馬乾元大葉紫檀北京六角二胡1 - 二胡弦堂

  本掲載はすでに販売済みのもので比較参考のために残してあります。現在販売中のものはこのリストから探してご覧ください。

 この二胡は木材部分は馬乾元が作ったものではなく、20年程前に作られた二胡に馬乾元が蛇皮を張ったものです。大葉紫檀も今のものはすっかり質が落ちましたが、かつてはこういう材もあり、それを再活用したものです。馬乾元のサウンドは独特のものがありますが、この二胡でもその個性は維持されています。とはいえ、木材部の設計は時代毎に変化してきましたので、それは音にも影響しています。現代二胡はより西洋ナイズされていますが、一方で古楽器は中国戯劇の影響を強く残しています。これはその中間の個性を持っています。現代楽器に違和感を感じられる方には良いと思います。香ばしい、濃厚なサウンドです。

馬乾元大葉紫檀北京六角二胡1_1 馬乾元大葉紫檀北京六角二胡1_2 馬乾元大葉紫檀北京六角二胡1_3 馬乾元大葉紫檀北京六角二胡1_4 馬乾元大葉紫檀北京六角二胡1_5




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂