中華音響トランス - 二胡弦堂


  中国製の音響トランスを扱うようになった経緯については、中国音楽の再生と録音をご覧下さい。端子は上が入力、下が出力です(逆に挿しても壊れたりはしません。音がすごく小さくなったりしますが、場合によってはそういう風に使うこともあります)。入力はパソコンのイヤフォン端子、インターフェースやDAC、CDプレイヤーの出力に接続します。最近はデジタル回路というものが出てきて安価に作れるらしいので多くの普及品に採用されています。デジタル回路とトランスはマッチングせず、音が小さくなり甲高い音になってしまいます。アナログ回路は今や高級品になるようですが、そういうものとしか基本的に合わないということもご理解ください。

新作トランス

中国製トランスA  現代に製造された音響トランスです。パーマロイコアを使用したマイクロフォングレード(マイク用ではありません)で、さらに同じパーマロイによるケースに収めた上で樹脂のケースに格納し端子と接続してあります。トランスは2つ、ステレオ仕様です。

 現代の中国では世界の大半のものが作られていますが、音響トランスも例外ではありません。機械で大量生産されたすごく安いものが大部分ですが、一部に高級品も作られているので世界の最新研究を反映した手巻き生産ものも入手できます。機械巻きと手巻きの価格差は50倍ぐらいです。このトランスを巻いた会社は英国や日本の有名オーディオメーカーにも供給していますので品質は問題ないのですが、我々が求めるのはそこではなく中国特有の毒が出るか否かなので、こういう外国御用達の技術に優れたメーカーが大いに本領を発揮して高性能だがおもしろみのない、或いは外国ナイズされた思想の欠片も感じられないものは必要としていません。機械巻きだとどうしてもこうなりますが、手工生産となるとやはりお国柄は出るもので、中国が作ると中国文化の感じさせるものになっています。現代はよりハイファイなのでヴィンテージ程のコテコテの毒はないですが、その代わりに中国音楽の魅力は十分に伝えつつ、いろんな音楽をそれなりに乗りこなす幅広さがあります。一般的にはこれがファーストチョイスだと思います。

          ¥8,000


ヴィンテージ・トランス

 建国(1949年)~文化大革命期(70年代)に制作された各種トランスです。かつてオーディオというと高級な趣味だったので、そういうものに使われたトランス、さらに軍用で朝鮮戦争以降に作られたトランスも含まれています。まずこれは中国にしかないであろう独自のビューティフルサウンドです。コテコテに艶やかなサウンドが展開され、世界のあらゆる音楽を中国4000年の歴史に基づき再規定します。アルゼンチンタンゴ、戦前戦後のウィーンの交響楽、三文オペラ時代のベルリンの音楽などを半端なく濃い毒まみれの音楽に変貌させます。最も相性が良いのは30年代租界時代の上海歌曲、テレサテンなどの中華物です。つまり廃頽色の強い音楽向きです。空間系とか立体感を重視した音楽には向きません。写真は蓋を開けて撮影していますが発送される時には閉まっています。4種類ありますが指定いただくこともできます(Dは終了しました)。新しいものであれば特性上のばらつきがなく、ステレオペアも簡単に構成できますが、こういう古いものは全部モノラルで特性がバラバラです。それである程度大量に購入できないとマッチングを探せません。それでも現代の製品のように完璧には合っていません。わずかなので使用上問題になってこないと思いますが、厳格な要求がある場合は現代に製造されたものになると思います。

          ¥18,000

中国製トランスB

 以下の音源はCを使っていますが、基本的にどれも大きく変わりません。トランス外面の銀色のケースは関係なく、中に巻いたものが入っているだけですから。Cは露出しているんですね。現代のトランスはもう少し癖がないですが、傾向としてはやはり変わりません。



 歌モノがわかりやすかろうと思ったのですが、著作権の問題でほとんど扱えません。しかし烏龍茶の広告に使われていたというこの作品は問題ないようなので使わせていただきました。テレサテンで行きたかったのですが、現状無理みたいですね。そして古い音源の中から30年代の上海歌曲を使おうと思ったのですが、これも著作権があるらしい、もう80年から経っているのですけれどもまだ権利があるということで、この辺は難しいですね。さて、1つ目は何もしていないそのままのmp3です。2つ目は中国製トランスを通したものです。音が大人しくなっています。大人の会話になっています。非常に落ち着いた静かな感じがします。そして若干立体感を失っています。女声はしっとりシルキーです。落ち着いてはいますが音像はより前に出ています。オリジナルの引っ込んだ感じが決して悪いわけではありませんが、落ち着いたら引っ込むわけではないという一見矛盾するように思える違いが確認できます。3番目で後段にコンプを入れるともう少し音が凝縮されます。使ったのはRupert Neve Designs 5015です。今はおそらく販売しておらず、ボロいのを中古で買ったものですが(古い方がエージングが利いているし初期不良の心配もないというメリットがあります)、ゲインリダクションを最大でも5dBに抑えてありますがこれは若干強めのような気がします。ここではこれぐらいでわかりやすい方が良いと思います。この状態でトランスだけ冷戦時代、東独のRFTが製造したトランス変えます。胴鳴りに木の薫りがします。音が木の味がします。貴族的な品というものが感じられます。中華のトランスにも貴族的な響きがあります。しかしそのイメージするところは違うということがわかります。それはローマ帝国と清朝の違いでしょう。毒があるのは中華の方です。東独は洗練されています。東独RFTは他のメーカーのものに繋ぐと個性が消えます。すごく虐められやすいんですね。だけど何もかもRFTで統一は難しく、どうしてもいろんなものに挟まれます。ドイツ物だと良いですし、日本製もあまり虐めないので良いのですが、英米とは合わない傾向があります。本来は非常に清らかなサウンドです。東欧の古い街のような雰囲気があります。続いて、60年代英国のマリンエアを使います。ロックのバックバンドみたいな響きです。女声は律儀で、甘ったれた所が失われています。大変残念です。島国の悪いところが出たんじゃないか?躾すぎも良くない、ある意味そういう感じもしないでもありません。何でこうなるんだろ? こういうところでレディーファーストというのがかえって違和感があるような気がします。しかしサウンドの重厚感と構成感は失ったものを忘れさせるほどの素晴らしさがあります。確かに素晴らしいのですが、欧州のトランスは音が活き活きし過ぎているように思います。立体感があるからだと思います。東洋とは随分感覚が違うことがわかります。適材適所で使っていかねばならないということがわかります。東洋の中国、また日本もそうですが、立体感を捨てて音そのものの濃密度を愛するというのも別の説得力があります。

 続いてパソコンに入れるプラグインでも試してみたいと思います。プラグインに挿した音を外部に出してトランスに通すので繋ぐ順序が逆になります。外部のレコーダーに録音しているためですが、パソコンに音を戻すのであれば、トランスを通した音にプラグインを挿すことができます。しかしライブでは出した音はおそらく戻さないと思うので、とりあえずこれで試したいと思います。プラグインは全てWavesが販売しているものです。全体的にそれぞれ固有の特徴はあるもののメーカーが同じですから基本は同じという感じがします。同じトランスを後段に置いていることも関係があると思います。スピード感とか音の丸みとかそういうところで個々の違いがありますが、コンプはもとより使っていることがわからないように使用するものなので、そんなに違いがあっても困るのですが、いずれもしっかりと仕事は果たすという感じがします。ライブなどで外部に持ち出すのであればプラグインは重量がないので(パソコンが要りますが)その方が良いということもあると思います。ライブにおいては会場の隅々まで音を浸透させる必要があることからコンプは必需品だろうと思いますが、本稿の音源からその必要性は感じられると思います。PAさんがいて機材もあってというところであれば何も考えなくてもやってくれますが。プラグインは確かに綺麗ですしよくできているのですが、最大の違いは生命感だと思います。本稿の例ではトランスを入れているので相当良くなってはいるのですが、それでも比較しますと違いは明らかです。ただ音そのものはよくコピーできていると思います。

 最初はSSLのバスコンプを挿してみます。世界のレコーディングスタジオは主に英SSL,Neve(元は英、現在は米、アルゼンチン人),米APIあたりが使われています(古いものも含めるともう少しいろいろありますが)。こういうプロ用の高い評価を得ているものはもうめちゃくちゃ使っても、どのセッティングでも魅了されてしまう音が出ます。一般のは、極端なセッティングだと音が痩せます。かなり控えめでないと使えません。ストライクゾーンが狭かったりします。紙に書いてあるスペックは凄いし、確かに音は出るのですが。中古でもいいので、中途半端なものは買わないようにするということと、コンプは気に入らなくても売らない、他のコンプと数珠つなぎで使うと非常に良いので置いておかねばなりません。いずれにしてもコンプはうっすら掛けるのが良く、これだと大体どんなものでも使いようがあるからです。本稿のサンプル音源は最大でも5dBということでしたが、安価なものだとこんなに掛けちゃうと使える音は出ないことが多いと思います。よくあるのが強烈に音痩せするパターンです。だからプラグインは名機のモデリングでなければ、あるいは完全に新作でないと作れないと思います。モデリングが出ている時点でかなり評価されているものと見做すことができます。そこでスタンダードに最も近いと思われるSSLから始めてみました。プラグインとしても一応標準的なものと考えても良いと思います。

 次に米APIを挿してみました。これはヴィンテージに変えるスイッチがあったのでそれもONにしてみました。すごく表現が明るいですね。ディズニーに合いそうな感じです。天真爛漫な表現です。プラグインでこういうところを復刻したのはすごいですね。東洋とは全然違います。相性は悪いと思います。アメリカンはとにかく中国と合わないですが、本稿ではアウトボードを入れている方では一部に米WesternElectric社の戦前のケーブルを使っています(プラグインでは使っていません)。油でコードを浸したもので、非常に活きの良い音が鳴ります。プレスリー的な。あまりアメリカンが強く出るのは困りますが、そもそも英国の技術は米国からの転出だったので古いものであれば共通点もあるし、よく馴染むこともあります。

 Fairchild 670の実機は非常に控えめで品があり、落ち着きをもたらします。60年代ニューヨークで収録された名盤の数々にはこれが使われていますが、ともすると快活になりすぎる感のある米音楽に王者のような重厚感でしっとり聴かせていた本機がなければ彼らの成功自体がなかったのではないかと思えるぐらいのインパクトがあります。この最終ウエポン、総重量が30kgにも及ぶとされる大型爆弾の炸裂は科学技術の進んだ現代でも評価が揺らいでいません。プラグインはまあ似た感じの音が出るかな?ぐらいですが。プラグインは控えたところが足りないし、一方は本来しっとりしたものですから相性は悪いでしょうね。音というよりも雰囲気が良いというタイプのものとプラグインは合わない気がします。もしかするとこれは670と中華トランスという似た物同士で合わない例なのかもしれません。

 次に英EMIスタジオで使われていたというTG12345を挿します。これは謎めいたつまみが幾つかあるのでいじりますが、だんだんこのようにおかしくなりました。だけどとりあえずこれでいってみました。妙に響き過ぎでいささか聞き苦しさがありますが、プラグインでこういうこともできるということだと思います。

 光学素子を開発した人自ら製造したというLA-2Aです。光学素子特有の良さがよく出ていると思います。この例の場合はすでに商業録音として完成しているところにさらにオプトのコンプレッサーを入れるということなので、ちょっとスピード感に問題があるような感じがしますが、録音したままの音源であれば結構良さそうな印象は感じられると思います。

 1176はアタックが早い特徴があるので活き活きと感じられます。使いやすい感じがします。これを気に入って実機を買うともっと強烈なのでびっくりすると思います。貸しスタジオに1176は大概あると言われるぐらい普及しています。J-Popでもかなり使われているのですでに世間でお馴染みのサウンドです。どちらかというとこのタイプはドラムとか弦楽器だとバチを使うようなタイプに使われると思うので、二胡で実機の場合は光学式が合うし比較的小型で安価なものもあるので持ち出しにも有利ですが、演奏技術が高い人も少なくないのでそういう方はスピーディーな方が良いという場合もあるかもしれません(光学式が必ずしも鈍いとは限りませんが)。

 似たようなアタックの早いタイプでNeve 2254とも比較してみます。落ち着いた静かな感じがします。ムードがあります。この曲でプラグインの中では2254が一番合っているような気がします。これはWavesのVシリーズ、スタンダードモデルの中に入っているものなので一般的なものなのですが、結局普通のが一番良いのかもしれません。実機もNeveでしたが、ほとんど違いがない感じさえします。実機はVCAタイプですが、FFモードで高速にしてあるので非常に似てきているのだと思います。音の活きだけ差があります。トランスで差を埋めるも限界があることがわかります。どうしても聞きたくなるのは実機の方ですが、この差をどうみなすかというところになってきそうです。

 プラグインはスタンダード的なものが無難という感じでしたが、実機は光学式以外ではどうでしょうか。真空管もありますが結構メンテとか重量とかノイズとか何かと大変です。高速タイプはどうなんでしょうね。個性はあって面白いので光学式があってまだ他に何かということであれば良いかもしれません。しかし光学式があるなら2つ目はVCAの方が何かと使い勝手は良いとは思います。本稿のような市販の録音をどうにかしようという場合やそういう傾向の作業、例えばマスタリングなどで光学式はちょっと合わないし個性がない方が良いので。コンプは設計が困難な代物ですが、光学式は天然なので割と容易ですからガレージメーカーが作るのはこれが割と多い傾向がありますので、面白いものもある筈です。できればプラグインでなくてこういうものにトランスを合わせるという組み合わせでサウンド作りを考えたいところです。注意点としてはギター用のエフェクターはインピーダンスが違うのでDIを使わない限り使えません。録音用光学式コンプは非常に見つかりにくいので、もしありましたらご紹介ください。以下のリストはメーカー品、ガレージメーカーに関わりなく載せていますが、如何に安くても問題あることが確実にわかっているメーカーのものは掲載していません。しかしリスト掲載分も弦堂で品質を調査しているわけではありません。

LA-2A
Neve 5017
MANLEY ELOP+
TUBE-TECH SMC2B
maselec mla-2
Avalon AD2044
Cafe au Label AMATERAS 3011
アナログ式 optlim

 中国製造の安いメーカー品も幾つかありますが外してあります。安くて外観良しで一番売れ筋みたいですが。音がどうしても「これじゃない」感がありますからね。リスト中、かなり高価なものもありますが、真空管式ですごく重いなど購入後もいろいろあるのでプロスタジオ用でしょうね。確かに音は抜群に良いのでしょうけれども気軽に持ち出せるタイプのものの方が良いかもしれないということも考える必要があります。ディスクリートのものでプロ用であれば毎日酷使するような条件下を想定してるので信頼性は高いですから同じ価格で新品を買うよりも中古の方が良いこともあると思います(どうしても安い方安い方に流れる人が多いので重要な注意点としてですが)。本稿で見ていただいたNeve5015のようなもの(これは本来は放送局やレコーディングスタジオのコンソールに入れるユニットです)を中古で半額以下でも見つかることがありますが、同価格帯で新品は買っても使わなくなる可能性が高くなると思います。それぐらいコンプというのは嫌味がどうしてもあります。だから品があるとかそういうものはその時点で普通ではないのです。尚、5015はハーフラックサイズなのでモバイル性は低いです。VCAは持ち出さないからそれでも良いのですが、うちの場合は光学式で何十年も前の古い機器ですが小さいのがあるのでそれで構わないのです(これについては「学習」稿で使うのでここではサンプル音源は掲載しなくて良いと思います)。ギター用のエフェクターは面白そうで安価なものが多いですね。一応後ろにDIをつければいけると思うのですが、弦堂にはエフェクターなるものは1つもないので検証していません。この辺はまだ未開の領域です。おそらくノイズが多いような気がします。試した方がおられましたら情報を共有できます場合はお知らせください。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂