板胡 - 二胡弦堂


 中国胡弓には地域によって様々なタイプがあり、共鳴板の材質には皮か板が使われます。江南地方で使われる胡弓には蛇皮が使われ、これを南胡、現代では二胡と呼んでいます。これも各都市によって様々なタイプがありましたが文革期頃に規格が統一されて現代に至っています。一方で新しい形式の二胡が発明されることもあります。このような楽器の改良に関する変化は二胡以外でもあり、中国北方で使われている板胡も現代では主に高音、中音板胡の2種類が使われます。それ以外に標劇板胡、梆子胡、豫劇板胡など戯劇用のものがあります。北方曲の板胡を使う器楽作品では高音中音のどちらの板胡を使うかあらかじめ指定されています。両方を持ち替えて使う場合もあります。それぞれ一把ずつペアで持っているのが標準です。

 西洋の音楽を演奏する場合、音域がGからある高胡を使う方法と、高音板胡を使う方法があります。

 高音、中音板胡については北京の製作師・張守義の作品を購入していきます。

 在庫:弦堂で販売している楽器リスト
 お問い合わせ:erhu@cyada.org




二胡弦堂
創業2008年 二胡弦堂