呂建華二胡 - 二胡弦堂

 北京を代表する二胡制作家です。北京式八角二胡で特に良い物を作っているので八角中心に購入していきます。世間では一般に六角が人気があるので、この工房も六角を主に作っていて売れ筋ということですが、小店では特に要望がない限り八角のみ購入したいと思います。八角は素晴らしい音が鳴るだけでなく、材の贅沢な使い方など見るからに重厚感を漂わせており外観の印象もインパクトがあるのですが、六角は清楚な外観です。六角は南方の制作家が得意としている分野ですから北京で六角を買う大きな理由はないということもあって八角に決めています。

 呂建華工房の中国での購入者は主に政治関係の方々や音楽学院の教授、さらに彼らの顧客(外交関係の、或いは生徒)へ販売されており、いわゆる「ご用達」の扱いであることで、他の工房とは少し趣を異にしています。市内の一般の楽器店では扱いはありません。取り扱いができないということではないのですが、価格が高いのでどこも置きたがらないということでほぼ特注扱いになってしまっており、注文を受けてから制作することがほとんどです。

 この工房の二胡は呂建華師本人からも指摘を受けている大きな問題が1つあります。新琴の段階では音が硬くてどうしようもないということです。拉いていると苦痛になってきます。録音を聴いていただきますとなかなか良い音で鳴っているのはおわかりになると思いますが、確かに潜在能力は素晴らしいものの、それにしても結構硬いのです。絹弦で鳴らしてもそう思うことがあるのでスチール弦でこの二胡を鳴らすのは尚更苦痛です。そして音はぜんぜん柔らかくなってきません。しかし音はある日突然化けます。よく使う人で3ヶ月以内です。徐々に良くなりません。急に化けますので誰でもわかります。ぜんぜん別物になります。その状態でなければ評価できません。それでは化けてから販売したらどうでしょうか。それはいけません。所有者のクセを育成段階で乗せないといけないからです。化けたら、なぜ小店がこの二胡を勧め、中国の多くの有識者が買い求め、日本天皇家にも納められていると言われるのかわかると思います。蛇皮のこのような傾向は呂建華だけでなく、他の二胡にも等しくありますので、もう二胡をお持ちの方であればすでにご存知の現象と思います。化けは一回だけではないです、何度もあります。

 中国でも文化遺産の指定は進んでおり、呂建華の制作技術も無形文化遺産に登録されています。

 在庫:弦堂で販売している楽器リスト
 お問い合わせ:erhu@cyada.org



 呂建華は工房を持っていますが、そちらには誰も入れませんので自宅の方にお邪魔します。

呂建華の家

 材木を保管しています。これ以外に骨董材が数本あるだけです。あまりに少ないので、いかに出荷数が少ないかわかります。骨董材は左に4本並べていますが、真ん中の2本です。両脇の左は新しい材で右は清代の老紅木です。中央は明代です。一般に「明清材」と簡単に言いますが、明と清の材では価格は何倍も違います。

保管してある材

 上の写真で指を指している材の方から見ます。これは表面に塗りがあるので質が明瞭ではありません。

明代の材1

 もう一本はこちらです。こういう材はひびがどうしてもあります。この価格は100万を超えており、インド紫檀と同様の扱いです。

明代の材2

 一般の老紅木の二胡はこれで、六角はたくさんあります。これがスタンダードです。

老紅木二胡

 偽皮の二胡も作っていますが高価ですので、購入は諦めています。

偽皮の二胡など

 自慢の作品の前に立つ呂建華師と弦堂店主です。

呂建華とツーショット

 呂建華師から雑誌を3冊お借りしたので、中国語ですが写真もありますのでご覧いただこうと思います。クリックしたら拡大します。まず一冊目ですが、あるライターが呂建華の家を訪問しています。部屋の全体がわかる写真があります。この部屋には「琴心斎」なる名称があったことも記載されています。(出典:侨园 2014/8 この雑誌は華僑専門誌です。)

呂建華掲載の雑誌1

 続いてこれも侨园からですが、2014/7 一ヶ月前の号で同じ記者が書いています。しかし果子巷の引っ越し前の家に行っています。果子巷の方は現在すでに取り壊されています。引っ越したからもう一回取材をしたということかもしれません。

呂建華掲載の雑誌2

 最後に、中国音乐报(中国音楽報)誌 2012/第87期からです。今でも部屋に立ててある白い木材がありますが、ここではインドの古い寺から採った紫檀であると説明されています。そして興味深いことに工房の写真を撮影させています。今後の取材のご相談と進展に期待を抱かせる一枚です。

呂建華掲載の雑誌3




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂