二胡用消音器,微調整器,音準器,飾り - 二胡弦堂


弱音器

弱音器の二胡への使い方
         ¥ 1,000

夜間の練習などで音を小さくしたい時に使います。
洗濯バサミのように駒に挟んで使います。

二胡の消音は本物の洗濯バサミでも形状が合うものを選べばプラスチックのものであっても効果があります。
素材や大きさによって音の印象が変わってきますのでこだわると面白いポイントです。
単に弱音効果を得るだけであれば、琴胴の後面を覆う方法もあります。



紫銅製デンペン 弦堂特製


デンペン
      30mm 1枚 ¥800
      45mm 1枚 ¥800

 デンペンは主にプラスチックが使われていますが耐久性に問題があります。二胡は古くなって味が出てくるのにデンペンは新品に交換します。できるならデンペンもエージングを楽しみたいところです。そこで銅を使うということを考えましたが1つ問題があります。デンペンは折り返しが1箇所ありますが、その角度に個体差がありますので特注的な交換、修理扱いになり規格を揃えることができません。しかし角は保護する必要はありませんので必ずしも1枚繋ぎにする必要はありません。そこで2枚に分けるという方法であらゆる二胡に対応することにしました。それでも角は保護できますが、そういう必要のないところを埋めるよりも見た目のバランスの方が重要のような気がします。角を埋めたりしない方が戦国武士の帷子のようで格好が良いと思います。尚、角にも当てが必要な初心者はプラスチックでもぜんぜん大丈夫です。初心者のデンペンは摩耗しないので(つまり素早い運弓の発熱でプラスチックが減るわけです。ゆっくりだと減らないということです)しばらく向上するまではそのままで進めて本当に必要になってから本品を検討して下さい。八角二胡は30mm 2~3枚(側面なしの2枚で十分)、六角二胡は30mm1枚,45mm1枚の計2枚です。幅は約14mmです。下の写真の例では八角はこんなものですが、六角は胴が小型の古楽器なので45cmの方は少々大きすぎます。現代六角であれば上下にもう少し余裕ができます。金属と皮を接着しますので用途に合ったボンドを購入いただきご自身で貼り付けていただく必要があります。液状ボンドではなく粘性のもので皮と金属に対応したタイプを使います。厚みはプラスチックの場合通常1mm程ですが、これを1.5mmと分厚くしました。分厚い方が風格があるし贅沢な感じがするからです。もっとも、プラスチックでも1.5mmは普通にありますので特殊なわけではありません。それに材質を換えると音も変わってきます。金属を採用したことによって外観同様、音の方も風格を増すと思います。表面には「弦堂」の鋼印が入っています。表面はちょっと粗い目のヤスリでの磨きになっています。材料は紫銅(10円玉風)なのですが、光の具合によって赤にも黄色にも見えるという感じのものです。弦など消耗品はあるのですからデンペンもそうであったからと言って何ら問題ない筈ですが、しかしデンペンに半永久品を使う、人によってはそれでも尚、交換が必要なのかもしれませんが、1つ面倒を見ないといけないものが減るということと、何と言っても恰幅が良くなるのは良いことです。デンペン保護のためにテープを貼るといったことからも開放されます。テープを貼ると音が鈍くなりますが、銅の採用で音に輝きを増すことも有利な点です。銅を使っていますが、硬い金属だと何でも良いと思います。しかし音質の観点から銅になりました。音質だけであれば銀や金の方が良いのは間違いないですが、価格と強度の問題がありますので、高級感も考えて銅に落ち着きました。

デンペン八角二胡ヘの取り付け例



ウィットナー微調整器・アジャスター



二胡用微調整器・アジャスター
    1個 ¥1,000

1組ではなく1個の価格です。

ドイツ製の微調整器です。
元々は子供用バイオリンの微調整器ですが、中国ではこれと同じ規格で二胡用としても供給されているものです。
価格は高いものの品質は間違いありません。
ガタがなく、雑音の発生源になりません。
絹弦にも使用できます。




弦軸固定強化金具



弦軸固定強化金具
    2個1組 ¥1,300

 弦軸が滑りやすく固定が緩い二胡に補助として使う器具です。内径は11mmです。素材はジェラルミンと銅です。銅のネジで弦軸に固定し調弦した後にジェラルミンの滑り止めが付いた部分を回して二胡へ圧着して動かないようにします。もっとも高級二胡の場合、弦軸が緩みやすいなどという問題は発生しないのでこのような補助器具は不要です。安価な二胡の場合は工作が甘いのでこういうものがあると便利ということがあります。しかしこの部品を使用すると二胡を傷つけます。その辺の割り切りが容認できる場合において、傷がついても構わないという状況においてのみ使用すべきものです。

固定金具使用法



二胡交換用金属軸



二胡交換用金属軸
    2個セット ¥1,800

 金属軸は寿命がありますので古くなってくると調弦が安定しません。緩んでくるようになったら交換時期です。交換は少々厄介です。弦軸の木部のやや中央にピンが刺してありますのでそれを抜いて木部を外しますとそれ以降は簡単に外せます。外せれば交換も簡単でしょう。作業に自信がある方のための交換用パーツです。パーツが外せるか試してからご購入下さい。

 このタイプは巻きやすいと思うのですが、古いタイプは弦を中へ引き込む方法になっており、弦の装着方法が特殊です。呂建華さんの実演ムービーがありますので添付します。




花窓


二胡花窓1
    A : ¥1,300


二胡花窓2
    C : ¥1,000
    D : ¥1,000
    E : ¥1,300

二胡花窓3
    F : ¥1,000
    G : ¥1,300

 交換用花窓です。写真をみた感じ、大きさが違うように見えますが、全て二胡用です。六角と円形がありますのでご注意下さい。Aは蘇州式、C,F,Gは北京式、D,Eは上海式です。型さえ合えば個人の好みで何を使っても構わないと思います。Fはくり抜いただけに見えますが、これも面取りしてあります。Gは黒檀です。塗装ではありません。天然木で手工ですのでいろんな小さい問題があります。こういうのが嫌われてプラスチックや機械生産に変わってきている流れですので時代に取り残されつつあるものです。2020年頃にはなくなっているのではないかと思います。その辺の事情がわかる方のみご購入下さい。古い花窓で型取りしてからカットして下さい。修理店で工作して貰うこともできると思います。


二胡木製消音器


二胡木製消音器
         ¥ 1,300

 消音器というと以前は工作の粗いものが多かったのですが、ここ数年ですっかり綺麗な「商品」になってしまいました。古い時代のが悪いとは思わないですが、現代を象徴する仕上がりに「今はこれだろう」的な余裕さえ感じさせる作りです。

 削り出しですので、以前のような板の上に駒を貼り付けたようなタイプよりはだいぶん高級感があります。一見、器具かコンピューターか何かで生産しているように見えるのですが、一個一個違いますので、職人が手作業で作っているものなのは間違いありません。山の頂上の幅などに個体差があります。手作業の方がなんとなく温かみがありますね。自動機械で削っても大して変わらないように思うのですが、コンピューター物はなぜかわかりますね。不思議なものです。大きさはアバウトですが、70mm x 9mmです。


ペラペラ二胡ケース


ペラペラ二胡ケース1ペラペラ二胡ケース2ペラペラ二胡ケース3

         ¥ 3,000

 一番安いタイプの二胡ケースです。ビニールではなく帆布です。帆布の防水仕様です。国際規格に準拠した防水ではないのは言うまでもありません。防水する材料を使っただけの防水です。製品全体として仕上がった防水ではありません。大雨でなければ、まあ大丈夫だろうと言う感じのものです。このケースの良いところは軽いということです。コンパクトです。こういう軽いものを使うと、重いものには戻り難くなってしまいます。ケースというのは意外と重みがあるので、負担を感じる場合にこれに交換します。下のタイルは20cm角です。二泉胡も大丈夫でしょう。


二把用ケース



     ¥ 12,500

 二胡、二泉胡、高胡、中胡などを2把収めるケースです。本牛皮のように感じられますが、メーカーの説明によると高級合成皮ということです(その方がメンテナンス性が良いということでしょう)。全体に綿が入っています。中の仕切りは外すことができます。

 中の色は2種類あって、灰色は1つしか入荷していません。外側は特に変わらないのですが、カバン本体を掴んだ感じが灰色の方が柔らかい感じがします。尤も、藍色の方も使っているうちに柔らかくなってくると思うので特に重要ではないと思います。灰色は旧モデル、といっても中国メーカーは頻繁に仕様を変えるのでどちらも製造時期はほとんど変わらないのですが、使用する材料をマイナーチェンジしたものと思います。

二把用ケース2


二胡ブローチ

二胡ブローチ
         ¥ 1,300

 ピンで止めるタイプのものです。高さは約7cmぐらいです。




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂