中華音響トランス - 二胡弦堂


  中国製の音響トランスを扱うようになった経緯については、中国音楽の再生と録音をご覧下さい。端子は上が入力、下が出力です(逆に挿しても壊れたりはしません。音がすごく小さくなったりしますが)。入力はパソコンのイヤフォン端子、インターフェースやDAC、CDプレイヤーの出力に接続します。

新作トランス

中国製トランスA  現代に製造された音響トランスです。パーマロイコアを使用したマイクロフォングレードで、さらに同じパーマロイによるケースに収めた上で樹脂のケースに格納し端子と接続してあります。トランスは2つ、ステレオ仕様です。

 現代の中国では世界の大半のものが作られていますが、音響トランスも例外ではありません。機械で大量生産されたすごく安いものが大部分ですが、一部に高級品も作られているので世界の最新研究を反映した手巻き生産ものも入手できます。機械巻きと手巻きの価格差は50倍ぐらいです。このトランスを巻いた会社は英国や日本の有名オーディオメーカーにも供給していますので品質は問題ないのですが、我々が求めるのはそこではなく中国特有の毒が出るか否かなので、こういう外国御用達の技術に優れたメーカーが大いに本領を発揮して高性能だがおもしろみのない、或いは外国ナイズされた思想の欠片も感じられないものは必要としていません。機械巻きだとどうしてもこうなりますが、手工生産となるとやはりお国柄は出るもので、中国が作ると中国文化の感じさせるものになっています。現代はよりハイファイなのでヴィンテージ程のコテコテの毒はないですが、その代わりに中国音楽の魅力は十分に伝えつつ、いろんな音楽をそれなりに乗りこなす幅広さがあります。一般的にはこれがファーストチョイスだと思います。

          ¥8,000


ヴィンテージ・トランス

 建国(1949年)~文化大革命期(70年代)に制作された各種トランスです。かつてオーディオというと高級な趣味だったので、そういうものに使われたトランス、さらに軍用で朝鮮戦争以降に作られたトランスも含まれています。まずこれは中国にしかないであろう独自のビューティフルサウンドです。コテコテに艶やかなサウンドが展開され、世界のあらゆる音楽を中国4000年の歴史に基づき再規定します。アルゼンチンタンゴ、戦前戦後のウィーンの交響楽、三文オペラ時代のベルリンの音楽などを半端なく濃い毒まみれの音楽に変貌させます。最も相性が良いのは30年代租界時代の上海歌曲、テレサテンなどの中華物です。つまり廃頽色の強い音楽向きです。空間系とか立体感を重視した音楽には向きません。写真は蓋を開けて撮影していますが発送される時には閉まっています。4種類ありますが指定いただくこともできます(Dは終了しました)。

          ¥18,000

中国製トランスB




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂