弦堂で販売している楽器リスト - 二胡弦堂

  楽器の発送は年末年始や、毎週月曜日など運送が込み合う時はなるべく避けた方が良いと思うようになっています。特に大きな問題が発生しているわけではないので急がれる場合はその限りではありませんが、月曜は非常に荷物が多いということですし一日遅らせれば空くので、特に急がれる理由がない場合は雑に扱われかねない曜日はできれば避けた方が良いように思います。気持ちの問題ですからご指定がなければ月曜日でも発送することはあります。


 付属品はケース、弓、駒、変え弦、綿、松脂といったところです。基本的に必要なものはセットで入っております。 このうち、ケースについてですが工作が荒く、日本の基準で製品と呼べるものは中国にはないと思います。それでも各販売店、かなり神経を使って仕入れていると思いますし、中国では問題視されていないので、どの程度の基準で見るべきか、そういう難しいところでかろうじて受け入れられている、或いは我慢されているものだと思います。以前、小店でもグラスファイバーを使ったカラーのケースを扱っていましたが、外観は綺麗ではあるものの耐久性には疑問がありましたのでやがて販売停止しました。その後、大幅に改良されたとは言いますが、これは中国人基準の改良でありますので実態を把握するとドン引きする「改良」であるのはいうまでもありません。ケース全般に関しても未だに全体的に状況が改善されていません。完全に問題がないケースは1つもないんですね。色々調査しましたが、作っているところが限定されている状況では限界があります。それでケースに関してはおまけ程度でご理解下さいますようお願いいたします。ちょっとシミが見られる程度のものは割引で対応しますのでご購入前にリクエストいただければ対応できます。小店では、質の高いケースを求めるニーズについては日本国内でギターのケースをオーダーできる店で作ってもらうことをお勧めしています。検索でたくさん出ると思います。

 付属品の中に「収蔵証」は入っていません。通関書類CITESを申請する時に必要なものなのでその時に使われますが、CITES発行の時に林業局でパンチで穴か窪みを開けられ、これを以って使用済み扱いになります。使用済みのものは要らないのではないかと。うちではさらに一歩踏み込んで、二胡にもシリアルを入れないで欲しいと各工房にお願いしていますが、今のところ呂建華だけ応じて貰っています。通関書類は日本に送る場合だけ必要なので、収蔵証は日本人が好むように作ったものだと思います。それだったら付属して楽しんで貰ったらいいのですが、どういうわけか、ここのところこのカードの劣化が著しく、なおさら不要なのではないかと、それぐらい思うのです。欲しいという方には探して付属しますが、もう綺麗なカードではないということがしばしばです。カードの存在そのものが、日本人向けに何かを証明しているような権威付けするような中国の信用度を埋めあわせるようなあざとい部類のものですが、こういったものを受け取って喜んでいるようではいかんと思うのです。信用証明は中国発行のカードではなく自分自身でありたいものです。それで弦堂では、こういうカードは中国人におちょくられている気がするもので、引き出しに全部放り込んであります。このバカバカしさがおもしろいという向きにはしっかりカードを探して発送させていただいております。

 二胡の在庫、発送状況は以下の通りです。予約有というのはお越しいただいてご覧いただくなどですぐに決らないものです。キャンセルになりましたら購入可に戻ります。"老体"はつまり中古のことです。中古と一口に言ってもいろいろあって、質の悪いものはスクラップ、良いものは価値が増します。良いもので渋味が出たものを「中古」と呼ぶのは違和感があります。それで老体といたしました。老体は蛇皮が駄目になっているものもあります。その場合は"老体貼替"と表記してあります。"老料"もあります。うちで買っているものはほとんど全部老料ですが、特に古いものは明記してあります。

製作中  中国に在庫  日本へ発送中  購入可  販売済


呂建華二胡

印度紫檀北京八角二胡1 43万円 販売済
印度紫檀北京八角二胡2 49万円 販売済
印度紫檀北京六角二胡3,4 ペア 110万円 x2  販売済
薔薇紫檀北京八角二胡5 30万円 購入可
老紅木北京八角二胡1 19万円 販売済
老紅木北京八角二胡2(蛇皮ランク低)  14万円 販売済
老紅木北京八角二胡3 19万円 販売済
老紅木北京八角二胡5 19万円 販売済
老紅木北京八角二胡6 20万円 販売済
老紅木北京八角二胡7 20万円 販売済
老紅木北京八角二胡8竹筒 22万円 販売済
老紅木北京八角二胡9 24万円 購入可

 これより以下、金星が出ている良材がありますので枯渇するまでこの材で続けると言うことです。小店からは印度紫檀はあまりにも高額になったのでお勧めしませんが(良いものではあるので選択したところで問題があるわけではありませんが)、この材も質は紫檀と変わりません。これは紅酸木と言い、これが本来の「老紅木」というもので、使用可能な大きさに成長するまで500年以上かかり、清代に伐採された材を使っています。産地はインド、ラオスあたりで、見た目も紫檀と見分けがつきませんので間違えそうですが、こちらは黄檀に分類されています。つまり黄花梨と同族になります。音も黄花梨と本物の老紅木は傾向が同じなので、黄花梨に憧れがある方は紫檀よりもこちらの方が良いだろうと思います。現代の黄花梨は質が微妙なので尚更そう思います。老紅木は16以降,黒檀は13以降の入荷分は毎年価格が上がるだろうと呂建華の方から言われています。上昇率が大したことがないようであれば言わないのですが、だいぶん差があるのです。これだけの材料であれば致し方ないのでしょうけれどもだんだん購入が難しくはなって来ていると思います。17/09


 黒檀については現行品と老体があります。老体も呂建華が作ったもので10年以上前に購入されたものの買取品ですが、それをまた呂建華工房に戻してメンテナンスを受けています。10年前の黒檀というとインド紫檀より高価だったのですが、今やそういったことは曖昧になってしまって現行の黒檀と同じ扱いになっているので古い黒檀は狙い目です。新しい方の黒檀は「アジア材」です。東南アジア材ではないアジア材という極めて曖昧な表現ですが、要するにインドからミャンマーとかせいぜいラオスあたりまでの材です。壇木系で考える時にインド紫檀は値が高騰しているので同種の黒檀でいく、もちろん全く同じではないですが壇木系で何かということになってくるとこれは有力な選択肢になりうると思います。黒檀と老紅木は系統が違いますのでどっちが良いかという話ではありません。別の物として見ることになると思います。

黒檀北京八角二胡1 17万円 販売済
黒檀北京八角二胡2  20万円  販売済
黒檀北京八角二胡3 21万円 販売済
黒檀北京八角二胡4 21万円 販売済
黒檀北京八角二胡5 21万円 販売済
黒檀北京六角二胡6 24万円 販売済
黒檀北京八角二胡7 27万円 販売済
黒檀北京八角二胡8 22万円 販売済
黒檀北京八角二胡9 22万円 販売済
黒檀北京八角二胡10 22万円 販売済
黒檀北京八角二胡11 25万円 購入可
黒檀北京八角二胡12 25万円 購入可
黒檀北京八角二胡13 25万円 購入可
老紅木高胡1,2 ペア 35万円 x 2  販売済
老紅木北京六角二胡1 弟子作 12万円 販売済
黒檀馬骨胡1 24万円 販売済
黒檀馬骨胡2 24万円 購入可

満瑞興二胡

 小店では満瑞興の黒檀が素晴らしいということで継続して購入する予定でしたが、満工房の方からは利益にならないので「販売したくない」老紅木を買ってもらいたいと言われています。老紅木は良材を使っており一方、黒檀はと言うと現行の材です。小店では他の工房から現行材を使ったものは買っていませんので、満工房からだけ現行材を買うのは例外的です。それでもこの黒檀が楽器として優れているのでこれが欲しいのですが、前から「買わないで欲しい」と言われ続けており、ついに販売を断られました。そうであれば価格を改定すれば良いと思うのですが、かなり体質の古い工房なので道理は通りません。そもそもこの話の展開も他国では有り得ない内容ですからね。しょうがないので満瑞興に関しては老体が出た時だけリストに追加することにします。満瑞興の老紅木ですが、工房の方は非常に自信があるようです。しかし弦堂の見解では駄作ではないか、おかしいと思って数把見たのですが、これはどうかな?と。しかし黒檀は実に古風な雅な音がするのです。

老紅木北京六角二胡1  28万円 販売済
黒檀北京六角二胡1 16.5万円  販売済
黒檀北京六角二胡2 16.5万円 販売済
黒檀北京六角二胡3 16.5万円 販売済
黒檀北京二泉胡1 18万円 予約有

方明礼二胡


馬乾元二胡

 馬乾元二胡の価格について年に数件お問い合わせがあってどれも同じ内容なのでここに回答いたします。小店では馬乾元の蘇州のショップの写真だけでなく住所まで載せていますので、直接行って買われる方もおられると思います。しかし買わないで帰ってきて「なんで弦堂の方が安いのか」と質問される方がおられます(蘇州から質問される方もおられるのでしょうね)。少しならともかく大分差があったりします。小店は馬乾元から購入し通関や送料なども負担していますので本来はより高価になる筈で安いのは有り得ないことです。そこで違うものを売っているのではないかという疑いが出てきますのでそういう趣旨のご質問があります。小店は呂建華もご本人から買うより弦堂の方が安いと言われてきました。これは工房の方からちょっと言われたので価格を近づけましたが、馬師からは言われてないのでそのままになっています。写真を見る限り商品をごまかしてはいない風だから博打で小店から購入して現物を見るとやはり真品である上、すごい音が出るのでそれでどういうことなのか質問される方さえおられます。質問をしない方の方が圧倒的に多い筈なので同じことを思っている方は多いと思います。小店から「わからない」と面倒くさそうな返事が返ってくるのでまた驚かれます。「あなたも中国まで行って調べてご苦労ですね」とからかわれたりもします。小店が馬乾元を非常に高く評価しているのは工房も気がついており、もう取引も長くなりますからおそらく価格面で面倒を見てもらっているのだと思います。皆様の方では「団体購入で安くなっている」ぐらいの感覚で良いのではないかと思います。売れないと高くなってくるのでしょうけれど、コンスタントにずっと出てますからね。こうしてボチボチ出ている間は現状で維持されていくと思います。


 録音している演奏者は自由にいろんな人が参加しており、5人以上はいると思います。それで音がぜんぜん違うもののように感じられることもありますが、楽器そのものは変わりません。人によってこれだけ音が変わるということがわかります。そして少なくとも数ヶ月経つと判別が難しい程似た音になります。それで楽器を選ぶ時に録音のアップロードを参考にするのは事実上意味がありません。演奏者が替わるとどういう表情を見せるのかという観点から比較するなら意味があると思います。馬乾元の他の楽器、呂建華、胡涵柔についても同じことが言えます。複数の選択ができる場合は、外観だけで選ぶのが良いと思います。

老紅木蘇州六角二胡1 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡2 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡3 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡4 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡5 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡6 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡7 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡8 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡9 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡10 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡11回紋頭  20万円  販売済
老紅木蘇州六角二胡12 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡13 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡14 19万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡15如意頭 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡16 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡17 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡18 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡19 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡20 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡21  21万円  販売済
老紅木蘇州六角二胡22 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡23 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡24 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡25 20万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡26 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡27 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡28 21万円 購入可
老紅木蘇州六角二胡29 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡30 21万円 販売済
老紅木蘇州六角二胡31 21万円 予約有
老紅木蘇州六角二胡32 21万円 購入可

 上記「老紅木」と以下の「老料」はどちらも老紅木二胡ですが、材の年式が違います。「老紅木」をまとめて買って安価に提供していましたが、実際の価格差はこんなにありません。それで以降は「老料」だけ入荷することにします。

老料蘇州六角二胡1  27万円  販売済
老料蘇州六角二胡2 27万円 販売済
老料蘇州六角二胡3 27万円 販売済
老料蘇州六角二胡4 27万円 販売済
老料蘇州六角二胡5 27万円 販売済
老料蘇州六角二胡6 27万円 販売済
老料蘇州六角二胡7 27万円 販売済
老料蘇州六角二胡8 25万円 購入可
老料蘇州六角二胡9 27万円 販売済
老料蘇州六角二胡10  27万円  購入可
老料蘇州六角二胡11 27万円 購入可

 この馬乾元の黒檀材ですが棹には「黒紫檀」とあります。実際、一般に出回っている黒檀材とは違います。かなり古い材料を使っており、紫光壇と言うものです。蛇皮にはこの上の「老料」と同じビルマ皮を使っていますが使用部位が若干違うのかもしれません(わざわざ確認する程のこともありませんので聞いていませんが)。いずれにしても一般の黒檀よりは大分良い材料を使っています。クォリティはどうでしょうか。クォリティというとまず気になるのは高域まで音が均一に無理なく出るかということです。全く問題ないどころか、馬尾の際まで綺麗に出ます。これは本黒檀ではありませんが、だけど本黒檀であれば出る独特の香ばしい音はこの二胡からは出ます。謎が多いところもやはり馬乾元です。しかし最大の謎は価格でしょう。安すぎないか・・・馬乾元のインド紫檀とか老紅木で満足された方はこれも狙ってみてください。もとより紫檀と老紅木では違うものなので比較はできませんが優劣もつけ難い、同格の魅力があります。この黒紫檀についても同じことが言えると思います。価格の差を考えると同格は有り得ないですがそれは材の希少性などで決まっている要素ですから、楽器としての魅力は違い、そしてどちらが優れているとも言えないと思います。満瑞興から買えなくなった材はこれより新しい材でしたが同種のものでしたので、弦堂の個人的趣味でこの材が好きなのかもしれませんがそれは古楽器に似たような味わいが出るからかもしれません。現行黒檀材の最高材がこの紫光壇と位置づけられているので、弦堂の個人的なものとも関係なしに評価はされているわけですが、その上、老料を使っているので実は貴重なものではないかと思う次第です。

黒檀蘇州六角二胡1  12万円  販売済
黒檀蘇州六角二胡2 12万円 販売済
黒檀蘇州六角二胡3 12万円 販売済
黒檀蘇州六角二胡4 12万円 販売済
黒檀蘇州六角二胡5 12万円 販売済
黒檀蘇州六角二胡6 12万円 販売済
黒檀蘇州六角二胡7 12万円 販売済
黒檀蘇州六角二胡8 12万円 販売済
黒檀蘇州六角二胡9 12万円 購入可
黒檀蘇州六角二胡10  12万円  販売済
黒檀蘇州六角二胡11 12万円 販売済
黒檀蘇州六角二胡12 12万円 購入可
黒檀蘇州六角二胡13 12万円 購入可
黒檀蘇州六角二胡14 12万円 購入可

 以下、扁圆扁八あたりは二泉胡での使用も可能です。工房からのアナウンスではないので正式なものではありませんが、これらの大きさなど理論上の観点からも相応しいものと思います。参考まで。

老紅木高胡1 10万円 販売済
老紅木高胡2 12万円 販売済
老紅木高胡3 13万円 販売済
老紅木高胡4 13万円 販売済
老紅木高胡5 15万円 販売済
老紅木高胡6 15万円 購入可
老紅木二泉胡1 19万円 販売済
大葉紫檀二泉胡2  19万円  販売済
老紅木二泉胡3 19万円 販売済
老紅木二泉胡4 20万円 販売済
印度紫檀二泉胡5 38万円 販売済
印度紫檀二泉胡6 38万円 販売済
老紅木 二泉胡7 21万円 販売済
老紅木二泉胡8 22万円 販売済
老紅木二泉胡9 22万円 購入可

 中胡は写真のケースに収められていて木製なのですが、この箱の工作が粗いです。新品とは思えないです。だけどこれしかないのでこれで発送します。申し訳ないですがサービス品と思って下さい。細いところをあまり気にしなければ普通に使えます。

大葉紫檀中胡1 19万円 販売済
大葉紫檀中胡2 19万円 販売済
大葉紫檀中胡3 19万円 販売済
大葉紫檀中胡4 19万円 販売済
大葉紫檀中胡5 19万円 販売済
大葉紫檀中胡6 19万円 販売済
大葉紫檀中胡7 19万円 販売済
大葉紫檀中胡8 19万円 販売済
老紅木 中胡9 書巻頭  20万円  販売済
老紅木 中胡10 書巻頭 20万円 販売済
老紅木 中胡11 書巻頭 20万円 販売済
老紅木 中胡12 書巻頭 20万円 販売済
老紅木 中胡13 書巻頭 20万円 販売済
老紅木 中胡14 書巻頭 21万円 購入可
老紅木 中胡15 書巻頭 21万円 購入可

 中国の場合は台湾あたりとは違い一人の人が全ての工程を手がけた二胡は存在しないと思いますが、それでも家族経営で製作していれば一貫性のあるものができるのは間違いないと思います。ここ数十年、馬乾元工房として製作されてきた二胡は素晴らしい品質を保っていますが、それは家族内で分業して専門化するのではなく、各々が全ての工程を手がけられる高いレベルというところにあるのではないかと思います。そうしますと、馬乾元師の二人の息子さん、もうすでにかなりの年齢でベテランなのですが、それぞれ別に製作したらどうなのかという、こういうことを少しは思ったりもしたのですが、実際考えても意味がない、なぜなら何十年も一緒に1つのものを作っていて今でも父と仕事をしているのですから、そこで急に個人になったところで何か違ったものができてくるわけがないと思ってそれほど気には留めてきませんでした。しかしそれは本当のところはどうなのか、腕の良い職人が数年学んで体得したというならともかく、もうそんなところは通り越して当たり前のことは言わなくてもわかるぐらいの状況でしばらくやってきて、なおもまだそこに留まっているということは人間、普通できないのではないか、音色は一緒ではあろうけれども、何か深いところで違った何かがあるのではないか、そう思ったので1つ確認することにしたものです。しかしやはりそれは馬乾元の、あるいは蘇州派の二胡ですが、それでもやはり馬乾元の・・特に違わないのではないか、違うのかな? 答えになっていませんがそう思います。個体差は多少ありますけれども。商業的には馬乾元工房と言うだけでいいのでしょうけれど、馬偉忠さんは蘇州篆刻協会も務めておられる文化人ですので、中国の文化人としては馬偉忠さんの楽器が欲しいという一般にはないニッチなニーズもあるんですね。馬乾元、有名ですし、文化人はそういうすでに誰でも評価できるものを持つのは嫌がりますからね。「お前もか」的な、ブルータスか?みたいなのは嫌なんですね。馬偉春さんについても同じようなことは言えると思います。そういうことでタニマチ風情というか、そういった関係からの要求で用意されている作品ということです。その理由ゆえ価格は馬乾元と同じという設定だった筈ですが、なんか時々話で触れたりしていると遠慮したのか下がってきたもので、そういうこともあってご紹介することにしたものです。馬乾元とは違い、蛇皮の質にも柔軟に対応しては貰えますが、安いのを買ってもしょうがないと思うので、一番上のでお願いしてあります。

馬偉忠老紅木二胡1  17万円  購入可
馬偉春老紅木二胡1 17万円 購入可

胡涵柔二胡

印度紫檀上海六角二胡1  48万円  販売済

 印度紫檀については値上がりが頻繁で高額なためしばらく入荷していませんでしたが、ついに最近100万円を超えましたので、ご注文の際はご留意下さい。- 2014.06

老紅木上海六角二胡1 20万円 販売済
老紅木上海六角二胡2 20万円 販売済
老紅木上海六角二胡3 20万円 販売済
老紅木上海六角二胡4 20万円 販売済
老紅木上海六角二胡5 20万円 販売済
老紅木上海六角二胡6 21万円 販売済
老紅木上海六角二胡7 21万円 購入可
老紅木上海六角二胡8 21万円 購入可
老紅木上海八角二泉胡1  21万円  販売済
老紅木上海中胡1 21万円 販売済

張守義 板胡

黒檀高音板胡1  19万円  購入可
黒檀中音板胡1 19万円 購入可

温敏超 高胡

 高胡は二胡とほぼ同じ材が使われますが、紅木・老紅木と大雑把に括らず細かく分類されています。二胡の酸枝材などは紅木と呼ばれることもあれば紫檀として売っている場合もあります(間違っているわけではありませんが明確でもありません)。

印度紫檀高胡  22万円 販売済
黒檀高胡 11万円 販売済
老紅木高胡 16万円 販売済
黄檀高胡 14.5万円  購入可
酸枝高胡A 13万円 購入可
酸枝高胡B 11.5万円 販売済

古楽器復刻

 文革期以前以降に作られた古い二胡もあります。


タイ・ソードゥアン

ソードゥアン1 9万円 購入可
ソードゥアン2 9万円 購入可
ソードゥアン3  15万円  購入可
1万円 購入可
換弦 3000円 購入可
松脂 1500円 購入可

人工皮二胡

 人工でできた皮を使った二胡というのは特に海外へ行き来する人に望まれますが、中国の最南端地域はすでに亜熱帯ですので、湿度が高いそのあたりでも使われることがあります。日本では必要性はないと思うのですが、1つ作ってみました。人工皮二胡


入門用紅木二胡




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂