Path松脂(旧タルティーニ松脂) - 二胡弦堂


 情熱的なトーンの輝かしい音色とすばらしい流れなどという全製品共通の説明に続き、製造についての記述があり、松の主材料に6つの天然素材を加えているとあります。主にこのバランスによって様々な表現の方向性を探っており、幾つかの製品を製造しています。

 Path松脂は、元イタリアのタルティーニ松脂だったものです。様々な事情により、モデルが変更されてきましたが、詳細は商品説明の後に記載しています。

 写真の松脂を包んでいる布の色は違う場合があります。

 Path社は2014.7.27に倒産しました。製造権は他社に売られました。本ページ記載のものは徐々に終了し、2種類に集約されます。クライン(バイオリン用)とマエストーソ(バイオリン、ビオラ、チェロ用)の2種です。これはまだ販売開始していない模様です。



Path1松脂   Path1松脂
         1個 ¥ 2,200

 メーカーの説明では、情報量が多く輝かしいサウンドが得られる、とあります。音はクリアーでありながら、豊かな共鳴も得られます。西洋楽器では、バイオリンとビオラに使われます。これが標準です。



Path3松脂   Path3松脂
         1個 ¥ 2,200

 メーカーの説明では、パワフルな演奏家用です。弦への食付きが良いようです。西洋楽器では、バイオリン、ビオラに使われます。二胡は西洋楽器よりも食い付きを求めるので、こちらの方が中国松脂の配合に近くなると思います。



Path maestoso松脂   Path松脂 マエストーソ
         1個 ¥ 2,000

 メーカーの説明:立体感のある構築的なサウンドをもたらします。音の重厚感は、合奏音楽をより一層力強いものにしてくれます。ドラマティックな表現力が洗練された時にのみ表出される艶やかなロマンの薫りはここにあります。(英語を適当に意訳しております)

 弦堂のコメント:旧タルティーニの低音用の松脂です。しかし中国楽器であれば高胡にも使えます。より中国松脂の配合に近くなります。



タルティーニ松脂  タルティーニ松脂の歴史は、イタリアの名バイオリニスト・パガニーニが使用していた松脂に遡ります。これを、アンドレア・パンという骨董好きの人物が購入し、研究を重ねて現在に蘇らせたのが、タルティーニブランドの松脂です。パンは、この松脂を外注で作らせていましたが、何らかのトラブルで契約が破談して、パンは「アンドレア」を新規に開発、これは現在も販売されています。以前に外注で作っていた製造会社は、タルティーニのノウハウがあるので引き続き製造できますが、材料の供給をパンの会社が扱っていたので、手配に時間がかかりようやく製造を再開したのが、後にニュー・タルティーニとして知られるようになった松脂です。(写真)

 パンの会社は営業が主な業務なので各国の販売店に力があり、一方製造会社の方はただ作るだけだったので、この力関係の圧力で製造会社は市場から閉め出され、このあたりの事情はタルティーニで検索すると記事が幾つか出てくると思います。

 こちら消費者の側からすれば、とりあえず品質が良いという前提が重要なのですが、アンドレアは質が落ち(注:アンドレア・パンは、タルティーニを自分が開発したと主張していますが実際の開発は製造・研究業者であることが、このアンドレアの質の悪さではっきりしたと思います。パンはかつてパガニーニが使用したオリジナルを失い、さらに研究結果の詳細に関心を持たなかった結果、タルティーニを製造できなくなったと考えられます。)一方の製造会社のタルティーニは非常に高い品質を保ってはいるものの販売ルートは制限されており、現状の状況でいつまで製造できるのかわかりませんが、販売店も国内にないことから、こちらを扱うことにしたものです。

メーカーの人  右の写真の方が製造しています。(写真は、そのまま貼り付けるのはおもしろくないので、エフェクトを加えてみました。)

 ニュー・タルティーニ製造会社のPath社は、この後、旧型の販売中止に追い込まれましたがこれは、私の予想では、パン側との法的なトラブルで商標権を失ったためと思います。Path社の開発能力は、ニュー・タルティーニ以上の評価を受けている彼らのオリジナル商品「Path」が証明しており、タルティーニ研究を活かしてさらに上を目指したのではないかと思います。「ニュー・タルティーニ」の商標を失ってからは、これらの松脂をすべてPathと改名、パッケージも変更して販売を継続しています。

(小店としては深い事情を把握しているわけではないので、どちらかの肩を持つということはしていません。イタリア人が韓国人に外注し、喧嘩別れに終わったという、イタリア人は自分たちがプロデュースしたので自分たちのものだと思っているし韓国人からするとイタリア人は何もしていないというわだかまりがあって、何かのことでそういうものが表面化したものと思います。アンドレアの低水準を見ると結局韓国人は優れた開発者だったということと、同じ水準の開発者の獲得が困難であるということが明確になったと思います。何れにしてもイタリア人のいい加減さには呆れますね。タルティーニのレシピを持っていなかったというのは問題だと思います。丸投げはともかく、製品については把握しているべきだったでしょう。韓国人の方もやればタルティーニを上回れるということを示したわけで、これだけの技術力があるのに韓国だから売れないという、西洋音楽業界も意外と物の価値がわからないというか、こだわっているのか何なのかよくわからん人たちですね。全体的にバカバカしい問題です。)

 工場で加工されたものではない、天然の松脂も素晴らしいパフォーマンスです。福建・広西チワン族自治区の松脂はその中でも最高級の逸品です。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂