茶器について - 二胡弦堂


 茶器に何を使うかで茶の味は激変します。そこで世の中には茶の味が良くなる、まろやかになるという茶器が結構売っています。それは大いに結構なのですが、まず必要になってくるのは茶の味に影響を与えない茶器だろうと思います。つまり、ある茶器を使って全ての茶があまねく良くなるのであればもうそれさえあれば充分なのですが、そういうものはおそらくないと思います。それで茶器との相性が悪ければ優れた茶もわからなくなってしまったりすることはありがちです。それでストレートにその茶葉本来のキャラクターを明らかにするような原器のようなものがまずは必要とされます。こんなものは要らないと思うかもしれませんが、いろいろな茶を嗜むのであれば、また茶器をいろいろ持っている場合、訳がわからなくなることがあります。それで一旦原器で確認を取るということはありがちなことです。

 もちろん、特定の茶以外は飲まないという場合はその限りではありません。日本の煎茶しか飲まないということであれば、おそらく最良のものは常滑(写真の朱泥急須)で、抹茶だったら一般には備前と言われます。しかし弦堂の所感では抹茶茶碗は備前以外でも九谷や美濃とか別の産地のものでも使われる泥は充分に吟味されているので好みだけで選んでも良いのではないかと思っています(安価な工業製品はここでは考えていません)。紅茶であれば英国を中心に欧州の王室ブランドの茶器が合いますので最初からそういうものにしておけば無難だと思います(人に勧めておいて自分は持っていないのもどうかと思いますので断っておきますが、弦堂には欧州ブランドのものはありません。紅茶も他のもの、日本か中国のものを使っています。西洋物よりも東洋の方が優れているので当然だと思っているのですが、これは個人的な趣味であって実際欧州製も優れたものはたくさんあります)。

 茶をあれこれと試すということであれば、全く普通の茶器が求められます。それはおそらく無色透明のガラスだろうと思います。ピュアなガラスです。色が多少なりとも入っているとその成分が何らかの影響を与えますのでそういうものは避けます。高級なバカラのようなクリスタルガラスは鉛を含めてあるので好ましくありません。もちろんワインを飲む用途に限定するのであればこの方が良いのですが、茶の素性を知る目的には不適切だと思います。鉛はワインの味を高めます。毒物ですがガラスに化合させてある分には問題はないと思います。かつて古代ローマではワインの中に鉛を足す人がおり、発掘された当時の貴族の屍を調査すると異常な量の鉛が体内から検出された例も結構あるようです。鉱物というのは水に影響を与えます。いわゆるパワーストーンなどと言われるものもそうです。そこで耐熱ガラスを使った茶器、できれば有名メーカーとか百貨店で売っている純度の高いクォリティのものが1つあれば、茶葉と茶器の相性に悩まされることはないと思います。100円ショップのものでも良いのかもしれませんが、それは実際に確認してみないとわからないし、そうすれば有名メーカーの製品が何でちょっと高いのかもわかると思います。実際には素材だけではなくその厚みも影響があるので、完全な中庸を得るのは非常に難しいのですが、その辺りまでこだわるのであれば台湾製が優れていると思います。三希や衝連あたりが有名です。百貨店かネットで買えると思います。

 ガラス以外の茶器の場合は鉄分が含まれた泥を使います。鉄は主要成分ですが、その他のミネラルも水に影響を与えます。釉薬もかなりの影響があります。泥では有名なものは宜興や常滑の朱泥、備前、台湾中部大地震の時に露出した岩泥などがあります。台湾の岩泥は陶作坊などが扱っています。釉薬は現在、中国を中心に幾つかの会社が開発していて良いものも結構あります。白磁は景德鎮など中国ではカオリンという鉱物を使うことで真っ白を得ていました。英国ではカオリンが産出せず、代わりに牛骨を灰にして使うことでようやく白磁を製造することができました(ボーン・チャイナは「中国の骨」の意)。しかしカオリンと牛骨では水に対する影響が異なります。欧州ではボーン・チャイナを薄胎に仕上げ紅茶の香りを引き出していました。カオリンを使う中国でも明代に薄胎の茶器を非常に複雑な工程と欠品率の高さという問題があっても構わず製造しており、使う材料は異なりながらも高級品に関しては薄仕上げにこだわっていました。現代の進歩した工業力を手に入れた中国はかつては製造困難だった多くの茶器を薄胎で製造しており(しかし紫砂の薄胎は台湾が非常に得意なので大陸から島に外注されるのが多いと思います。この外注品は古い中華文化の薫りがして良いものです)、それでも高価には変わりありませんが、以前のように貴族や富豪しか手にできなかったようなものが一般の人でも無理すれば買えるぐらいの価格(数万円)にはなっているので現代はとても良い時代ですが、彼らがそれほど薄胎を重視するのは十分に理由があってのことです。

 写真の茶壺は100ccほどのかなり小さなもので広口、泥料は段泥ということでこれは鳳凰単叢に使うものであろうと考えて南京の骨董市で購入したものです(この店も別稿の店と同じビルに入居していますが、ここも倒産して閉店しています。ここの親父の方が口が悪かったと記憶しています)。この泥は本山緑泥と呼ばれるものですが、本来はもっと明るい色で使い込んでだいぶん濃くなっています(黄金段、或いは老段にも見えますが成分がかなり単調なので違うと思います。どれも大して変わりませんが)。泥と鉄分が分離していて、鉄が粒状になっています。鉄の含有量は約2.8%と少ないのですが、世界で最もコバルト含有量の多い泥でその量は0.00395%です。漢方の観点から価値があります。鳳凰単叢の場合は普通、茶葉はもっと入れます。岩茶系は溢れるぐらい、山のように放り込んで湯を注ぐ時に沈没させます。特に来客時はそうします。もちろん個人で白湯のように飲みたければその限りではありませんのでそこは自由です。これは極めて薄胎で、製造は高難度の作品です。薄胎は香りが立ちやすいのでその点を重視する茶には使われます。

 薄胎は香り以外にも重要な特徴があって、それは泥料をわずかしか使っていないことで泥からの影響を最小限に抑えられるというものです。あまり影響は与えたくはないが、水に多少の甘みは欲しい場合にガラスよりも重宝なものになります。台湾の薄胎朱泥は高温で焼成(1200℃以上。一般的に朱泥は1160℃ぐらいが最適とされます)され、香りを重視しているらしいと感じられます。茶は研究努力がすごく、特に大陸で改良努力がすごいと言うと信じない人が多いと思いますが、非常に進歩しているので価格を抑えて質も良しということで、そういう流れが茶器にも影響を与えて薄胎が好まれる方向のような気がします。関係ない話ですが、10年前の中国のビールは泡もあまりたちませんでしたが、すごい努力で最近のものは世界レベルとほとんど遜色ありません。中国も色々言われてかわいそうなので、頑張っている分野もあるということで少しご紹介しました。

 ここまでで、泥からの影響とそれを極力抑えることについて話してきましたが、泥の特性が特定の茶に対して有効に作用するのであれば、それは積極的に使っていきたいところです。しかし茶壺(急須)と杯、さらに茶海(公道杯)の材料がそれぞれ異なっていれば、特徴が衝突し茶本来の特徴を潰してしまうこともあります。それで方向性を茶壺で決めたのであれば、それ以外は極力影響を与えないものとすることで混乱を防ぐことができます。あるいは全体を同じもので統一するか、相性を充分に確認した上で組み合わせることになります。かなり面倒なので、茶海はガラスで逃げておき、杯は薄胎の白磁とされるパターンが王道化され、そういうものを茶店で試飲するたびに見ることになります。プロの茶商の場合は、販売する茶の特性をそのまま顧客に提示する責任もあるのであまり茶器で変えていくようなことはしません。もし機会があればその辺は観察していただきたいと思います。試飲する茶葉を変えると茶器も変えたりしますのでよく見ることで参考にできます。近所のスーパーには写真のようなコーヒー用のものであれば見つかると思いますので、これを茶海として使うこともできると思います。左は弦堂私物の台湾・三希製茶海です。非常に厚手で気泡も見受けられますが、材料は高純度です。使い勝手もこういう専用のものの方が良いと思いますし、価格もコーヒー用の物より安い筈です。注意点の1つは杯にガラスと白磁の選択肢があって、茶葉によってどうして変えることがあるのかというところです。ガラスはナチュラルなのでストレートに茶葉の個性を明らかにします。しかしそれだと少しきつい、舌に少し刺すようなソリッド感が気になることがあります。良質の白磁はそこを丸めますのでほとんどの場合、こちらが使われると思います。薄胎はあまり甘くし過ぎず、品よく抑えるし香りも立つので理想的なのです。一方、特定の種の緑茶においてはソリッド感が持ち味である場合もあるのでその場合においてはガラスが使われることが多くなります。使われている茶器に注意を払うことで、その茶のキャラクターが幾らか理解できることもあります。茶葉を買った場合、それらを踏まえた上で帰宅後に自分の茶器で自分好みの方向に振ることでよりポテンシャルを引き出すという考え方がなされるものと思います。

 有名な言葉に「茗必武夷,壶必孟臣,杯必若深,三者为品茶之要,非此不足自豪,且不足待客」というものがあります。わかりやすいように意訳しますと、茶は必ず武夷山茶、茶壺は宜興紫砂、杯は白磁、この3つは茶の要、欠ければ満足できず、客をもてなすこともできない、という意味です。武夷山は烏龍茶や紅茶の発祥地なので、優れた茶全般を指しているのだろうと思います。孟臣とは明代の恵孟臣のことで、現代に引き継がれている茶壺造形の発祥者、彼の名は即ち宜興紫砂壺全般を意味します。若琛というのは清代景徳鎮の名工で、薄胎白磁杯の代名詞です。紫砂から白磁への受け渡しというところに最高のバランスを見出しています。中国では茶を嗜まない一般市民でも知っていると思います。

戻る  次へ




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂