪いのか、どうだったら活かせるのかということを把握している必要がどうしてもあります。悪いものを販売ですか? ある限定された特別な用途であれば、その方が優れていることもありますからね。いわゆる世間で優れていると言われるものを全部持っている顧客もいます。そこでこういうものを出して、ここが悪いあそこが悪いと散々言うと、先方はじっくり聞いて買います。何で? その悪いところが欲しいんですね。男はチョイ悪が好きですからね。何もわかってはいない風を装いたがるんですね。悪いのは確かだが、しかしどうも微妙に何かが違うような、というそういうものですね。昔の文化人が愛した丁稚具輪はまさにその代表でしょうね。最低限の機能を最も単純化した方法で備えているだけだが実は泥が良いという。こういうものが求められる背景には接客の時に良いものを出すのが難しいという人間関係の問題もあります。それでも茶は旨く淹れたいので、泥にだけ気を遣うような中途半端なものが求められるニーズがあります。そういうものも専門の販売店だったら入って来たりするのです。現物を見れば自分が丁稚具輪系に開眼する可能性も上がってきます。また、そういう風情の客も来店します。良い販売店は存在価値が十分あると思います。しかし日本の中国茶店はどんどん閉店していく流れです。ネットで情報の価値が軽くなっているからだと思います。情報が多すぎるのも問題があることがあります。北京にはあちこちに茶城というものがあります。茶店がいっぱい入っているだけの場所です。有名なのは馬連道です。中国全土の茶がここに集積します。というと皆さんのうち、行動力のある人は現地に飛ぶ、あるいはネットで買います。しかし弦堂は日本の茶店の商売に悪影響を与えることは言いません。よく考えると馬連道なんかは旅行ガイド本にすら掲載してあります。悪いとは言いません。しかし弦堂は余程のことがない限り、ここには行かない、バイクで行ける距離だがそれでも行かないと言っておけば十分だと思います。だけど多くの人がここへ行くので、大いに栄えているのです。馬連道を支えているものは何でしょうか。馬連道は末端のジャイアントなのです。馬連道というブランドと大勢力で羽振っているのです。ということは供給するバックアップがたくさん背後に連なっているのです。この人たちはどこにいるのでしょうか。あなたはなぜそれを知りたいですか。そこへ行って安く買うためですね。別稿で産地に行く話をしましたが、そこまでは難しい、それは北京の茶商でも一緒です。信用というものの価値が低いところなので直に目の前にあるものしか信用できません。産地が出張所を北京に構えていたらどうでしょうか。北京市内で買えるんですね。そしてそこで売っているおじちゃんおばちゃんが収穫期には故郷に帰って茶摘みをしています。高級な筈の茶が安値でどんどん出てきて、どんどん飲ませてくれるのです。これが馬連道に送られると値段が跳ね上がり日本で買った方が安いとなります。もしここにそういう情報を貼り付けるとおそらく多くの人が押し寄せるでしょうね。産業構造を破壊します。だから現地の中国人も知りませんし、その場所は何も書いていません。普通の茶店が普通に十数件あるだけの他と変わらない茶城です。店の人も何も言いません。弦堂がその辺の話に突っ込むとそこの茶城の人たちは笑うだけで何も言いません。しかしそれでも産地よりは価格は上がるので日本の茶商には用事がないところです。日本で買う茶と産地の価格の中間ぐらいだと思います。あまり言わないで欲しいということなので詳報はしませんが、日本在住の人が聞いてもしょうがないと思います(個人的には構わないのですがネットには貼れないし、どうなんでしょうね。弦堂は稀に遊びに行く程度で最近は産地から調達しますので強くお勧めもしないですね。中途半端に高いですし)。日本からだと、どうせ行くんだったら産地まで行った方がはるかに良いですね。ちなみにここは弦堂の学習エリアの1つです。市内で中国のある茶を飲んで「まずいな」と思います。ところがそこへ行くとおじちゃんがそれを出すと言います。一応日本人ということで黙して対峙します。衝撃を受けます。「こんなに旨いのか」親父は「先ごろ採れた一番茶ですよ」と言います。伝説的に話だけ聞いていた茶がそこでは体験できるのです。こういう茶店が日本にもある筈です。結局良茶の栽培地は決まっているし、それだったらどこで見ても一緒ですからね。弦堂の学習エリアは福建閥なので限定された茶しかないという問題がありますが、日本の茶店だと大抵何でもあると思います。そういう店が近くで見つかるといいですね。

戻る  次へ




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂