宜興レポート - 二胡弦堂


 宜興は朱泥茶壺の故郷ということで行ってまいりましたので、写真を交えて様子をご覧いただこうと思います。無錫郊外にあります宜興市よりさらに南の丁山という田舎街が一般に世界の茶人が宜興と呼んでいる場所です。

 丁山市内には黄龍山という場所があります。それが左の写真の場所だと思って、簡単に入れたので侵入して写真も撮ったのですが、これは隣の青龍山でした。青龍山は基本的に石灰しか採れないらしいので開放しているようです。黄龍山は厳重に囲ってあって入ることはできませんが、外観がほとんど同じような状態なので参考に見てください。かつては山があり現在では全て削られて深く掘られ湖になっています。湖なのに山と呼ばれている世界でも稀なところです。かつて朱泥を採掘していた場所が如何に広大だったかを見ると、やはりこれぐらいの規模の埋蔵量はないと朱泥の制作物の産地にはなり得ないと感じられます。まだ岩も残っているのが見えますが、すでに朱泥は枯渇しており採掘も終わってかなりの年月が経っているということです。しかし実際にはまだまだ残っていて地表にまで露出しているとされます。黄龍山の方はそういう様子も含めて全く見れなくなっています。

 丁山市内を歩き回りますと、泥を売る専門店が結構あります。泥は丁山では採掘禁止ですから他の地域から運んできたりとか人工的に化合したりしているようです。倉庫のようになっているところや店舗のようになっているところなど様々です。店舗では泥の見本がかなり置いてあり、店頭には朱泥を含む岩が積んであったりします。こういう岩は基本的には商品ではないと思います。これは崩して粉砕し、しばらく寝かせないと制作には使えないからで、そういう工程を経たものを販売します。セメントの袋のようなものにいれて販売したり、小学の工作の授業で使うようなブロック状の粘土の塊であったり様々です。

 丁山のメインストリートは茶壺の販売店がたくさん並んでいます。「紫砂名壺」や「文革早期」といったような表示が見られるのはここだけではありません。中国全土の骨董店で見かけられる表示です。紫砂とは宜興で産出していた泥のことで朱泥もその一部です。宜興産の朱泥を求める場合、現在では困難なので古いものから探すことになりますが、文革期まで遡ると入手できます。また価格も一番こなれているので質とコストのバランスにうるさい中国人に人気の年代です。「回流」ともあります。宜興茶壺は昔から東南アジアを中心に外国にも輸出していましたので、質の高いもの、しかし現在外国では評価されない類のものをまた中国市場に戻す動きもあります。回流品が本当にあるかはともかく宣伝呼び込みとしてこういう表示があちこちにあります。本物かどうかはわかりませんが、出土品専門の店もあります。土がコテコテにへばりついた壺がたくさん並んでいます。

 宜興というとすぐに朱泥、あるいは紫砂が想起されますが、白磁もあるし、有名なものでは青磁もあります。青磁も紫砂と同様、丁山市内で博物館が建てられる程です。青磁は古代より王侯貴族に好まれ、宋代の汝窑、朝鮮青磁、日本でも鍋島藩が伊万里とは別に山奥に隔離された村を作って技術の漏洩を防ぎ、そこで生産された青磁は宮廷や幕府に納められていたと言われており、また御三家の尾張藩が名古屋城内に窯を作って幕府御用達の青磁を生産していたと言われています。上海の骨董街に行くと「朝鮮青磁あります」という表示が多く、現代でも人気があります。

 茶壺の販売店の多くは工房も併設しており、店内で製作中の風景を見ることができます。メインストリートに店舗を構えることのできる工房は割と成功しているということのようです。しかし制作に従事しているのは家族が多く、とにかく男は働かない傾向があります。現代作品の多くは女性によって作られているのではないかというのは、こういうところを巡ると感じられます。

 大工場もあります。主に普及品などはこういうところで作られているのではないかと思われます。

 宜興紫砂博物館へお邪魔します。往年の有名な作家のものは非常に高額になってしまい、見かけることも難しいのですが、博物館に行くと観察することができます。使われている泥の標本はネットでも見つかりますが、パソコンの画面に写ったものと現物は違いますので、直に本物の肌あいを確認しようと思えば博物館で見るしかありません(しかし一部の書籍は泥の様子がわかることを重視して撮影しているものもあります)。現代では見られないであろう類の肌あいです。鉛のような重厚感があります。こういうものを見るとかつての宜興産の泥はやはり特別なものだったのだろうと感じられます。

 弦堂の住んでいるところの近くの茶城に宜興紫砂研究で有名な人がいます。李建泉という人で、割とテレビにも出ています。たまたま彼の店の前を通った時にシューウィンドウに古壺と手書きの説明があったので、面白い人だと思って入ったのですが、それ以来のお付き合いです。タオバオで検索していただくと彼の著作が2種出ますが、初めての人を連れて行くと皆さんこれを見せられます。泥がわかるように写してあるというマニアックな図鑑なのですが、だけど全く関心がない向きでも結構楽しめるようです。この2冊は泥という観点から参考資料としてとても良いと思います。

 代表的な紫砂関係の博物館は以下のマップで表示しています。特に素晴らしいと言われているのは香港茶具文物館です。

  1. 中国国家博物館
  2. 南京博物院
  3. 无锡帅元紫砂博物館
  4. 一雍紫砂博物館
  5. 香港茶具文物館
  6. 国立台湾博物館

戻る  次へ




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂