泥について - 二胡弦堂


 茶器の製造に使われる泥は非常に重要です。泥は水に与える影響においてそれぞれに特徴がありますが、朱泥は汎用性が広いとされ、古来より珍重されてきました。産地は中国・宜興と日本・常滑が有名ですが、他にも産出する地域はあります。日本では佐渡の朱泥も有名です。右の写真は奥から常滑、宜興、台湾・鶯歌です。有名な産地というのは大量に朱泥が出るという条件がどうしても必要で、朱泥は産出するが量が少ない地域であれば他にも結構あると言われています。日本や台湾の製作家には自分で山に入って泥を探すという人もいます。量を求めなければそういうやり方で結構良い泥は見つかるものらしいです。車で国道を走り、露出している岩肌を観察することで見出します。見つかったら、ほじくって持ち帰るのですが、最近は法律とか、いやいや、世間の方がうるさいのでやりにくくなってきていると思います。

 台湾には有名な朱泥の産地はないので、弦堂の私物である写真の台湾鶯歌産茶壺の泥は、泥専門の業者から購入したものか、そうでなければ作家自身が周辺の山から採ってきたものであろうと推察されます。しかし後ろの2つと比べると色が随分違うのでこれを「朱泥」と呼ぶには抵抗があります。まるでレンガのような泥ですが、これが非常に具合が良くて長年使用しています。購入は20年ぐらい前の台北で、当時は朱泥というものを知らなかったし、この個体の価格もすっかり忘れましたが(確か5000円ぐらい)、烏龍茶を淹れる茶器がなかったので1つ購入したものでした。烏龍茶というのは値が張りますし10煎以上は楽に淹るので、小さい茶壺がないと不経済なのです。不経済と言っておいて安い茶壺が多い台湾で5000円もはたいたのは何故なのか大きな謎ですが、しかも当時は今のように高騰していなかったので、5000円クラスになってくると店の奥のガラス張りのケースに保護されていたのです。この茶壺は90ccしかなく、かなり小型ということでガラス張りの中では一番安いものでした。当時は泥というものに対する概念を持ち合わせておらず、純粋に芸術面だけで評価したものですが、台湾は大陸よりも洒落たものが多いように思います。大陸はとにかく外面を立派にすることばかりという傾向がありますが、台湾には真に古風な文物を制作する文化がまだ息づいていると思います。自分自身は芸術面に拘るつもりは毛頭なく、とりあえず1つあれば良いということで何も深く考えていませんでしたが、どうしてもこういう水準のものが時々目に入ると無意識に台湾の美意識というものに惹きつけられます。現在世界に残っている博物館級の茶壺で最も数が多いのは香港で、半島と香港島にそれぞれ1つずつ博物館があります。台湾は個人所蔵がほとんどで図鑑などの文献制作時に写真を提供するといった感じです。非常に貴重な品が民間にかなりあるのです。どういうことかというと、売ったら一生遊んで暮らせるのに売らない人が多い、または博物館に対抗するぐらい金を出す個人もいるということで、それぐらいがっぷり4つで茶壺を愛し親しんでいるのです。それは良いものが作れるでしょう。茶壺というものは中は洗いませんが、泥に趣があると茶渋も味が感じられます。そこでこの泥ですが、宜興の清代の古い茶壺に使われているものと同じ趣があります。朱泥ではなく紅泥なのですが、どこの紅泥かはわかりません。宜興の方では紫泥から精製する「清水泥」というものがあって古風な肌触りが特徴ですが、こちらの台湾の方は紅泥の陳腐料だと思います。文人趣味的な泥です。台湾料かもしれませんが、しかしこの泥は間違いなく紫砂です。台湾の有名な茶壺作家で呉政憲という人がいて「台湾の茶には台湾の泥が合う」と言っているということですが、これを見ると確かにそうだと感じられます。凍頂烏龍茶は宜興よりもこれの方が合います。味わいの重みと香りのバランスが実に具合が良いのです。しかしこの泥が台湾のものであるという根拠はなく、値段から推測して台湾のものだろうと思っただけですが、この泥をもし大陸の市場に出すと高騰するのではと思うぐらいなので、おそらく作家自身が採集した泥であろうとそう思ったのです。当時であれば中国から泥を買っても安かったのかもしれませんが。ネット時代より前のことですので、その頃にはこういうものもあったということです。今でもあるでしょうね。同じ土壌で茶樹と茶壺を作るというところに親和性があるということなのですから、台湾茶をよく買われる方は「台湾の泥」というところに注目する価値はあると思います。

最近の台湾茶壺はこのお菓子の缶に写っているようなものが主流で釉薬をかけたものになっています。様々な色彩のものがあります。これは元々、鈞窯という河南省の有名な焼き物があって現代でも作られていますが、その台湾版ではないかと思います。結構原色調のグロテスクなものが多いように思います。

 弦堂宅には中国日本両方の家に幾つか宜興の茶壺がありますが、写真の例のものは北京釣魚台迎賓館という国賓や外国の要人を宿泊させる施設があってそこが特注したものです。この個体は外面にわずかな当たりがあるので検査落ちしそれが市場に流れ、何十年か後に南京の骨董街で出てきたものだろうと思います。中に「釣魚臺迎賓館贈」と手書きで書いてあるし中華人民共和国礼物専用章の印もあるので、こういうものは忌避されますから値段がつかず処分価格に低迷していましたが(これも5000円ぐらい)、当時の最高の職人に作らせた物ですし泥も最高のものを使うわけですから非常に良いものなのです。もし作家の銘があったら価格は青天井、そもそも骨董には流れていなかったでしょう(ところが最近、おそらく潮州で作らせたであろう偽が出てきたという連絡があって見せてもらいましたが、ということは最近になって迎賓館物は評価がついたのかもしれません)。宜興は無錫郊外にありますが、東の蘇州や上海、南の黄山方面よりも西の南京方面の方がこういう出物は多いと思います。宜興は値段をふっかけて自信満々で交渉下手だし、上海は文化人が多いのでかなり漁られている反面、南京の骨董商は煽るとすぐに値段を下げるので他よりやりやすいと思います。気性は荒く「何でこんなに下げさせるんだよ。お前は物の価値がわからんのか。阿呆」と言いながらお宝を梱包しますが、こちらは知恵遅れ的な雰囲気を醸し出しつつ指を咥えて立っておれば何の問題もありません。帰り際も罵倒する店主は多いですが、一周してまた前を通るとまた「馬鹿野郎」と言ってきます。他の都市では見受けられない現象です。それだったら何で値段を下げたのか、それぐらい疑問に思います。そこで数年後にまた何か入ってるかなと思っていきますと、弦堂が目をつけている店舗はだいたい倒産しているのです。困ったものです。怒られるのは一向に構わないのですが。良いもので安いものは実際のところ、骨董には1万個に1つもありません。だから何も買わないつもりで行きます。ほとんど周遊機会の9割以上は何も買わないで帰ります。非常に捜索は難しいので、怒鳴られようが殴られようが良いものを置いている店舗は貴重なのです。だけど価値のあるものを焦って捨て値で売るようではやってはいけないですね。南京は文化人が多いので商売は駄目な人は多いのかもしれません。

 ここまで喋ると、常滑についても言わないわけにはいきませんが、これは親戚の家から持ってきた物なので全くわかりません。普通の現行物でしょう。

 容量は一人用だと100cc前後、2人であれば150ccぐらいがちょうど良いような気がします。写真例のように茶は灰汁が出ますので溢れさせて流し去りますから中国茶壺で「大は小を兼ねる」的概念はありません。それで淹れる茶の種類によっては下に受け皿が必要な場合があります。写真の例では溢れた水を貯めることのできる専用の皿、茶盤と言いますが、一般的には竹や木製が多いと思います。陶器以外に銅や鉄、高級なものでは錫なども使われます。茶は色素の沈着が意外と強力なので白っぽいもの、明るい色のものは茶渋が染み込んで取れなくなるものもありますので、その辺りは気をつけなければなりませんし、できれば古くなる程、味わいも増すものが良いと思います。写真で写っている白い茶盤は失敗例でこの教訓から意外と色素の染み込みに留意することは重要だと感じた次第です。色の濃いものに逃げておけば問題ないようにも思えますが、そう単純な話でもないと思います。黒でも色素は染み込むし汚くなるような気がします。黒じゃ漂白ができない分、かえって白より不利なようにも思えてきます。じゃあどうするのか、しっかり考えましたので、この辺りはまた改めて別稿で扱うことにします。

 朱泥というのは赤ではなく、紅泥というのはまた別にあります。朱泥は元の泥は黄色の岩で、中の鉄分が酸化したら錆びで赤みを増すことで仕上がりはオレンジ色になります。冴えない色です。しかし使っているといい感じの色合いになってきます。右の写真の例は龍眼鵝黄朱泥によって作られた茶壺で、鉄分が黒い点になって明らかになっています。熱湯を注ぐと怒ったような赤になります。この辺で宜興紫砂泥の分類をリストします。現在ほとんど使われていない白泥、黒泥を省けば、大まかに3種類に分かれます。

  1. 段泥
  2.  ・本山緑泥
     ・黄金段
     ・芝麻段
     ・老段
     ・青灰泥
     ・降坡泥
  3. 紫泥
  4.  ・底槽清
     ・清水泥
  5. 朱泥
  6.  ・黄龍山朱泥
     ・趙庄朱泥
     ・小煤窯朱泥
     ・大紅袍紅泥

 これらの細かい点については別稿で説明することにします。良い泥は色々ありますが、まず朱泥の茶器、ベンガラ入りの安いものはいけませんが(ベンガラも真面目に開発されたものは良いと思いますが)、何か1つ手元に置いてよく知ると茶文化をより楽しめると思います。このベンガラ、酸化鉄とも言いますが、こういうものとか、その他の鉱物なども混ぜて人工的に色をつけるのに使われます。中国製の激安の陶磁器、茶器に関わらず食器もですが、有害なものもあるとされていて中国本土ではかなり警戒されていますが、ほとんどの製品は専門の泥や釉薬の製造会社が作っていますので問題ありません。常滑も最近のものは着色していると言われますが、全く問題は感じられません。中国の場合、天目釉などの伝統もありますので現代でも中華圏全体で酸化鉄をたっぷり使った茶器が作られており人気です。ただ、朱泥とは全く違うので赤い茶壺を買ってきて朱泥と勘違いしてしまうのは気の毒だと思います。産地はそれぞれ得意不得意があるので、大陸が台湾に発注したり、その逆もあるなど結構活発にやりとりされています。

 紫砂は水を良質に変え、お茶を美味しくしますが、人間というものは実に贅沢なもので、一見欠点と思える事柄、雑味であるとか苦味とか何か良からぬ攻撃をしてくる風情の忌避していた筈の特徴、これらを全部やっつけると逆に懐かしむようになってきて、おかしなバランスによるパンチを楽しむといった方向に行きがちになります。しかしそこにはもちろん質の良し悪しはあります。上質な苦味とかそういうものを追求したくなってきて、そのうち朱泥はどけて、ガツンとくるであろうと想像される茶器を求める旅に出たりします。全く有名でない泥を愛したりする人もいます。



 昨年ぐらいからイズミヤとか生協に行くと変なビールが置いてあるのが気になります。普段からそんなに酒は飲まないので無意識にパスしていましたが、そのうち今年になってもまだあるなと思うようになって、ようやくしっかりパッケージを調査しますと、これがやはり普通ではない、実にふざけたビールなのです。そこでそのうちの1つ、よなよなエールを1本購入します。パッケージの記載によると香りを重視した作りであることがわかります。しかし考えてみるとどのメーカーのビールであれ香りは重視している筈です。それに、重要なのは香りだけではありません。他にも重要な要素が幾つもあり、それらの総合力やバランスで良い製品を作っていきます。もちろん香りを突出させたからといって、他の要素を軽視していることにはなりませんが、すでに長い伝統のあるビールにおいて極め尽くされたバランスから飛び出してある特定の要素を突出させるのは理想中心主義が正しいのであれば、その観点からは不良だろうと思います。だけど、旨いビールは世の中にたくさんあるし、それらを飲み尽くしてよく知っていれば、たとえ3流と謗られようが、愛の大きさゆえに枠をはみ出してしまったものの魅力には足掻い難いということはあります。行き着くと、茶器の選択でもそうなっていくのではないかと思います。それは単にこれまでと違ったものを求めるということとは全く違います。どうして違うものが必要なのでしょうか? 要らないでしょうね。ビールにしろ、茶文化にしてもこれまでに培われてきた伝統は素晴らしく、さらにこの上に何を付け足すのか、もう何もないわけですから。それを充分に識った上で、そうだからこそ生じる一抹の疑問こそがネオスタンダードを生み出す原動力になります。そこを追求したりするから、周りの人から「何で?」と言われたりすることもあるわけで、その回答が魅力的なものであることが判明した時にそれは常識となります。開拓者になって自分の生活の中だけで完結する文化人もいれば、それに止まらず布教者ともなって世間の人々に素晴らしさを触れ告げるために起業する人もいます。製造元のヤッホーブルーイング社には電話をかけて絶賛しようと思いましたが親から「やめなさい、もう・・」と言われて断念、しかしものを追求する面白さは粛々と受け止めた次第です。

 泥の話でしたので戻しますと、中国の泥ですね、この場合は陶器ですが結構色々あって、茶器の場合は四大産地なるものが存在します。宜興、潮州、建水、欽州の四つです。このうち潮州、建水や欽州のものは骨董屋などで置いてあって「これ何?」「宜興」などという偽りなのかどうとも言えないやりとりが行われるわけですが、一方で新品を売っているようなところにはなかなか販売していません。骨董屋でよく見かけられるのは昔、偽の宜興をかなり生産していたからです。茶はそれぞれの地元の泥が合うのではないかという観点から考えると普洱茶だったら雲南省の泥はどうなのかということになって、建水がベストなのではないかと想定される流れになります。そこで確認しますと、まず水がどろっとした、角が完全に丸められたようなトロトロに変化します。こういう舌の感触がある水は普洱茶に合うのでしょうか。結構合うんですね。全てのバランスがあるべきところに収まっている印象があって違和感を感じさせません。特に熟茶は磁器で淹れないとなかなかうまく淹れられないですが、建水だとむしろこちらの方が良いような気さえします。以前は相当雑な作りでしたが、泥の埋蔵量がかなり豊富らしく、国などからの相当なテコ入れがあって、現代では工作はもう十分な精度です。気持ちの良い使い勝手です。デザインも十分で、地理的な要因で若干チベットか東南アジア系のセンスも垣間見られますが、黒泥、現地では紫陶と言いますが、こういう内陸系の泥で、これもまた良いのではないかと思います。すごく頑張っていますし泥も素晴らしいのですが、価格はというとかつてのイメージから抜け出せず低迷しておりかわいそうです。もっと支持されても良いはずですが、宜興の威光にはなかなか対抗できないようです。普洱茶ぐらいしか合うものが見つからないのでその辺は難しいと思います。他の茶になると突然舌触りまで悪くなりどうしようもありません。潮州と欽州については改めて検討します。

戻る  次へ




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂