光舜堂中胡2 - 二胡弦堂

 


 光舜堂の楽器はケースや弓を含め、付属品は基本的にありません。綿と西野先生が削られた駒が付いています。これはすべてブラジリアン・ローズウッドを使っています。棹もかなり太いです。光舜堂のブログ いいですね!ブラジリアンローズの低音二胡でも説明されています。これより良材というのは無いかもしれません。黄花梨とほぼ同じ音がします。これもやはり奥ゆかしくて、大陸の前に出る感じとは一線を画しています。しかし古くは大陸でもこういう音だった筈です。

 今やかなり貴重で、もう入ってこない材料なので無駄なく使っているようです。そのため、胴の横に爪2つで掻いたような跡がありますが、これは印のようなもので強く押されたような形がついており、元の材についていたものと思います。細かく見るとまだ結構たくさんあります。こういうのも機械で生産されていない、そして古材を使用している感があって良いものです。棹は手に紙やすりを持って削っているので、人間の手にフィットします。この気持ちよさも手工生産だから感じられるものです。

         ¥ 500,000

光舜堂中胡2_1光舜堂中胡2_2 光舜堂中胡2_3 光舜堂中胡2_4 光舜堂中胡2_5